地球と宇宙の画像

NASA・ハッブル・チャンドラ・ESA等の公開している地球や宇宙画像を拡大画像のロードと共に解かり易い言葉で紹介したいと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アインシュタインは、宇宙のエイリアンだったのだろうか?






 今日の更新は、科学情報です。
 といっても、アインシュタインの物語ですから、科学情報よりも地球画像や宇宙画像が適しているかもしれません。
 けれども、やはり、アインシュタインに関しては、科学情報で扱いたいと思いました。
 こうしてアインシュタイン物語のページを作ってはみたものの、懐に直結する数字は得意なのですが、微分積分だとか何とかカンとかの式だとかになると最強の睡眠効果を発揮してくれます。
 これに立ち向かったアインシュタインは、私から見るならばエイリアンです。
 その発想は、地球を遥かに越え、太陽系も微塵扱いになるので、宇宙のエイリアンそのものです。
 ただ、こうしてアインシュタインの歩みを走り書きしてみると、強固な意志がその才能を開花させたように思えます。
 科学の分野での論文や提言に対し逃避することで当サイトは勝利できますので、好奇心が旺盛だったアインシュタインの姿勢に近づくサイトを目指したいと思います。
 新年の決意は、定期更新という常識にとらわれるな・・・ってなりましたが、いかがでしょうか?
 詳細は、このアインシュタイン物語をお読みいただければ、合点がいくとも・・・


 100年前、アルバート・アインシュタインは物理学に革命をもたらしました。
 その時、アルバート・アインシュタインは、疲れきっていました。
 3夜連続して彼の赤ちゃんの息子ハンスが泣き続け、夜明けまで起きている状況になっていました。
 アルバートが、ようやく仮眠した時、もう、起きて仕事に行く時間でした。
 彼は、1日も、休むことができませんでした。
 彼は、若い家族を支えるために仕事をしなければなりませんでした。
 彼は、元気よく特許庁へ歩いて行って、「技術専門職(第三級)」として勤務した一方で、アルバートは、彼の母について心配しました。
 母は、年老いて虚弱で、また、彼女はアルバートとミレヴァとの結婚を喜んでいませんでした。
 親子、嫁姑関係は、緊張していました。
 ある日、アルバートは、通った店の窓をちらっと見ました。
 彼の髪は、乱れていましたが、再びそれを梳かすのを忘れました。
 働きました。
 家族のために。
 収入が必要でした。
 アルバートは、どんなに若い夫でも、父として全ての圧迫と責任を感じていました。

 くつろぐために、彼は、物理学に革命を起こしました。

 彼が物理学の教授の職を得る4年前の1905年に、26才でアインシュタインは、科学の歴史において最も重要な論文のうちの5つを発表しました。
 それは、彼の「余暇の時代」に全て書かれたものでした。
 彼は、原子と分子が存在するということを証明しました。
 1905年以前、科学者にとってそれに関して確かではありませんでした。
 彼は、光が微粒子(後に「光子」呼ばれた)で届くと主張して、このように量子力学の基礎を築きました。
 彼は、特殊相対性理論に関する理論について記述しました。
 空間と時間は普通の織物の中の糸で、それは曲げられたり、伸ばされたり、ねじられたりすると提案しました。

 そう、有名な式 E=mc2 の、あれです。


 アインシュタインについて、それほど知られていないこと。

 それは、一部の研究者を不快に感じさせます。
 それは、アインシュタインを陽気にしました。
 「私たちが経験することができる最も公平なものは、不思議なものです」とアインシュタインは言いました。
 「それは、本当の芸術と本当の科学の揺りかごで、基本的な感情です。」
 食卓に座って、赤ん坊と目覚めて働くために歩いて、アインシュタインが、感じたのは根本的な感情です。
 毎日、驚きが、徹底的に研究を羽ばたかせました。

 私たちとアインシュタインにある境界は、権威や常識の妄信、不思議を解く熱意や集中になるのかもしれません。
 非難をするのは容易です。非難に心を痛めるのはもっと簡単です。
 天才は、非難せず非難に心を奪われない好奇心の埋蔵量かもしれません。
 しがらみから開放される術を会得していたアインシュタインは、比類なき惑星地球人だったのかもしれません。
 その意味においては、やはり、「宇宙のエイリアン」だったのかも・・・



「科学情報 アインシュタインは、宇宙のエイリアンだったのだろうか?」



「惑星テラ見聞録 ホーム」





アインシュタイン アインシュタインの写真 相対性理論 科学情報 惑星テラ見聞録

スポンサーサイト
  1. 2008/01/03(木) 17:19:34|
  2. 宇宙論関係の画像|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<火星は青かった?火星飛行・大渓谷中央のカンドル・カズマを飛ぶ | ホーム | 宇宙人面から悪魔模様まで織り成す散り行く宇宙の薔薇>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cosmos.blog2.fc2.com/tb.php/504-d87dab93

【特許庁】について最新のブログの口コミをまとめると

特許庁 に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
  1. 2008/01/04(金) 03:26:22 |
  2. プレサーチ

惑星テラ見聞録

11 | 2017/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。