地球と宇宙の画像

NASA・ハッブル・チャンドラ・ESA等の公開している地球や宇宙画像を拡大画像のロードと共に解かり易い言葉で紹介したいと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

日本のNASAは、SOHOをも越えられるかなぁ?『ひので』映像初公開




 日本のNASA、宇宙航空研究開発機構(JAXA)最新のプレスリリースで、ひので衛星の最初の仕事を公開しました。

 私の感想としては、もう少し解像度を上げてもらいたいところですが、まだまだ試験段階なので、今後に希望を託したいと思います。

 地上からのスウェーデン太陽望遠鏡のとてつもない解像度の太陽を見ているので、宇宙に飛び出しているのだから例え試験段階であっても、もうちょっと良いものがほしかったなぁというところです。

 で、記念に今日の宇宙画像に採用すべきか、他の天文台をこれから見学して決めたいと思います。

 以下に、画像の解説とその仕事ぶりをご案内いたします。
 最後に、超拡大の映像データを見られるようにリンク設定しますので、お暇と好奇心のある方は、ぜひどうぞ。


○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ●


可視光・磁場望遠鏡(SOT)については、10月25日夕刻(日本時間)に蓋開けを完了し、その直後から、試験画像の取得、焦点調節などの調整を進めています。SOTの焦点面検出装置には3種類の光学系/撮像機能が内蔵されています。このうち、SOTの主要特長である高解像度撮像をおもな狙いとする「広帯域フィルタ撮像系」で取得された画像(図1)を添付します。





 この画像により、狙い通り、0.2秒角の高解像度が達成されていることが確認できました。また、太陽表面の磁場微細構造の精密測定をおもな狙いとする「スペクトロポラリメータ撮像系」についても、所期の性能が達成できていると判断できました。但し、広視野・高速撮像を狙った「狭帯域フィルタ撮像系」において、視野の一部に画像の乱れが見つかりました。このため、広視野を必要とする観測に一定の制約が生じることは避けられませんが、視野の健全な部分を繰り返し使うことなどにより、狭帯域フィルタ撮像系の科学目的のかなりの部分が実現できる見込みです。なお、画像の乱れの原因については、開発を担当した米国NASAにより原因究明がなされます。


X線望遠鏡(XRT)については、10月23日夕刻(日本時間)に、XRTの試験画像を取得することができました。この画像、及びその後取得されている画像(図2)により、XRTは、「ようこう」軟X線望遠鏡の解像度を約3倍ほど上回る、1秒角に迫る解像度を実現しており、初期の性能を達成していることが確認できました。





 なお、打上げ直後に望遠鏡の鏡筒前面部の温度が当初見込みより上昇したため、ヒーターで加熱することにより開くようになっている蓋が、予定より早く打上げ16時間後に開くという事象が発生しました。この蓋は打上げ時の振動・衝撃及びほこりの侵入から望遠鏡内部を保護するものであり、蓋が早く開いたことにより望遠鏡の性能に影響が及ぶことはなく、今後の観測に支障はありません。


極端紫外線撮像分光装置(EIS)についても、10月28日夕刻(日本時間)、望遠鏡の蓋開けを完了し、その直後に試験的に取得した「分光撮像データ」により、良好な状態であることが確認できました。EISは、スリットとスロットを動かすことで多波長での撮像を実現する仕組みの観測装置であり、取得された分光撮像データは位置情報と波長情報が重なったものであることから、これを分離した画像に整理してから公開する予定です。(図3:EISの分光撮像データの例)














○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ●


ひので衛星テスト映像データ 1


ひので衛星テスト映像データ 2


ひので衛星テスト映像データ 3


ひので衛星テスト映像データ 4

○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ●


 ビデオ中継局で、高画質映像を試行錯誤していますが、私のコンピ様と再生ソフトとが相性が悪そうで、機嫌を損ねて寝てしまうので思うに任せません。

 DVD画質の映像は、データ量が多いけれどもやはり、良いですね。時間の短い番組からテストしたいと思います。

 グーグルとDVD画質サイトと2つでビデオ中継局を整えるつもりです。

 911関連の100本を超える高画質の映像データも、解説ページと共にご案内を企画しています。

 次の今日の地球画像では、地球温暖化について氷山と極地を企画しています。オーロラギャラリー並みの画像数か場合によると150点近くの画像を1ページに取り上げるかもしれません。

 見る人の都合を一切考えず画像で勝負するのが、当サイトの最低方針です。


 惑星テラ見聞録 ホーム 

スポンサーサイト
  1. 2006/10/31(火) 19:42:00|
  2. 太陽系の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2007年カレンダー『えっ!アンドロメダってこう見えるの?X線の眼ではね』


ということで、2007年版のカレンダー3シリーズ追加しました。

最初は、チャンドラX線天文台シリーズです。
アンドロメダの他にエータカリーナ星雲、カシオペアA星雲、蟹星雲、シリウス星のX線と光学他の複合画像が素晴らしい姿を見せてくれます。





ヨーロッパ南天文台シリーズでは、眩いソンブレロ銀河、宝石箱のような星団、星々を掻き分けて伸びているような星雲など壁紙やポスターとして眺めても飽きない画像です。





地球シリーズでは、月を従える地球、南極点の太陽光、4つの地球体系、夜の地球などの画像で構成しています。
特に夜の地球では、先進国と発展途上国、北半球と南半球の都市明かりの差が歴然と解かります。





それから、昨日書き込みましたNHKでも放映できなかったというか入手できなかった911世界貿易センター崩壊初日24時間を記録した当サイト秘蔵の映像を、昨夜、公開しました。


911世界貿易センター崩壊初日24時間の記録映像


2007年カレンダー チャンドラX線天文台シリーズ

2007年カレンダー ヨーロッパ南天文台シリーズ

2007年カレンダー 地球シリーズ


 惑星テラ見聞録 ホーム 

  1. 2006/10/30(月) 12:10:17|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

NHKでさえ放映しなかった『911最初の24時間』を公開します。




下記の時代錯誤的な政策に抗議する意味でも
恐喝行為で受信料をピンはねする皆様のNHKが、放映しなかったことに対する抗議としてでも
911に関する秘蔵の映像を公開することにしました。


○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ●

高速ネット、映像配信業者に応分の資金負担・総務省検討(日経新聞 2006年10月29日記事)

 総務省は高速インターネット利用の資金負担について、通信業界などと共同で新たなルール作りの検討を始める。データ量が多い映像をネットで配信するサービスが普及し、通信網の一部で速度が遅くなる“渋滞現象”が起き始めている。このため回線拡充の投資が必要になっており、動画配信業者に資金負担を求める案を軸に検討する。利用の多いユーザーに負担を求めることも検討する見通しだ。

 総務省が11月中旬に発足させる懇談会で議論する。NTTや米ネット検索大手のグーグル、無料動画配信サービス「GyaO(ギャオ)」を手掛けるUSEN、ネット接続大手のインターネットイニシアティブ(IIJ)などが参加。2007年7月をメドに報告書をまとめる。

○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ●


公開するこの映像は、2001年9月11日に世界貿易センター(WTC)へ航空機テロが起こってから24時間以内の記録です。
おそらく、皆さんが初めて見るWTC崩壊現場かもしれません。





200メガバイトを超える映像データのため、グーグル転送でアップロードソフトを使用しているので、公開手続きに時間を要します。また、高画質のDivXファイルとして他のサイトにも転送の手続きを取ります。

今後は、高速ネットの利用制限政策に対抗するために、データ量の多い映像を選択しご案内いたします。
また、脅迫行為を続ける皆様のNHKや報道機関が、隠蔽する映像やデータを徹底的に公開していきます。

1通1600万円も経費がかかるパスポートを発行していながら、これからのネット時代に規制をかける政策を受け入れることはできません。
黙って見過ごすならば、私たちの環境は、今日のこの画像のような状況になるのです。




















グーグルに転送したこれらの画像のビデオは、公開手続きが終了次第、ご案内いたします。


 今日の真相画像 トップ 


 惑星テラ見聞録 ホーム 

  1. 2006/10/29(日) 19:12:36|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2007年版月別カレンダー 太陽系、ハッブル、欧州宇宙機関 公開しました。


今年も、2ヶ月ほどでもう一つ歳を重ねる時期になりました。
ご健勝でしょうか?

さて、来月1日に、年賀はがきが発売されますが、背景あるいはワンポイントとして素敵な宇宙画像などいかがでしょうか。

宇宙画像カレンダーは、各シリーズとも1ヶ月ものになっていますので、上下をトリミングすることでオリジナルのカレンダーを作ることができます。
ブラウザ閲覧では、画質が落ちていますので、圧縮してある全月のファイルをダウンロードし、解凍してご利用ください。

これから追加する予定は、宇宙画像シリーズを2点、地球画像シリーズ、蝶シリーズです。
しかし、日々のページ更新を優先しますので、期待しないでください。

太陽系シリーズ 代表画像


ハッブル宇宙望遠鏡シリーズ 代表画像


欧州宇宙機関シリーズ 代表画像



昨日、ご案内をいたしませんでしたが、控え目にビデオ中継局9チャンネルで『ソニー応援歌』特番10本を公開いたしました。とても綺麗な映像になっていますので、ぜひご覧ください。
なお、今日は、これから『ソニー応援歌』の壁紙と高画質動画のダウンロードページを制作してご案内いたします。




2007年版 太陽系シリーズのカレンダーページ


2007年版 ハッブル宇宙望遠鏡シリーズのカレンダーページ


2007年版 欧州宇宙機関シリーズのカレンダーページ


ビデオ中継局 9チャンネル ソニー応援歌特番ページ


惑星テラ見聞録 ホーム

  1. 2006/10/28(土) 11:11:28|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2ちゃんねるトップリンクで見られない虐殺映像は、これだ。



2ちゃんトップページに 中国軍の「射殺映像」 (J-CAST)

2ちゃんねるのトップページに「中国軍がチベットの巡礼者を撃ち殺す映像」という、ユーチューブへのリンクが突然出現した。当初はスレッドも盛り上がりに欠けていたが、産経新聞がこの映像を「中国の人権蹂躙映像が世界へ」と報じたのがきっかけで、アクセスが殺到している。一方、中国政府は「正当防衛だ」としている。

この「事件」について日本のメディアが初めて報じたのは2006年10月14日。朝日新聞と産経新聞が国際面のベタ記事で、「9月30日、中国チベット自治区の国境地帯で、ネパールに亡命しようとしていた約70人の集団に中国当局が発砲、死傷者が出た」などと報じた。2ちゃんの「見出し」にある巡礼者ではなく、亡命者だったようだ。

ルーマニアの民放テレビ局が放送
同日、AP通信は、もっと踏み込んで「ルーマニアの登山家がこの発砲の様子を撮影しており、ルーマニアの民放テレビ局が放送した」と報じた。テレビ局のウェブサイトではこの動画が公開され、動画共有サイト「ユーチューブ」にも転載された。氷河の上を並んで歩く約30人の行列の、先頭を歩く人が撃たれて倒れる様子が写っていて、AP通信によると、この動画は、列から約1キロ離れたところから撮影されたという。

2ちゃんねるにスレッドが立ったのは、報道から3日後の10月17日。18日夕方になって、「ゴルジ体@どうやら管理人」と名乗る、2ちゃんねるの管理人・ひろゆき氏とおぼしき書き込みがスレッドに登場、「すげー」と、話題に関心を示し出した。23時半過ぎには「トップページから動画にリンクを張った」旨の発言をし、「社民党とか朝日とか騒いでくれそうなところに、見解を聞いてみる人募集」などと書き込んだ。スレッドの中には、元々英語だった動画に、日本語の字幕をつけてユーチューブにアップロードする「職人」もおり、この画像に対しても同様に、トップページからのリンクが張られた。

こうして、少しずつ、動画の存在がネット上で知られていく中で、10月22日、産経新聞が1面に「中国の人権蹂躙映像が世界へ 亡命少年僧ら射殺」という見出しの記事を掲載、「少なくとも2人が死亡した事件の映像が世界中で国際社会を騒然とさせている」と報じた。同記事中ではユーチューブに動画が掲載されていることを紹介した上で、動画の内容を詳しく紹介している。

「違法越境者に抵抗されたため発砲」と中国側
この報道をきっかけに、「事件」に対する関心はさらに高まり、ユーチューブの動画(英語)へのアクセスは、10月25日17時現在、40万を超えている(現在この動画を見るためには、ユーチューブにログインすることが必要)。


 ということで、今日の真相画像トップページでは、ログインなどの煩わしさもなく『日本語字幕付き』で中国の虐殺映像を鮮明に見られます。
 ただし、いつまで見られるか補償はできません。
 視聴は、お早めに。


 今日の真相画像 トップ 


 惑星テラ見聞録 ホーム 

  1. 2006/10/26(木) 11:03:54|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

美女がナニ液体色のレモネードを旨そうに飲んで、真相を知りワォッ!

本日も恒例にするつもりの厳選しょう劇ビデオでは、5本放映を開始しました。

どれもお薦めですが、最初は、懐かしの名犬ラッシーからいかがでしょうか?

賢くて強いなぁとは思っていたのですが、それがこの秘密にあったのですね。

体力勝負よりも知力の勝負かも




続いては、街中でのドリンク試飲では、まさかこのようなことは無いはずですが、
くれぐれも周囲を観察してからにしましょう。

極旨のレモネードの味は、本当に旨そうです。
中身を知らなければ・・・



さて、3本目は、ブッシュ大統領の真相を華麗に描写しています。
非常に世界を手玉に取るのが上手いです。



4本目と5本目は、何かと世界に話題を提供し続けて、株価を買いやすい価格まで下げてくれているソニーのコマーシャルです。
文句は言いません。とにかく映像で勝負のソニーの真髄を見せてくれます。




明日は、宇宙画像とできれば、地球画像の2ページを公開したいと思います。


 ビデオ中継局 10チャンネル 厳選しょう劇ビデオの新番組


 惑星テラ見聞録 ホーム

  1. 2006/10/25(水) 19:53:57|
  2. ギャッハハッハァー、フゥー画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

太陽系外惑星世界での日没


 今日は、ビデオ中継局7チャンネルの新番組3本です。

 最初の2本は、スピッツァー宇宙望遠鏡観測結果による太陽系外の惑星風景とその星体系の小惑星ベルト帯域です。

 最初の画像は、異国惑星で見る日没風景です。




 黄道光あるいは時々「夜明け前の微光」と呼ばれていて、太陽が上がるか、沈みかけている時、この光が、地平線から上で伸びる薄暗い帯として現れます。

 私たちの天の川銀河のディスクが、空で最も目立った特徴として占めているために、小惑星帯の反射する光はとても微かです。

 天の川のディスクは、両方の絵の中で黄道光に対して、垂直に描かれています。

 対照的に、HD 69830の体系での黄道光は、私たちの小惑星帯よりも1,000倍も明るくて、天の川さえ霞むくらいよく輝いています。





 NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡は、私たちの太陽のような星を周回する帯域の中で、互いに衝突しあっている小惑星の塵塗れの噴霧質のようなものを見つけました。

 それは、まるで異国の小惑星帯の兆候のようでした。

 私たちの故郷に似ている遠い星体系での発見は、天文学者にまれに見る一見を提供すると共に、私たちの太陽系の成り立ちの学びに対する重要なステップと、太陽系外で地球のような惑星が誕生するところを示すかもしれません。

 小惑星は、地球のような岩石惑星の残こった基礎単位や惑星に合体し損なった天体です。

 私たちは、直接、異国の星体系で他の地球型の惑星を見ることができませんけれども、現在、このような塵塗れ化石を研究することができます。

 小惑星帯は、惑星体系の廃品置場です。

 それらは、惑星に成り損なった岩だらけのスクラップで、散らばっていて時折、互いに衝突して、塵の噴霧質を巻き起こします。

 私たちの太陽系では、小惑星は地球、月、他の惑星と衝突しました。

 今回の発見が確認されるならば、新しい小惑星帯は、私たちの太陽と同じ年齢と大きさの星周辺で、最初の発見になるでしょう。

 この小惑星帯がある星は、HD69830と呼ばれていて、地球から41光年離れて位置します。

 他に2つの既知の遠い小惑星帯がありますが、それらは、太陽よりも大規模でとても若い星々を囲んでいます。


 ビデオ中継局 7チャンネル 宇宙望遠鏡の新番組


 惑星テラ見聞録 ホーム

  1. 2006/10/25(水) 13:12:40|
  2. 宇宙論関係の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2日遅れで読売新聞が報じても放映しないWTC跡地から遺骨の映像はこれだ





世界貿易センタービル跡地から遺骨100個以上


 【ニューヨーク=大塚隆一】米同時テロで崩落した世界貿易センタービルの跡地「グラウンド・ゼロ」から犠牲者のものとみられる遺骨が次々と見つかり、遺族から、再建工事を中断して徹底的な捜索を行うよう求める声が出ている。

 遺骨は先週、跡地内のマンホールなどから見つかった。腕や脚、胸などの骨やその破片で、総数は100個以上に及んだ。市当局が再捜索したところ、22日にも計18個の遺骨が発見された。

 同時テロから5年以上もたって遺骨が次々と見つかったことについて、遺族の団体は「再建が最優先で、遺骨の捜索は二の次にされてきた」と反発している。

 これに対し、ブルームバーグ市長は23日、「再捜索は市の義務であり、できる限りのことをする」と表明した。市長は同時に、「我々は未来のために建設を進めなければならない」とも述べ、工事は中断しない方針を強調した。
(読売新聞) - 10月24日


と、このようなニュースが遅ればせながら流れていますが、この遺骨発掘については、10月20日前後からアメリカで取り上げられています。

やはり、地球は狭いようで、とても広い惑星だったのですね。

航空機ならば、半日くらいのフライトでも、報道機関のニュースになると慎重を期すためか2日以上も遅れてしまうのですね。

参考までに、どのようなニュースなのかを下記のアドレスでご確認ください。

そのうち、続報する予定でしたが、ページ制作を後にしてでも現物の映像をお届けいたします。



 911WTC崩壊犠牲遺族の会見模様



 ニューヨーク市長の会見他

  1. 2006/10/24(火) 20:49:44|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イーホームズ代表取締役の藤田東悟さん。ご連絡お待ちしています。


報道の自由…北朝鮮5年連続最下位、日本は51位 (読売新聞)

 【パリ=島崎雅夫】国際的なジャーナリスト団体「国境なき記者団」(本部パリ)は24日、168か国を対象に報道の自由に関する調査結果を公表した。

 北朝鮮が調査開始の2002年以来、5年連続で最下位、日本は51位(前年37位)だった。

 調査結果は北朝鮮について、「絶対的な権力を握る金正日体制が報道界を完全に支配している」として報道の自由がないことを指摘している。東アジアや中東に報道の自由に欠ける国が多く、ミャンマー164位、中国163位、イラン162位、イラク154位などの順。

 逆に、上位は欧州諸国が占め、1位はフィンランド、アイルランド、アイスランド、オランダの4か国となった。日本については、記者クラブの存在とナショナリズムの高揚を順位低下の理由として指摘した。

[ 2006年10月24日 ]


というような記事が配信されているようですけれども、
日本の場合は、『報道しない自由』で上位を占めることができそうですね。

 耐震偽造に関してだけでも、イーホームズの藤田東悟社長が「架空増資(見せ金)」で商法『犯罪』として有罪になったことを大きく取り上げても、彼がさらに重大な耐震偽造が行われていると告発したにもかかわらず、一行たりともそれについて真摯な報道をしないのだから、まさに、報道しない自由の見本でしょう。

 見せ金増資で検挙する気があるならば、そこら中の中小零細企業を虱潰しに探れば、儲かってしょうがないほど有罪者を出せますよ。

 記事にする自由の宝庫のブログやホームページが、裏付けの薄い内容であれ問題を提起することがあるにもかかわらず、正義を御旗にする報道機関が、国民の命にかかわる告発に眼を瞑るって事は、第二次世界大戦に突入する前の日本の報道機関と同じですよね。

 私もつい勢い余って極右的なときもあったりその反動から極左的になるときもありますが、日本の報道機関ほど極端ではないと思っています。

 私が『攘夷』宣言をしているのは、外国のサイトで日本語のページが無いことに対する仕返しであって、外国人さんの訪問を制限していません。英語などの外国語のページを作らないのは、作る気持ちが無いのではなくて、作るだけの才能が無いということです。

 サルの英語の別名をabeと堂々と表記して曝すくらいですから、外国語の理解力の程度がどのようなものか、恥の上塗りをこれ以上できないくらい厚く塗っていますのでね。(因みに猿の英語の別名は、apeです。)

 で、何を言いたいのかというと、私、非常にイーホームズの藤田東悟さんに好奇心旺盛になりましたので、耐震偽装を徹底的に考察してみようと思った次第です。

 報道しない自由の日本の報道機関の耐震偽装記事と記事にする自由を闊歩するブログ・ホームページの耐震偽装記事の比較をみなさんができるならばと考えているわけです。
 というよりも、私自身で比較してみたいなぁと思ったので、一つのサイトとして作るつもりです。完全独立のドメインでです。

 ただ、これには、イーホームズの藤田東悟さんの協力を必要とするので、私のやる気のアリバイ作りとして、このブログで記事にした次第です。

 日本の報道機関がどれだけ信憑性に欠けているかは、先の北朝鮮の核実験報道でもお分かりになったと思います。世界を震撼させた誤報がありますのでね。

 それ以上の誤報を撒き散らしたのは、当サイトとこのブログですが、アクセス数は、4桁どまりですから天下の公器と比較はできません。

 ですから、そのような恥をコロっと忘却して、日本国民の命がかかっている耐震偽装問題に遅ればせながら参戦します。後出しじゃんけんですから、勝てないわけが無いという次第で・・・・

 「きっこの日記」さんのように言葉で勝負できませんので、画像と資料で勝負に出ます。当然、マンションの崩壊には、911を援用しても見当違いにはならないでしょう。
 報道機関が信用しない資料によるとWTCが、耐震偽装建物であったのですから。これ以上に適する画像資料はありません。

 それだけでは、皆さんも比較できないでしょうから構造設計の資料など一緒に視覚で検証できるサイトを指針にしたいと思っています。


 この文章は、読みやすくするために工夫していませんので、猜疑心をもたれるかもしれません。当サイトは、玉砕寸前に逃げますが、それまでは、一心同体で耐震偽装に取り組みます。


 ということで、イーホームズの藤田東悟さん。ご連絡お待ちしています。文間に隠した意志をお汲み取りください。

  1. 2006/10/24(火) 18:37:45|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

政府の圧力でヤフーが消してもここならば、まだ、見られます。

シークレットサービスによってブログを消された女の子のインタビューをヤフーの配信で見られなくなっているようですので、本家CNNで見られるアドレスを追加しておきます。

 16歳の女の子が何気なくブログで用いたためにシークレットサービスに抹消されたインタビュー


ついでに、さりげない訂正です。

読み飛ばしても支障ありません。
引っ掛けのつもりでしたが、言葉を大切にしないといけないと当サイトとブログの良き理解者兼アドバイザーより指摘されましたので、abeをapeと読み替えてください。
私的には、上手く変換できたと自負していたのですが、日本語の「ぺ」と「べ」の相似はあれども英語の「p」と「b」の相似では、翻訳されないらしいので、「b」を「p」と入れ替えていただきたく存じます。
そうすることで、素直に辞書も答えを提示してくれるはずです。

当然、本ページは、訂正しましたけれどもブログは、面倒だから、追加記事にします。

  1. 2006/10/24(火) 15:55:46|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今、シークレットサービスに狙われる言葉を伝授すると



今日の真相画像は、アメリカ財務省シークレットサービスの些細な活動についてです。

確実にシークレットサービスにページを強制削除されるための言葉は、
英語でタイトルなどに

 Kill Bush

と付けると間もなく該当ページやブログが、削除されるようです。

特に、myspaceを利用している場合には、即効性がありそうです。
ただし、日本語ではまだ検証していません。

勇気ある方は、一度様々なBush攻撃の言葉で試してみると良いでしよう。


当サイト・ブログは、非常に穏健なためにそのような過激で挑発的な言葉を用いていないはずですので、CIAやFBIが定時監視していても、管理者の錯誤が無い限りページが消えたりはしていません。
今のところはですが・・・・


非常に栄誉あるシークレットサービスに抹殺されたページの管理者のインタビューは、
下記のアドレスのニュースで、今ならば、見ることができます。

 16歳の女の子が何気なくブログで用いたためにシークレットサービスに抹消されたインタビュー


 さて、シークレットサービス公認で世界にばら撒いてよいBush大統領に関する画像は、どんなものがあるのでしょうか?

 そこで、今日の真相画像では、現在でも閲覧できるそのようなギャラリーとしました。

 また、公然と使用してよい言葉は以下のようです。

 Fool Bush

 Monkey Bush または Abe Bush(abeとは、アベ坊ちゃん首相のabeではなくサルのabeです)

 Terrorist Bush

 ぜひ、今後のブッシュ攻撃またはBush熱愛のページ制作の参考にしてみてください。

 最後には、確実に狙われる画像の組み合わせを提示しておきますので、組み合わせて加工しないようにお願いいたします。

 身辺をCIAやその日本支部の日本検察の公安部門が、税金の無駄遣いでうろつくことになります。

 参考までに、日本語で「故盧洲(コロス)」とか「闇鎖都(アンサツ)」とか殺戮を示唆するような語句とブッシュ大統領を掛け合わせると、ヤフーやグーグル、MSNでも間違いなく検索から排除されるでしょう。

 このようなBush並みの猿脳(Abe Cerebellum)語彙を用いずとも、読める文章は書けるのですから、皆さんは、英知ある言葉で後世に記録を残しましょうね。


 今日の真相画像 2006年10月24日号 今、シークレットサービスに狙われる言葉を伝授すると 詳報ページ


 惑星テラ見聞録 ホーム

  1. 2006/10/24(火) 13:46:57|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

H・Gも真っ青でも好き?下半身無防備警官。食前には、見ない方が

やっぱぁ、最初は、超お薦めからだろうね。

民主党も衆議院補選で惨敗したことだし、ここはひとつ、意気消沈の方々にも明日を信じてもらうための栄養補給をしてもらわなくちゃね。
爆笑の積み重ねが、自然な微笑につながると思うよ。

ということで、

イギリスのある町のある警官が、交通取締りをしていました。









どうして、私が悪いの?
と、泣き崩れたのではなくて・・・















と、まぁ、このような下半身無防備の交通警官でした。

しかし、まだ、これでは終わりません。

この相坊さんは、













アチラのお方のようにも・・・



ということで、無事に交通取締りを終えましたとさ。

めでたし、めでたし。

パトカーへのお帰りは、このように・・・














正直、これは、静止画ではあまり面白くありません。
動画でぜひ、もう一度爆笑してください。


他新番組4本もこちらでどうぞ。


 厳選しょう劇ビデオ番組一覧へ移動



 惑星テラ見聞録 ホーム

  1. 2006/10/23(月) 18:00:27|
  2. ギャッハハッハァー、フゥー画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中国の本質、日本では強盗奨励、チベットでは虐殺奨励。

中国の人権蹂躙映像、世界へ チベット亡命少年僧ら銃殺 

 【北京=福島香織】9月末に中国チベット自治区とネパールの国境近くで亡命を試みたチベット尼僧(25)や少年僧(15)らが、中国の国境警備隊の銃撃を受け少なくとも2人が死亡した事件の映像が世界中で放映され、国際社会を騒然とさせている。

 北京五輪を控え、「和諧(わかい)(調和のとれた)社会」構築という胡錦濤政権が提唱する“理想”の陰で行われている中国の人権蹂躙(じゅうりん)に国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)も調査を開始、米国などが非難の声を上げ始めている。

 映像はルーマニアの登山家、セルゲイ氏が偶然撮影したものをルーマニア民放局が14日に放映。その後、日本を含む各国でも放映され、米国の動画投稿サイト「ユーチューブ」などインターネットの映像配信で世界中を駆け巡っている。

 現場はエベレストに近いチョオーユー峰のベースキャンプから見渡せる氷河。映像は9月30日早朝、氷河の上を1列に並んでネパール国境のナンパラ峠に向かって歩いている約30人の行列を見下ろすように撮影されている。警告発砲音が響いた後、次の発砲音で先頭の尼僧が倒れた。カメラは銃を構える中国兵士の姿、続く発砲で行列の最後尾の少年僧が倒れる様子、倒れた人を抱き上げる兵士の姿をとらえ、目撃した登山家の「犬のように撃ち殺された」というコメントが流れる。

 セルゲイ氏がテレビのインタビューに答えたところによると、一行はチベット仏教徒でダライ・ラマ14世に会うために亡命を敢行した。セルゲイ氏は兵士の襲撃を逃れた亡命者を助け、食料や衣類を分け与えたという。

 この事件について12日に中国当局は、兵士が違法越境者に対し引き返すように説得したものの、「(抵抗したため)発砲した。正当防衛だ」との公式見解を発表。1人が死亡、2人が負傷したとしている。

 しかし、映像が公開されたことで、亡命者の約半分が6~10歳の子供で、無防備な状態を背後から銃撃されたことが判明。チベットの難民組織など複数の人権団体の情報を総合すると、亡命者は全部で73人で、ネパールにたどりついたのは43人。そのほかは子供を中心に相当数が当局に拘束されているという。
(産経新聞) - 10月22日8時1分更新

 私とは、非常に相性のよろしくないサンケイ新聞ですが、大昔、全国版で私を1ページ全面で、フジテレビも15分ほど特集で紹介してくれたこともありました。
 この2社とは、思想的に相対するけれども時々このようなドツボにはまる記事を取り上げるので、「敵」ながら無視するわけにいかず塩をもらうこともあります。

 で、当サイトでも便乗してこの虐殺映像を放映します。

 ただ今は、簡潔アップでホームトップでのみになりますが、後ほど日付変更線を越える前にでも、専用ページとしたいと思っています。

 すでに、ニュースなどで見られた人も多いと思いますが、このようにサンケイ新聞も大きく取り上げたことですので、改めて当サイトでも取り上げることにしました。

 ユーチューブでも席巻していると記事で紹介していますが、アクセスは、アップ1週間で7000件ほどです。たまたま、私が取り上げる映像がそうなのかもしれませんが・・・あまりにも少ないアクセスと思っているところです。

 書き込みは、中国の手先が多いですね。


 惑星テラ見聞録 ホーム


明日は、この暗い話題の埋め合わせをいたします。ギャ八ハッハーで痛い物語です。
当然リクエストにお答えして、男性のナニを直撃した飛び跳ねる痛さのギャッハッハッハーです。

  1. 2006/10/22(日) 22:08:22|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

MSNのテクニカルサポートは、こんなで本当に大丈夫なの?


毎度お馴染みのマイクロソフトの脆弱性続発ですが、このようなところでのテクニカル・サポート・センターで安心して良いのかなぁ?
















そりゃあまぁ、非常に親しみやすいところですけれどねぇ・・・



と、まぁ、この画像は、パロディーですが、以下の記事を読むと案外この画像が真実性に近いようにさえ思えます。


『Windowsの新しい脆弱性を狙う攻撃サイト続出,アクセスするだけで被害に

 セキュリティ組織やベンダーは9月30日以降,Windowsに見つかった新しいセキュリティ・ホール(脆弱性)を悪用するWebサイトが続出しているとして注意を呼びかけている。そのようなWebサイトにIEでアクセスするだけで,悪質なプログラム(ウイルスやスパイウエアなど)を勝手に仕込まれる恐れがある。

 攻撃対象となっているセキュリティ・ホールは,Windowsに含まれるActiveXコントロール「WebViewFolderIcon(webvw.dll)」に関するもの。このコントロールには整数オーバーフローが見つかっている。このため,細工が施されたWebページやHTMLメールをIE(あるいは,IEのコンポーネントを使うアプリケーション)で開くと,攻撃者が意図した任意のプログラムを実行される可能性がある。

 このセキュリティ・ホール自体は,第三者によって7月19日に公表されている。公表したのは,セキュリティ・ツール「Metasploit Framework」の開発者であるHD Moore氏。セキュリティ・ホールの公表とともに,セキュリティ・ホールを突いてIEを不正終了させる実証コード(Exploit)をリリースした。その後同氏は,セキュリティ・ホールを突いて任意のプログラムを実行させるようなコードも公表した。 』


というような事態で、修正パッチが10月11日にリリースされましたけれども、


『「パッチの火曜日」の次は「ゼロデイの水曜日」?

 米McAfeeの研究機関であるMcAfee Avert Labsは現地時間10月17日,米Microsoftの修正パッチ公開日である毎月第2火曜日(いわゆる「Patch Tuesday」)の直後に,Microsoft製品を狙うゼロデイ攻撃(パッチ未公開のセキュリティ・ホールを突く攻撃)が出現するケースが増えているとして注意を呼びかけた。

 例えば7月には,McAfeeではパッチ公開日の翌日である7月12日にPowerPointを狙うゼロデイ攻撃を確認した(関連記事:PowerPointにパッチ未公開のセキュリティ・ホール)。10月には,パッチ公開日の2日後に,PowerPointの別のセキュリティ・ホールを突く新たなゼロデイ攻撃が出現している(関連記事:またもやPowerPointに新しいセキュリティ・ホール)。

 「Patch Tuesday」の直後にゼロデイ攻撃が発生するのは,攻撃者が時間稼ぎをするためである。Microsoftが緊急に(スケジュール外に)パッチをリリースしない限り,少なくとも1カ月はパッチが存在しない状態が続くことになる(関連記事:「攻撃者の利点は3つ」)。

 今後,パッチ公開日の直後にゼロデイ攻撃が出現する「Zero-Day Wednesday(ゼロデイの水曜日)」あるいは「Zero-Day Thursday(ゼロデイの木曜日)」がトレンドになる可能性があるとして,同社では警戒するとしている。

 ユーザーとしてはゼロデイ攻撃に備えて,パッチだけに頼らないセキュリティ対策――「セキュリティ・ソフトを利用する」「覚えのないメールの添付ファイルは開かない/リンクはクリックしない」「信頼できないサイトへはアクセスしない」など――を実施することが重要である。』


らしいですね。

ただ、この記事に関しては、私の嫌いなMcAfeeがソースなので、どうなんだろうってところです。

とにかく、過去にMcAfeeには、数時間かけて打ち上げたワープロ文書をウィルスワクチン更新を裏で行っていたために、まっさらにされた覚えがあります。
北朝鮮以上に怨み骨髄で、McAfeeと見ただけでぶっ壊してやりたくなります。
あと、ソースネクストのワクチンソフトも安いけれど、私と相性が良くありません。
というか、ソースネクストのソフトってやたらとメモリーを裏で食っていませんか?
これをウィルスといわずして、何がウィルスの定義になるのかなぁ?

まっ、素朴な疑問。
ウィルスを作っているのは、ウィルス駆除ソフト会社の関係者じゃないのかねぇ?
驚くほど、コンちゃんの裏を知り尽くしているし、どっかの薬品会社のように新手の病原菌をばら撒いて特許の医薬品を売っているというようなことは無いよねぇ・・・



過激に松浦あやや現象を撒き散らすビデオ中継局
厳選しょう劇ビデオ ただ今、ちょっとだけアクセス有り中。
今なら、混雑しない回線で、思う存分に松浦あやや現象に浸れます。


 厳選しょう劇ビデオ番組一覧へ移動



 惑星テラ見聞録 ホーム

  1. 2006/10/20(金) 21:15:48|
  2. ギャッハハッハァー、フゥー画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ベッカムご一行来日記念。『哀愁のベッカム様』放映開始。


 惑星テラ見聞録のビデオ中継局では、かつて日本に旋風を巻き起こしたサーカー界のスーパースター来日を記念して、『哀愁のベッカム様』の放映を開始しました。

 坊主頭の「ベッカム様」が交代退場で見せる哀愁に心が締め付けられ、その後、通路でファンの子供から喉を潤す一献を貰い、感謝の印にユニフォームを差し出します・・・
 もう、最初から最後まで、ベッカムファンにはたまらない哀愁の場面の連続です。
 ハンカチまたはティッシュ1箱をご用意の上で、ご視聴願います。



 哀愁のベッカム様 中継ページへ移動

 さらに、ビデオ中継局では、『哀愁のベッカム様』以外にも、全部で20本の番組を一挙に放映を開始しました。

 その中から、他に2本をご案内いたします。

 1本目は、ついに、映像であの北朝鮮が絶対に世間に知られたくなかった真実が明かされてしまいます。
 これは、必見です。ファイル保存ができると思いますが、北朝鮮諜報部の工作次第では、保存できないかもしれません。挑戦してみてください。



 これが北朝鮮が知られたくない真実だ 中継ページへ移動


 2本目は、最新の民間航空機の着陸テクニック映像です。
 たぶん、これは、朝鮮半島やシベリアの奥地にありそうな航空会社特性のオペレーションだと思います。
 日本やアメリカでは、まだ導入する予定は無いでしょう。



 新しい航空機の着陸操縦法 中継ページへ移動


 ということで、全部で20本も後先を考えないで放映を開始してしまい、これからのブログネタに困惑しました。

 それで、お願いなのですが、全て一度に見ないで、このブログの案内があってから見ていただければと思います。
 日々のブログ更新ネタ保存にぜひご協力をお願いいたします。

 なお、惑星テラ見聞録ビデオ中継局では、厳選しょう劇ビデオを視聴した結果、「松浦あやや」現象に至ったとしても一切関知いたしません。
 「松浦あやや」現象に至らないように節度ある視聴を希望いたします。


 惑星テラ見聞録 ホーム

  1. 2006/10/20(金) 18:42:19|
  2. ギャッハハッハァー、フゥー画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

太陽系の実相で明らかに土星のリングに浮かぶ地球


 今日の宇宙画像は、ガリレオやコペルニクスが知ったならば、その理論形成が180度変わったかも。
 というほど、大げさではないけれども、この画像を見るならば、地球がいつの間にか土星のリングを周回する衛星月になったような錯覚をするかもしれません。
 この映像データは、土星と太陽の擬似的な食の構図でリングの詳細を見るために得ました。
 その時、偶然にも外リング上に遥か遠くの地球が、土星の衛星月のように浮かびました。
 また、このデータの解像では、新しい土星のリングも発見されました。
 ちょっと幻想的な土星とそのリングですね。



 土星の影の中で、予想外の驚きが、現れます。
 土星を周回しているロボットのカッシーニ宇宙船は、最近、およそ12時間の間、巨大な惑星の影で漂って、食された太陽の方を振り返りました。
 カッシーニは、これまでと違った眺めを見ました。
 最初に、土星の夜側は、部分的にそれ自身の荘厳なリング・システムから反射した光によって明るくされるのを見ることができます。
 次に、リングは、土星に対して輪郭を映し出す時に暗いようであるけれども、この誇張した色彩画像によって、土星とわずかに分散する日光から離れて見るときに、とても明るいです。
 土星のリングは、新しいリングが発見されたほど非常に明るくなりますが、この画像で見るにはとても難しいです。
 それでも、月エンケラドスにある新しく発見された氷の噴水によってつくられるリングである土星のEリングと最も外側のリングが、この画像で素晴らしい詳細を見せています。
 遥かに遠い距離にある地球が、この画像で主なリングの左上に、ほとんど無視されそうな淡青色の点として見えています。


 巨大な土星は、暗黒の宇宙に浮かびながら太陽の反射からカッシーニを影で保護し、これまでに決して見られ無かったリングを宇宙船に見せました。
 それは、今でも未知の微かなリングを明らかにし、その惑星体系世界を一瞬なれども、見せさえしました。

 この素晴らしいパノラマの眺めは、2006年9月15日に、ほぼ3時間に渡ってカッシーニ広角カメラで撮った合計165の映像データを結合することによって作られました。
 全面的な繋ぎ合わせは、9つの広角カメラで得た3列から成っています。この画像は、その一部を示しています。
 視界の色彩は、紫外線、赤外線、透明の各フィルタ映像をデジタル的に合成することによって作られて、それから自然の色ように調節されました。

 繋ぎ合わせ画像は、宇宙船が土星の影の暗闇におよそ12時間漂って得ました。そして、土星の微かなリングを組み立てる微細な粒子について、多くの独特な観察を可能にしました。
 これらの小さい粒子を含んでいるリング構造は、かなり高い位相角、つまり、太陽が像を造る天体のほとんど真後ろにある視聴角度で明るくなります。

 カッシーニは、この期間の間の観察で、月ヤヌスとエピメテウスの共有軌道、そしてパレーネーの軌道と一致する2つの新しい微かなリングを見つけました。

 狭く閉じ込められたGリングが、明るい主なリングの外側で簡単に見ることができます。全システムを取り囲むのは、もっと広大なEリングです。

 噴出物をEリングに粒子として供給するエンケラドスの冷たい水柱が、Eリングの左側端に見ることができ月の位置を表しています。

 内部の主なリングからGリングに至るまでの漆黒上に見られる微かな青白い点は、私たちの地球です。カッシーニは、10億キロメートル以上も離れた外の太陽系の氷の奥から、その生まれ故郷を見ています。

 土星を取り囲む小さい粒状物が、日光と電磁作用によって押し出されます。それゆえに、それらの分布状態が、そこの宇宙環境について多くを話します。


 太陽系の実相で明らかに土星のリングに浮かぶ地球 今日の宇宙画像 2006年10月19日号 詳細ページ


 惑星テラ見聞録 ホーム

  1. 2006/10/20(金) 12:52:07|
  2. 太陽系の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

遅延お詫びで、正真正銘のブッシュ大統領の不倫画像を曝します。

ある年のある月のある日、アジアの独裁国家主席が、アメリカの大統領を訪問しました。

大統領は、主席の隙を見て、












このようなことをしました。

その後、主席の婦人は、主席に言い訳をしました。


それからまもなく、今度は、アメリカの大統領がアジアの独裁国家を訪問しました。

恒例の挨拶をしようとしたら、















と、遮られました。

大統領は、不倫へ発展する前に心も三本目の足も萎えましたとさ。

編集注
この画像は、トリミングや合成などしておりません。
世界に公開されているニュース映像の一コマです。


で、明日こそは、宇宙画像を公開します。

ついで、アジアの独裁国家の隣接地域についてもお知らせしたいと思います。

  1. 2006/10/18(水) 21:09:40|
  2. ギャッハハッハァー、フゥー画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

北朝鮮核実験30分後の上空映像データを入手




これが、北朝鮮が地下核実験をした30分後の上空です。

これから、他の映像データと共に解析してみたいと思います。

  1. 2006/10/18(水) 19:04:54|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

勇気ある男性諸氏よ、あなたの可愛い子の未来を見てみませんか?


やはり、女性の真実にも触れないと片手落ちですので、
意を決して、暴くことにしました。


どんな可愛い彼女でも、









結婚して、時が経つにつれ、変身します。










世の女性の皆様へ。

これは、あくまでも想像の世界ですから、
絶対に過激な誤解の無いように願います。


このような事態ですので、
宇宙画像の制作が手間取っています。
深夜かも・・・・

  1. 2006/10/17(火) 19:37:30|
  2. ギャッハハッハァー、フゥー画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

NASA資金繰りで、シャトル新外装は、F1仕様に決定か?










発射台に移動











ということで、今日公開予定の宇宙画像は、NASA関連です。
夕方には、ご案内できるでしょう。

  1. 2006/10/17(火) 11:17:52|
  2. ギャッハハッハァー、フゥー画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

全ての女性は必見。これが男性の社会の窓の真実だ。




デートで甘い囁きが続いたとしても、油断は禁物です。






















世の男性の社会の窓は、素直に本能に正直に応えます。





















編集注

 実際には、このようなことは、ほとんど起こりません。
 しかし、心の中というか、頭の中というか、本能というか、その社会の窓が覗くとこうなるでしょうね。


 で、今日のブログは、これにて終わりです。
 緊急事態が発生した場合に限り、続報します。

 明日は、今度こそ、今日の宇宙画像をご案内できる・・・かなぁ?

  1. 2006/10/16(月) 17:02:44|
  2. ギャッハハッハァー、フゥー画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

これが、有り得ないことを見事に有り得ることと証明する画像だ





ネッシーの存在もニュートンの万有引力もこれで証明された


 今日の地球画像は、有り得ないことを有り得ることと証明します。

 人間、誰しも一生に一度は、大きな過ちを犯します。

 それが、結婚・・・だとは、申しません。絶対に、今は・・・

 弘法も筆の誤り、ベテランも大失敗することがあります。

 夕暮れの堤防へドライブに駆り立てられるのは、洋の東西を問うものではありません。
 ここ、アイルランドのラウンドストーン埠頭も、そのような人々の集いの場でもあります。

 残暑が厳しかったらしいある日、埠頭から白い乗用車が、たぶん、海に泳ぎに飛び込みました。
 海面から埠頭まで高さがありすぎて、陸地に戻れなくなりました。

 ランチを終えたクレーン車の運転手が、急遽現場に呼ばれました。

 現場に着いたクレーン車の運転手は、しばらくしてから会社の上司に午後からの仕事ができなくなったと電話することになりました。

 キャンセルの理由?

 この時、クレーン車の運転手は、ネッシーやジョーズの存在そして、隣国イギリスの著名なニュートンの万有引力の法則の働きについて上司に説明したはずです。

 笑っちゃいけないけれど、堪えられなくて大爆笑の結末は、今日の地球画像で進みください。

 想像がつくかもしれませんが、この現実をぜひ、ご確認あそばせ。



 先週は、暗い雰囲気の週明けでしたが、今週は、秋の日差しの爽やかさ?の真相でスタートしませんか?


 ネッシーの存在もニュートンの万有引力もこれで証明された 今日の地球画像 2006年10月16日号の詳細ページ 


 惑星テラ見聞録 ホーム 

  1. 2006/10/16(月) 13:56:15|
  2. 地球の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

中川翔子、全裸写真公開 ・・・ ギザ、ビックリしす、かわゆしすなぁ


 タレントの中川翔子(21)が15日、都内でブログを書籍化した「しょこたん☆ぶろぐ2」の発売記念イベントを行った。

 04年11月にスタートさせたブログは総アクセス数が1億件を超える人気で第1弾は5万部を売り上げ、今作は予約だけで第1弾を上回る7万部を突破。「ギザ(とても)ビックリ」と“しょこたん語”をさく裂。ブログでは幼少時の全裸写真まで公開し「あまりにヌードすぎて大事な部分にサクランボを乗っけちゃいました」とあっけらかんと話していた。
(スポーツ報知) - 10月16日8時4分更新


ということらしいです。

当サイトの新カテゴリーのギャッハハッハァー、フゥー画像でも負けないようにがんばります。

笑いが地球を救う・・・かな?

  1. 2006/10/16(月) 09:33:16|
  2. ギャッハハッハァー、フゥー画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

絶対に比較しないでください。男性を悩まし、女性が日ごろの恨みを晴らす?呼び鈴


今週は、先週の分も含めて爽快にスタートしましょう。



呼び鈴を新調しました。どうぞよろしく。






















たぶん、これを考えたのは、女性のはずです。
男性は、その衝撃の痛さで幾度も涙を流していますのでね。


今日は、地球画像でニュートンの法則を証明する有り得ないけど有り得た物語です。
更新は、午後になります。

  1. 2006/10/16(月) 09:06:32|
  2. ギャッハハッハァー、フゥー画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

中国の化学汚染は、日常茶飯事?輸入食物は不安全を保証できる?



 中国の新華社通信は、2006年9月29日に化学プラントから川への漏出があり、4000人以上の人々の飲料水を汚染したと報じました。

 報道によると、9月28日に、安徽省の東部地方で化学プラントからのテレビン油の流出によって、ジンドン(Jindong)川が汚染されました。
 当局は、居住者に川の水を使わないよう警告して、給水車として消防車を送りました。

 しかし、事件が公になる前にその地域の居住者と1,100人以上の初等・中等学校の学生が汚染された水を飲みました。
 その後に、事件について警告されるが、これまで中毒の徴候を示さないとも新華社は報じています。

 このような事件は、中国の産業地域で一般的のようです。

 例えば、2006年9月だけでも湖南省でヒ化物汚染が発生し、80000人以上の人々が断水生活を余儀なくされました。
 また、昨年には、北東部で化学プラントの爆発があり、有毒なベンゼン合成物がスンガリ川に流出して数百万人が給水に影響を受けました。


 ということで、次の真相画像のターゲットは、北京オリンピック後に崩壊が予想できるかもしれない中国です。

 中国といえば、私がそれほど懇意でもない知り合いが、北京で『高級日本レストラン』を2件ほど経営しているらしいけれども、現地従業員の一致団結で乗っ取られる寸前らしいね。

 日ごろの行いが、北京にまで伝わって恩返しされているのと違うかな?
 逆の意味でね。

 また、面白くない思い出が這い出てきましぞな。
 かつて、遠い国の中国は、福建省から出稼ぎに来ていた就学生モドキには、あきれましたね。

 大学を卒業している証明書(当然、偽物)を添付して、滞在延期手続きを取っていたけれど、その保証人になってくれと一見の私に声をかけてきたぞな。
 丁寧に断ったら、翌日我が愛車が気持ち低くなっているではないか。
 タイヤの空気を全部抜いてくれましたよ。パンクさせなかっただけでも良しとしますかね。


 明日は、今日の宇宙画像の更新を予定しています。

  1. 2006/10/15(日) 19:16:14|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

懲りずにまたも、アメリカの隠された真相を暴く惑星テラ見聞録



アメリカの動物愛護グループを悩ますロブスター風味ゴキブリ大食いコンテスト


 今日の真相画像『軟弱』版は、食欲の秋にお届けするロブスターのような味がするらしいゴキブリ大食いコンテストについてです。

 2006年10月12日、アメリカで隠された真相を暴かれる出来事がありました。
 アメリカの動物愛護グループは、北アメリカにあるテーマ・パーク運営者に対して、良識ある人間が『世界ゴキブリ大食い新記録コンテスト』を中止するように怒鳴りました。
 ニューヨークに拠点を置くテーマ・パーク運営会社シックス・フラッグ社は、ハロウィンの販売促進の一環として顧客に大食いコンテストを実施しています。
 その大食いコンテストとは、マダカスカル・シャージング・ゴキブリの生食です。食べ放題にもかかわらず、参加費は無料です。

 動物の倫理的な待遇を求めるグループは、このコンテストに対して子供たちからも大人からも、この記録破りのコンテストと全体的な販売促進に反対する声で溢れたと言いました。
 このグループの主催者は、「昆虫は、特に必要のないマーケティング戦略で、生食として好きなようにあしらわれてはならない」と話していました。

 競技会は、金曜日にイリノイ州ガーニーにある6つの旗公園でゴキブリ大食いの世界新記録を更新するために開かれています。
 記録を更新した人は、誰でも2007年のVIP待遇と年間パスを得ることになっています。
 現在の記録保持者は、ゲテモノ食いで味音痴が揃っていると噂されているイングランドのケン・エドワーズが、2001年に作った1分間で36匹のマダカスカル・シャージング・ゴキブリの生食です。
 このギネス級の記録は、4年間も破られておらず、5年目の今年に新記録の期待が寄せられています。

 シックス・フラッグ社で不満を受け付ける唯一の部署でもある広報担当者は、『このVIP待遇を得られる参加者が、当社の運営する30箇所のうち12箇所だけが登録資格を得たので、ゴキブリを食べる機会を奪われた残りの地域の人々が、不満をぶっつけているに過ぎません』と悠然と応えました。
 広報担当者は、さらに今回生食するゴキブリについては、どんな健康懸念でも退けており、ゴキブリは、殺菌した環境において増やされて、エビまたはロブスターと同じくらい安全であったし食べるために高い栄養価を持っていると胸を張りました。

 マダガスカル・シュージング・ゴキブリは、体長が3.8センチメートルから7.6センチメートルまである大きい羽の無いゴキブリです。

 広報担当者によると、この得がたく繊細さに満ちた大食いコンテストに対しては、参加者の誰も不満を言わなかったらしいです。

 広報担当者は、「この大食いコンテストを批判することは、世間知らずであり、見た目だけで怖がっているに過ぎず、べとべとした食感は、ハロウィン向きの楽しみであり、それは、幽霊屋敷を探検するときのぞっとする心地良さに続くようなものです。」と、さらに追い討ちをかけるようにして広報を締めくくりました。

 惑星テラ見聞録では、あまりの衝撃さ故に実物画像を掲載する勇断がありませんので、同じような風味らしいロブスターに多彩にご登場いただきました。

  1. 2006/10/14(土) 19:37:29|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

夜明けに向かって走るオーロラの真実が暴かれた




 今日の地球画像は、オーロラが夜明けに向かって走るのと互いの鏡像で無かったというオーロラの真実についてです。

 地球の北と南のオーロラを観察している科学者は、オーロラが以前に考えられていたように互いの鏡像では無かったということを知って驚きました。
 相違に隠れた主な原因は、太陽の外側の大気圏と地球の磁場の間の相互作用であるように見えます。
 磁気界面からオーロラに至る全体的な調査撮像(IMAGE)衛星の映像データの分析は、オーロラがどのように移動したり、地球の太陽風の中で太陽と状況に至る磁場の「傾斜」に基づいて変化するかを示しました。

 オーロラが、太陽風にどのように反応するかを知ることによって、科学者は、よりよく今後宇宙の天候による影響を決定することができます。
 NASAと複数大学の科学者による新しい発見は、オーロラが以前に考えられたよりも複雑かもしれないことを示します。
 この研究は、地球の南北半球で位置を追跡するために実施された全体オーロラの同時観察として、初めての分析になりました。

 太陽の外側の大気圏は、とても薄い帯電したガスまたは「プラスマ」です。そして、それが絶えず太陽から毎秒400キロメートルで外へ吹くので、「太陽風」として知られています。

 地球の磁場は、太陽風流れに障害を与えて、「磁気圏」として知られる拡張した涙形の泡に詰められます。
 磁気圏は、太陽風からそれを保護することにより地球を保護します。
 しかし、特定の状況の下で、太陽風からの荷電粒子は、この磁気シールドを透過することができてエネルギーを与えられます。

 これらの荷電粒子と地球の超高層大気の間の衝突は、私たちが「オーロラ」として観察する光を発します。


 夜明けに向かって走るオーロラの真実が暴かれた 今日の地球画像 2006年10月13日号の詳細ページ 


 惑星テラ見聞録 ホーム 

  1. 2006/10/14(土) 18:07:47|
  2. 地球の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

アメリカ軍は、日本海上空で核爆発放射性ガスを検出した




 ロイターやAPによると10月14日に、北朝鮮の核実験による放射能についてアメリカ政府の発言がありました。

 それによると、アメリカ諜報機関の高官が、匿名を条件として、北朝鮮の核実験地と推定される上空で、放射能を検出したと答えました。

 そして、「これが最初の検出であるけれども、これまでに仮定されていた核兵器のものによると結論できていない」と付け加えました。

― ― ―

 検出された放射性ガスの結果は、北朝鮮が主張する核実験の爆風によるものと一致するとわかりましたが、まだ、決定的な結論には至っていません。

 アメリカ政府高官は、「北朝鮮の核実験が『賭け事』で失敗であったといえる」とも述べています。しかし、続けて、「北朝鮮が、核実験をでっち上げようとしたとは思っておらず、たぶん、核の失敗であったかもしれない」とも述べています。

 アメリカ政府高官が匿名性を条件としているのは、公式発表前で非常に敏感な性質の情報であるためです。

 しかし、核爆発の後に生じる一種の放射性ガスを実験地上空で検出したことは確かであると言明しています。

 それは、今週の初めに行われた北朝鮮の核実験地を明確にする分析の一つでした。

 他の検出テスト、最初の空気サンプリングでは、核爆発の成功で予想される放射性分子の証拠を示さなかったとアメリカ政府情報当局者が言っています。

 だからといって、これらの検出結果から北朝鮮の爆風が核爆発でなかったことを必ずしも意味するものではありません。また、サンプリング結果を明らかにする権限が、この情報当局者に与えられていませんでした。

 地震波の検出分析では、既に、北朝鮮の「核実験」爆発が、予想されたものより小さいことを示しています。
 また、放射性ガスの検出結果による解釈では、北朝鮮が核実験として喧伝した規模とその「成功」に関して、不確実性を強めるようにも思われます。

 日本や韓国の空気サンプリングでも、核爆発に起因する放射性ガスの検出にいたっていませんが、規模が小さかったのと大気中で拡散し、収集しきれていないことも考えられます。
 あるいは、日本や韓国の空気サンプリング収集では、時間と場所で見当違いがあったのかもしれません。

 今回、非公式ながらもアメリカ軍が放射性ガスを検出したのは、沖縄の嘉手納空軍基地から飛び立った専門航空機WC-135でした。

 その空気サンプリングは、明らかに日本と韓国の間にある日本海上空でした。

 
 本日中に、アメリカ政府が検出した放射性ガスに関して、公式に発表するようです。

  1. 2006/10/14(土) 11:39:46|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アメリカ軍事機関様当サイトへのアクセスご用達1割突破に付き


 今日の地球画像と今日の宇宙画像の制作に方向転換します。

 これまでは、1日数件だったのですが、北朝鮮に執着してから数十件単位でアメリカ軍事機関様ご一行がお越しになっていますので、しばらくの間、今日の真相画像は、軟弱路線に変更します。

 また、当分の間、北朝鮮にも核実験で動きがありそうも無いようなので、世界制裁の状況等を風見鶏して今後の企画を考えたいと思います。

 ですから、北朝鮮の核実験に関しては、今日の日本気象庁のビンゴで総括の代わりとしたいと思います。

 なお、北朝鮮に対するアメリカ軍の攻撃計画とかは、小出しに追加していきます。

  1. 2006/10/13(金) 19:03:33|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

惑星地球生物共通の話題、同性愛はごく自然な行動?




『鳥やハチにも同性愛の可能性=ノルウェーの博物館

2006年10月13日(金)14:58 (ロイター)

 [オスロ 12日 ロイター] ノルウェーのオスロ自然史博物館では12日から、世界で初めて「生物の同性愛」をテーマにした展示が行われる。

 同博物館は「Against Nature」と題した展示会で、キリンやペンギン、オウム、クジラやカブトムシなど、数多くの動物や昆虫にみられる同性愛的行動を例に挙げ、人間の同性愛も不自然ではないと結論付けている。

 同展示会のプロジェクトリーダーはロイターに対し「同性愛的行動が確認された動物は1500種以上あり、そのうち500種の同性愛が立証されている」と語った。

 同博物館によると、この展示会は一部のキリスト教徒らから非難を受けているという。』


ということで、次の記事の国際会議でも、当然に議論噴出・・・なわけないか。


『生物多様性会議、2010年に名古屋で開催へ

 地球規模で多様な生物を守ることを目的とした国連生物多様性条約の第10回締約国会議(COP10)が、2010年、日本で初めて開かれる公算が大きくなった。

 安倍首相が12日の国会質疑で意欲を示し、若林環境相も13日、閣議後会見で「ぜひ日本で開きたい」と表明した。

 約4000人が参加する予定で、1997年の京都会議以来の大きな国際環境会議となる。日本が環境分野で先導的役割を果たすことを国際的にアピールし、国内の生物多様性への取り組みを加速させることが狙い。開催地は、誘致に名乗りを上げている名古屋市が有力だ。

 締約国は現在188か国。条約事務局の報告書によると、地球規模での資源に対する需要は、地球が資源を再生産する能力を約20%超過しており、2000年までの30年間で、川や湖の生物は半減、海や陸の生物は30%減少した。

(読売新聞) - 10月13日14時45分更新』


でも、待てよ。
人類の欲望だけで、自然界の生物が30パーセントも減少するはずがないと思うし、
う~ん、ここは、やはり、冒頭の記事を深く追う必要があるのかなぁ?

心と体の宇宙で取り上げるには、衝撃的過ぎますので、どなたか続報よろしく。


ただ今、今日の地球画像のオーロラの真実を制作中です。

惑星テラ見聞録も珠には、このような話題に興味津々になることもあります。

  1. 2006/10/13(金) 16:17:55|
  2. 今日の接写画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

惑星テラ見聞録

09 | 2006/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。