地球と宇宙の画像

NASA・ハッブル・チャンドラ・ESA等の公開している地球や宇宙画像を拡大画像のロードと共に解かり易い言葉で紹介したいと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

さらば地球よ運命背負い突撃する宇宙観船スマート


 今日の宇宙画像は、華々しい活躍で壮大に散り行く悲劇の宇宙船物語です。
 惑星テラ見聞録の超大作品につき、前編と後編でお届けいたします。
 今日は、前編の華やかな活躍と壮絶な最後をご鑑賞ください。

 宇宙の有名なテーマ曲と共にあなたの心に思い出が刻まれますように。

 さらば地球よ 旅立った船は 宇宙観船スマート
 テラを望む ルナの郷へ 運命背負い 今突撃する
 二度とここへ 帰って来れないと 手を振る人に 煙で応え
 地球を離れ ウサギの月へ イザギザ臨む 宇宙観船スマート




 月への成功した最初の欧州宇宙船SMART-1は、ほぼ16ヵ月の月の科学調査の後、現在、その探査冒険を終えようとしています。
 SMART-1は、2003年9月27日に打ち上げられて、地球周辺で螺旋を描いてから長い日々をかけて、2004年11月に月へ到達しました。
 この段階で、宇宙船は、宇宙で初めて、一連の先端技術のテストをしました。
 これらは、重力補助操縦と結合した惑星間の旅行のために、イオンエンジン(太陽の電気推進力)の最初の活用を含みました。
 宇宙船SMART-1は、また、将来の遠い宇宙通信技術、自律的な宇宙船航法を達成する技術、小型化された科学計器について、月を囲んで初めて使ってテストをしました。

 SMART-1は、最初の計画では、月を6ヶ月間周回することになっていましたが、その後にさらに1ヵ年飛行任務が延長され、いよいよ今、その生涯を壮絶な月への突撃で終えようとしています。
 宇宙船は、2006年9月3日に、強烈な突撃を敢行して英雄の最後の姿を示し、月表面に蚊が刺す痒みのような小さな小さな衝撃を与えます。

 予想される時間は、現在、不確実性ながらも、以下の通りです。

 日本時間  中央欧州夏時間  世界時
 14時41分    07時41分    05時41分
           または、
 09時36分    02時36分    00時36分

 最も期待される衝突は、日本時間で14時41分(中央欧州夏時間07時41分、世界時05時41分)で、月の南緯36.44度、西経46.25度です。
 それ以前に予想されている衝突は、日本時間で09時36分(中央欧州夏時間02時36分、世界時00時36分)で、月の南緯36.4度、西経43.5度です。

 宇宙観測船スマートは、最初の計画では、月を6ヶ月間周回することになっていましたが、その後にさらに1ヵ年飛行任務が延長され、いよいよ今、その生涯を壮絶な月への突撃で終えようとしています。


 さらば地球よ 彼の地で会おう 宇宙観船スマート
 探査の地へ 旅路は遥か イオンのエンジンは 未来の船
 別れじゃないと 心で叫び 今宵永遠の眠りへ
 地球を離れ ウサギの月へ イザギザ臨む 宇宙観船スマート


 壮大なテーマ曲で宇宙観測船スマートの記録と主題歌詞の全てを見られるのは、この地球で今日の宇宙画像の1ページだけです。

 このブログは、予告編に過ぎません。

 本日、華々しく公開した『宇宙観測船スマートの衝撃』は、あなたに感涙の秋雨を一足早く届けることでしょう。


 さらば地球よ運命背負い突撃する宇宙観船スマート 今日の宇宙画像 2006年8月31日号 詳細ページ


 惑星テラ見聞録 ホーム

スポンサーサイト
  1. 2006/08/31(木) 19:00:34|
  2. 太陽系の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

欧州宇宙軍が月への自爆攻撃を9月3日に確定す



NASAに負けじと欧州宇宙機関が、世界時で9月3日05時41分に、自爆攻撃することが確定しました。

今、ヨーロッパの覇権をかけた宇宙船が月への自爆攻撃を目指して、順調に進行しています。

攻撃予定地は、月の南半球にある直径160キロメートルあまりのクレーターです。

自爆する宇宙船は、欧州宇宙機関のSMART-1です。目的は、新宇宙エンジンのイオンエンジンのテストを兼ねて、最後に美しく働くことです。

SMART-1は、月の軌道から高解像度何千もの写真を撮って、月の地形の鉱物の地図を作りました。

ところで、SMART-1は、燃料が不足してきていて、いつか、どこかに降りなければなりません。
そこで、欧州宇宙機関は、平和目的の軍事力を行使することにしました。
突発事故が起きる前に、惑星地球の宇宙船技術を月世界人に知られてはいけないので、地球からも観測できるクレーターに突撃させることにしました。

SMART-1が、月の地面を襲うとき、閃光で爆発します。
これは、私たちが地球上で見る種類の爆発でありません。月には、火または燃焼を支える酸素がありません。
その代わりに、岩に起因する閃光が発生し、表土は影響によって熱くなります。
地球から観測するならば、突然、月の一区画が赤くなるほどです。


で、この続きは、これからNASAと欧州宇宙機関に潜入して、興味津々になりそうならば取り上げますが、お月見時間に過ぎなければ団子を食べることにします。


 惑星テラ見聞録 ホーム 

  1. 2006/08/30(水) 20:32:15|
  2. 太陽系の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

これが、シャトルも逃げ出したハリケーンだよ




この衛星画像を見るともろケネディ宇宙センターに向かっているようなハリケーンですね。

落雷には耐えられても暴風には逃げるが一番。

ということで、発射台から屋内に退避したためにアトランティスの打ち上げは、9月7日以降になりました。
今、ヨチヨチと屋内へ移動中のようですが、ハリケーン上陸前に間に合うのでしょうかねぇ?

なんか、NASAのやることは後手後手に回っているように思うこのごろです。

話を変えて、次の宇宙画像は、無念を晴らしたいだろうカイパーの住星物語です。
冥王星の惑星陥落はわかったけれど、このカイパーの住星は、まともな惑星の円軌道です。


 惑星テラ見聞録 ホーム 

  1. 2006/08/30(水) 11:35:45|
  2. 地球の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

二股をかけた壮絶な過去がある130億年前に誕生した惑星


 今日の宇宙画像は、筆舌に尽くしがたい歴史を曝す130億年前に誕生した惑星です。
 現在も、老骨に鞭打って親星の周りを律儀に二股をかけて周回しています。
 この古い惑星は、広大な宇宙から見ればホンの一歩踏み出した辺りにあります。
 しかも、同じ天の川銀河内で地球から5,600光年だけしか離れていません。
 それなのに、130億年前に誕生しているのです。
 ということは、天の川銀河もそれくらいの歳になりますね。
 ちっと、疑問がムラムラと這い出てきましたが、また、明後日の方角に飛び出しかねないので、クローゼットの隅に仕舞っておきます。
 さて、久々連チャン更新の宇宙画像ですが、しばらくは、ハッブルシリーズにします。
 今日のハッブルは、過去のNASA情報の焼き直しで加筆し画像を気持ち増加しました。



 NASAのハッブル宇宙望遠鏡は、天の川銀河で最も古いと知られている惑星の質量を正確に計測しました。

 その惑星は、惑星地球の45億年に対して、130億年と推定されていて、十二分に2倍以上も古い惑星です。
 それほど老人のような惑星の可能性があります。
 それは、若い太陽のような星の周辺で、私たちの宇宙の出生になったビッグバンから僅かに10億年ころに誕生しました。

 古代の惑星には、好ましくない荒れた近くに住むので驚くべき歴史がありました。

 この惑星は、100,000以上の星々の集団の混雑した中心で、1対の独特な燃え尽きた星々を軌道に乗って回っています。
 新しいハッブル調査結果は、10年の推測を終えて、この古代の世界の独自性について議論します。
 ハッブルの測定値を得る時まで、天文学者は、この天体の独自性を討議しました。

 それは、惑星か、それとも褐色矮星なのか?

 ハッブルの分析は、天体が木星の2.5倍の質量であることを確認し、それが惑星であることを示します。
 その存在は、ビッグバンの10億年以内という非常に初期の時代に誕生した惑星である証拠を提供し、天文学者たちに惑星が私たちの銀河で非常に豊富かもしれないと結論させます。


 私たちの太陽と地球が存在する遥か以前の昔に、木星の大きさがある惑星が、太陽のような星の回りに誕生していました。

 130億年後の今、NASAのハッブル宇宙望遠鏡は、最も遠くて最も古いと知られている惑星の質量を正確に測りました。

 古代の惑星には、生存の可能性が低い荒れた近くに巻き込まれていたので、驚くべき歴史がありました。

 この惑星は、球状星団の混雑した中心で独特な対の燃え尽きた星々を周回しています。

 新しいハッブル調査結果は、それぞれの軌道を一周するのに1世紀かかるこの古代世界の確かな本来の姿に関して、10年の推測と議論を終えます。

 この惑星は、木星の2.5倍の質量がありました。

 その本当の存在は、天文学者に惑星が宇宙で非常に豊富かもしれないと結論させて、宇宙の初期になるビッグバンの10億年以内という早い時に、最初の惑星が作られたという興味深い証拠を提供します。

 惑星は、現在、地球から5,600光年離れていて、夏の星座さそり座内の古代の球状星団M4の中心にあります。


 二股をかけた壮絶な過去がある130億年前に誕生した惑星 今日の宇宙画像 2006年8月27日号 詳細ページ


 惑星テラ見聞録 ホーム

  1. 2006/08/29(火) 16:15:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あのサンケイ新聞の記事であっても明らかな証言の重さ -1-




 歴史の記述は、真実を隠して伝えられることもあります。
 取り上げるサンケイ新聞は、ある一面に於いて私と180度立場が異なる論説が多々あります。
 しかし、この記事に関しては、内容を直視しないければなりません。
 否定もせず、思い込みの同意もせず、ただひたすら、記事を読むだけです。

 第二次世界大戦の終戦間際での沖縄県で起こった集団自決に対して、私の心の中で引っかかていた何かが解けかけていくように感じました。

 一概に良し悪しを決めることはできません。

 しかし、どちらか一方にだけ偏った考えや思い込みは、いつか振り返らないならば、無知のまま火葬場の煙になるだけです。
 無知のままでは、生きること、生きていること、生きたことを省みることもできません。
 煙で消え行く前に、せめて心の引っかかりのひとつくらいは消しておきたいものです。


 抜粋は、私の思想を恣意的に強制することになりますので、全文掲載です。

 
● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○

 第二次大戦末期(昭和20年)の沖縄戦の際、渡嘉敷島で起きた住民の集団自決について、戦後の琉球政府で軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった照屋昇雄さん(82)=那覇市=が、産経新聞の取材に応じ「遺族たちに戦傷病者戦没者遺族等援護法を適用するため、軍による命令ということにし、自分たちで書類を作った。当時、軍命令とする住民は1人もいなかった」と証言した。渡嘉敷島の集団自決は、現在も多くの歴史教科書で「強制」とされているが、信憑(しんぴょう)性が薄いとする説が有力。琉球政府の当局者が実名で証言するのは初めてで、軍命令説が覆る決定的な材料になりそうだ。
 照屋さんは、昭和20年代後半から琉球政府社会局援護課で旧軍人軍属資格審査委員会委員を務めた。当時、援護法に基づく年金や弔慰金の支給対象者を調べるため、渡嘉敷島で聞き取りを実施。この際、琉球政府関係者や渡嘉敷村村長、日本政府南方連絡事務所の担当者らで、集団自決の犠牲者らに援護法を適用する方法を検討したという。
 同法は、軍人や軍属ではない一般住民は適用外となっていたため、軍命令で行動していたことにして「準軍属」扱いとする案が浮上。村長らが、終戦時に海上挺進(ていしん)隊第3戦隊長として島にいた赤松嘉次元大尉(故人)に連絡し、「命令を出したことにしてほしい」と依頼、同意を得たという。
 照屋さんらは、赤松元大尉が住民たちに自決を命じたとする書類を作成し、日本政府の厚生省(当時)に提出。これにより集団自決の犠牲者は準軍属とみなされ、遺族や負傷者が弔慰金や年金を受け取れるようになったという。
 照屋さんは「うそをつき通してきたが、もう真実を話さなければならないと思った。赤松隊長の悪口を書かれるたびに、心が張り裂かれる思いだった」と話している。
 300人以上が亡くなった渡嘉敷島の集団自決は、昭和25年に沖縄タイムス社から発刊された沖縄戦記「鉄の暴風」などに軍命令で行われたと記されたことで知られるようになった。作家の大江健三郎さんの「沖縄ノート」(岩波書店)では、赤松元大尉が「『命令された』集団自殺をひきおこす結果をまねいたことのはっきりしている守備隊長」と書かれている。
 その後、作家の曽野綾子さんが詳細な調査やインタビューを基にした著書「ある神話の背景」(文芸春秋)で軍命令説への疑問を提示。平成17年8月には、赤松元大尉の弟らが岩波書店と大江さんを相手取り、損害賠償や書物の出版・販売の差し止め、謝罪広告の掲載を求める訴えを大阪地裁に起こしている。(豊吉広英)
                  ◇
【用語解説】渡嘉敷島の集団自決
 沖縄戦開始直後の昭和20年3月28日、渡嘉敷島に上陸した米軍から逃げた多数の住民が、島北部の山中の谷間で手榴(しゅりゅう)弾のほか、鎌(かま)、鍬(くわ)などを使い自決した。武器や刃物を持っていない者は、縄で首を絞め、肉親を殺害した後に自分も命を絶つ者が出るなど悲惨を極めた。渡嘉敷村によると、現在までに判明している集団自決の死者は315人。
【用語解説】戦傷病者戦没者遺族等援護法
 日中戦争や第二次大戦で戦死、負傷した軍人や軍属、遺族らを援護するため昭和27年4月に施行。法の目的に「国家補償の精神に基づく」と明記され、障害年金や遺族年金、弔慰金などを国が支給する。サイパン島などの南方諸島や沖縄で日本軍の命を受けて行動し、戦闘により死傷した日本人についても戦闘参加者として援護対象とされている。
                  ◇

あのサンケイ新聞の記事であっても明らかな証言の重さ -2- に続きます。
  1. 2006/08/28(月) 17:57:05|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あのサンケイ新聞の記事であっても明らかな証言の重さ -2-




≪「大尉は自ら十字架背負った」≫
 「大尉は、自ら十字架を背負ってくれた」。沖縄戦の渡嘉敷島で起きた集団自決の「軍命令」を新証言で否定した元琉球政府職員、照屋昇雄さん(82)。島民が年金や弔慰金を受け取れるようにするために名前を使われた赤松嘉次元大尉は、一部マスコミなどから残虐な指揮官というレッテルを張られてきた。照屋さんは、自分のついた「うそ」で、赤松元大尉が長年非難され続けてきたことがつらかったという。
 赤松元大尉は昭和19年9月、海上挺身隊第3戦隊の隊長として渡嘉敷島に赴任した。任務は120キロ爆雷を積んだベニヤ製特攻艇を使った米艦船への体当たり攻撃。ところが、20年3月の米軍主力部隊上陸前、作戦秘匿を理由に出撃前に特攻艇の自沈を命じられ、終戦まで島内にとどまった。
 戦傷病者戦没者遺族等援護法では、日本軍の命令での行動中に死傷した、沖縄やサイパンの一般住民は「戦闘参加者」として準軍属として扱うことになっている。厚生労働省によると、集団自決も、軍の命令なら戦闘参加者にあたるという。
 照屋さんは、本来なら渡嘉敷島で命を落とす運命だった赤松元大尉が、戦後苦しい生活を送る島民の状況に同情し、自ら十字架を背負うことを受け入れたとみている。
 こうして照屋さんらが赤松元大尉が自決を命じたとする書類を作成した結果、厚生省(当時)は32年5月、集団自決した島民を「戦闘参加者」として認定。遺族や負傷者の援護法適用が決まった。
 ただ、赤松元大尉の思いは、歴史の流れのなかで踏みにじられてきた。
 45年3月、集団自決慰霊祭出席のため渡嘉敷島に赴いた赤松元大尉は、島で抗議集会が開かれたため、慰霊祭に出席できなかった。中学の教科書ではいまだに「『集団自決』を強制されたりした人々もあった」「軍は民間人の降伏も許さず、手榴弾をくばるなどして集団的な自殺を強制した」(日本書籍)、「なかには、強制されて集団自決した人もいた」(清水書院)と記述されている。
 渡嘉敷村によると、集団自決で亡くなったと確認されているのは315人。平成5年、渡嘉敷島北部の集団自決跡地に建てられた碑には、「軍命令」とは一切刻まれていない。渡嘉敷村の関係者が議論を重ねた末の文章だという。村歴史民俗資料館には、赤松元大尉が陸軍士官学校卒業時に受け取った恩賜の銀時計も飾られている。
 同村の担当者は「命令があったかどうかは、いろいろな問題があるので、はっきりとは言えない。しかし、命令があったという人に実際に確認するとあやふやなことが多いのは事実。島民としては、『命令はなかった』というのが、本当のところではないか」と話した。
 今回の照屋さんの証言について、「沖縄集団自決冤罪(えんざい)訴訟を支援する会」の松本藤一弁護士は「虚偽の自決命令がなぜ広がったのか長らく疑問だったが、援護法申請のためであったことが明らかになった。決定的な事実だ。赤松隊長の同意については初めて聞く話なので、さらに調査したい」とコメント。昨年、匿名を条件に照屋さんから話を聞いていた自由主義史観研究会の代表、藤岡信勝拓殖大教授は「名前を明かしたら沖縄では生きていけないと口止めされていたが、今回全面的に証言することを決断されたことに感動している。また一つ歴史の真実が明らかになったことを喜びたい」と話している。
 照屋さんは、CS放送「日本文化チャンネル桜」でも同様の内容を証言。その様子は同社ホームページで視聴することができる。
                  ◇
≪「真実はっきりさせようと思った≫
 照屋昇雄さんへの一問一答は次の通り。
 --なぜ今になって当時のことを話すことにしたのか
 「今まで隠し通してきたが、もう私は年。いつ死ぬかわからない。真実をはっきりさせようと思った」
 --当時の立場は
 「琉球政府社会局援護課で旧軍人軍属資格審査委員会委員の立場にあった。以前は新聞記者をしていたが、政府関係者から『援護法ができて、軍人関係の調査を行うからこないか』と言われ審査委員になった。私は、島民にアンケートを出したり、直接聞き取り調査を行うことで、援護法の適用を受ける資格があるかどうかを調べた」
 --渡嘉敷ではどれぐらい聞き取り調査をしたのか
 「1週間ほど滞在し、100人以上から話を聞いた」
 --その中に、集団自決が軍の命令だと証言した住民はいるのか
 「1人もいなかった。これは断言する。女も男も集めて調査した」
 --ではなぜ集団自決をしたのか
 「民間人から召集して作った防衛隊の隊員には手榴(しゅりゅう)弾が渡されており、隊員が家族のところに逃げ、そこで爆発させた。隊長が(自決用の手榴弾を住民に)渡したというのもうそ。座間味島で先に集団自決があったが、それを聞いた島民は混乱していた。沖縄には、一門で同じ墓に入ろう、どうせ死ぬのなら、家族みんなで死のうという考えがあった。さらに、軍国主義のうちてしやまん、1人殺して死のう、という雰囲気があるなか、隣の島で住民全員が自決したといううわさが流れ、どうしようかというとき、自決しようという声が上がり、みんなが自決していった」
 --集団自決を軍命令とした経緯は
 「何とか援護金を取らせようと調査し、(厚生省の)援護課に社会局長もわれわれも『この島は貧困にあえいでいるから出してくれないか』と頼んだ。南方連絡事務所の人は泣きながらお願いしていた。でも厚生省が『だめだ。日本にはたくさん(自決した人が)いる』と突っぱねた。『軍隊の隊長の命令なら救うことはできるのか』と聞くと、厚生省も『いいですよ』と認めてくれた」
 --赤松元大尉の反応は
 「厚生省の課長から『赤松さんが村を救うため、十字架を背負うと言ってくれた』と言われた。喜んだ(当時の)玉井喜八村長が赤松さんに会いに行ったら『隊長命令とする命令書を作ってくれ。そしたら判を押してサインする』と言ってくれたそうだ。赤松隊長は、重い十字架を背負ってくれた」
 「私が資料を読み、もう一人の担当が『住民に告ぐ』とする自決を命令した形にする文書を作った。『死して国のためにご奉公せよ』といったようなことを書いたと思う。しかし、金を取るためにこんなことをやったなんてことが出たら大変なことになってしまう。私、もう一人の担当者、さらに玉井村長とともに『この話は墓場まで持っていこう』と誓った」
 --住民は、このことを知っていたのか
 「住民は分かっていた。だから、どんな人が来ても(真相は)絶対言わなかった」
 --あらためて、なぜ、今証言するのか
 「赤松隊長が余命3カ月となったとき、玉井村長に『私は3カ月しか命がない。だから、私が命令したという部分は訂正してくれないか』と要請があったそうだ。でも、(明らかにして)消したら、お金を受け取っている人がどうなるか分からない。赤松隊長が新聞や本に『鬼だ』などと書かれるのを見るたび『悪いことをしました』と手を合わせていた。赤松隊長の悪口を書かれるたびに、心が張り裂ける思い、胸に短刀を刺される思いだった。玉井村長も亡くなった。赤松隊長や玉井村長に安らかに眠ってもらうためには、私が言わなきゃいけない」


● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○


 今、この記事で様々な掲示板やブログが大江健三郎さんのバッシングをしています。

 すべてに反駁する必要はないでしょう。傍は、勝手気ままに書き込んでいるのですから。

 けれども、この記事を掲載したサンケイ新聞で、大江さんは謝罪や訂正でなくこの証言に対する見解を明らかにすべきだと思います。
 

 惑星テラ見聞録 ホーム 

  1. 2006/08/28(月) 17:56:12|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

NASAからの未練文 『ハニー。私、太陽系は小さくなりました。』




 あなたが木曜日の朝に起きて、世界についてあなたの周辺で何かが異なると感じたならば、あなたは、全く正しいです。

 冥王星は、もはや惑星ではありません。

 チェコ共和国プラハでその会議を終える間際の国際天文学連合は、私たちのほとんどが、私たちの太陽系の記憶で成長させた9の惑星の代わりに、8つの惑星の具体的な定義を承認することによって、宇宙について最も多く熱く討論された論題の1つを解決しました。

 NASAは、既に、それらの公式名称を持っている全ての8つの惑星、水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星を訪問しました。
 それに加えて、NASAは、冥王星へ訪問途中であるニュー・ホライズン(新地平線)宇宙船を有します。

 天文学連合は、素晴らしい天体の新しいクラスのために、また、「矮惑星」と呼ぶために元惑星の冥王星をそれらの原型に指定しました。

 NASAは、もちろん、国際天文学連合によって確立された新しいガイドラインを使います。
 NASAは、それらがどのように分類されるかを問わず、太陽系において最も科学的で面白い天体の探査を追い求め続けます。

 例えば、火星と木星間の帯で軌道に乗っている最大の既知の小惑星ケレスは、それらの面白い天体のうちの1つです。

 2007年に、NASAは飛行任務に関してドーン(夜明け、曙)宇宙船を打ち上げます。それは、天文学者が、冥王星をダシに使って設置した矮惑星カテゴリーのケレスの探査です。
 また、「ゼナ」と仮称されている矮惑星家族の2003UB313も含まれます。

 カリフォルニア工科大学のマイクブラウン博士と彼の同僚が、冥王星よりも遠い外側を軌道に乗って、さらには冥王星よりも大きい天体を発見したとこの前の夏に発表した時、多くの天文学者は、「惑星とは、とにかく正確には何か?」と、きっぱりと理解する時代が到来したと決めました。

 ここに、冥王星が弾き飛ばされた真実があります。

 国際天文学連合は、惑星と呼ばれるために、天体は3つの特徴を持たなければならないと決定しました。
 それは、太陽を軌道に乗って回らなければなりませんし、それ自身の重力がそれをほとんど球形に引き寄せるほど十分に大きくて、そして、その近くで他の天体を取り除いて完璧に軌道を支配していなければなりません。

 太陽系の天体は、それらの特徴のうちで、太陽を軌道に乗って回っていて、ほとんど丸い形を持っているという2つだけを持っていれば、矮惑星カテゴリーに認められます。
 それでも、惑星地球の月が矮惑星冥王星よりも大きくて、太陽に近くて、岩石で出来ていても、矮惑星と認められません。月は、月のままなのです。


 私たちの太陽系の改革は、動揺しているようかもしれないけれども、それは、本当に何も新しいことではありません。

 実際、ケレスが、1801年に最初に発見されたとき、それは惑星と呼ばれていました。けれども、その後にいくつかの類似した天体が発見されました。

 それでもケレスは、惑星の地位に留まっていましたが、数が増えだしたとき、天文学者は、「もうたくさんだ」と、小惑星と呼ぶ新しいカテゴリーを決定し、その中にケレスとその兄弟を降格して置きました。


 ですから、アメリカ人が発見した唯一の惑星だったはずの冥王星が、晴れて本来の立場に降格できたのも、ケレスという降格の先輩がいたればこそです。

 一時は、ケレスも含めて新しい惑星が3つ増えることになっていましたが、さらにその後に12個追加され、遠くない未来の発見で40個は追加されるだろうとなり、惑星の縮小が決定された次第です。

 たった今、遠くを周回している冥王星から惑星テラに、ニュー・ホライズン宇宙船とNASA経由で至急電が届きました。

 『惑星テラ へ。
 それでも、冥王星は軌道に乗っている』

 至極残念なのが、要の「見聞録」が欠落しているので、当サイト惑星テラ見聞録宛か不明です。
 

 NASAからの未練文 『ハニー。私、太陽系は小さくなりました。』 最近のNASA情報 2006年8月25日号 詳細ページ


 惑星テラ見聞録 ホーム

  1. 2006/08/28(月) 07:08:22|
  2. 太陽系の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

惑星地球の政治家の「異状」は、地球極性の逆転影響?

 今日の宇宙画像は、非常に複雑に絡み合っている地球の磁場です。
 しかも、地球の双極子極性が、過去に何度も逆転していました。
 これだけ磁場が込み入っている上に極性までも逆転するのですから、惑星地球の政治家にも「異状」が多いのかもしれません。
 惑星地球の全ての物質に電子があるので、穏やかな政治家が豹変するような作用も起こります。
 本題に戻って、地球磁場のシュミレーションによる予測について、過去30年の地震データで地球の内核と外核の回転差の予測が裏付けられたようです。
 まだ公表されていない最近のシュミレーションでは、非常に小さな内核回転振幅を示すことができるようです。
 地震は、表層の近くだけではなく地球核の回転振幅も影響しているのかもしれません。



地球の磁場

 なぜ、地球に磁場がありますか?
 地球の核の熱したプラスマの電気伝導率は、数千年だけでも、現在の磁場を弱めることが可能でなければなりません。
 それでも、私たちの50億才の地球は、明らかに磁石が定義済みの北を示すことができます。
 ミステリーは、まだ研究されているけれども、最近は、地球の流動する外核の運動に関連があると考えられています。
 具体的には、外核の部分が冷えて内部へ落ちて、流動性の鉄分が豊富なマグマの海が、地球の回転によって螺旋形の運動を強いられ外に上昇します。
 多くの地質学者は現在、この運動が、地球の磁気を再生していると思っています。
 このコンピューター・シミュレーションの画像は、青い線を内部への導きとし黄色の線が外へ導く状態で、2つの地球の半径で外に結果として生じている磁場線を示します。


 古代磁性物質の記録は、地球磁場が少なくとも30億年の間存在したことを示します。
 磁場領域は、地球の核の大きさと電気伝導率に基づくけれども、永久磁性を支えるには地球の核の温度が高すぎるので、それが絶えず発生していないならば、核から離れてわずか約20,000年で消滅するでしょう。
 さらに、古代磁性物質の記録は、地球磁場の双極子極性が、過去に何度も逆転したことを示します。また、およそ200,000年の反転の間の平均時に対して、個々の反転事象では数千年だけです。

 これらの観察は、絶えず地球磁場を生成する地球の内部にメカニズムがあることを示します。
 このメカニズムは、固体の内核を囲む地球の流動性外核の作用による対流性発電にあると長い間考察されていました。地球の核は、内外共に鉄を主成分としています。
 固体の内核は、ざっと、月ほどの大きさですが、太陽の表面温度の熱さです。


 惑星地球の政治家の「異状」は、地球極性の逆転影響? 今日の宇宙画像 2006年8月25日号 詳細ページ


 惑星テラ見聞録 ホーム

  1. 2006/08/27(日) 19:09:40|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スペース・シャトルを直撃した落雷の瞬間画像



 この画像は、フロリダ州ケネディ宇宙センターのスペース・シャトルを直撃した落雷の瞬間です。
 今日発表なったNASAの打ち上げ延期でも落雷の瞬間映像がありましたが、鮮明なものでないために感覚的に捉えられそうな過去のシャトルへの落雷画像を探して見ました。

 この画像のシャトルは、打ち上げ直後に劇爆したチャレンジャー号です。
 落雷の日時は、1983年8月30日午前2時32分の打ち上げ直前のころとのことです。
 この時には、シャトルに直撃しなかったということで打ち上げが続行され、9月5日に無事帰還しました。

 それから3年余り後の1986年1月28日午前11時38分00秒にチャレンジャーが空中爆発しました。それは、打ち上げから73秒後でした。

 ケネディー宇宙センターでは、発射台への落雷は珍しいことではありません。
 ただ、今日打ち上げが延期されたアトランティスには、不鮮明な映像ながらも先端に落雷があったように見えました。
 打ち上げ延期は、当然の対策といえるでしょう。


 この画像の拡大は、ここです。

 今日、シャトルを直撃した落雷の画像はここです。


 今日の地球画像 2005年9月1日号 凶暴な殺人鬼『稲妻』からの回避法は? 詳細ページ


 惑星テラ見聞録 ホーム

  1. 2006/08/27(日) 12:19:23|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

戦場で舞うエンジェルの翼に隠される惨禍



 今日の真相画像のこの雲は、どんな種類なのでしょうか?
 この雲は、自然に起こっているものではありません。
 あるいは、少し巨大なフクロウの怪物のように見えるこの雲は、アメリカ空軍ジェットが大西洋上に今年の5月に放った一連の照明弾から生じました。
 照明弾を解き放ったジェットのC-17グローブマスター3が、右上に見えています。
 照明弾は、煙を放ち、そして、結果として生じるパターンは、時々、スモーク・エンジェルとして知られています。
 このスモーク・エンジェルの円形の目は、飛行機の翼を離れて螺旋を描いている空気に起因し、それは、ウイングチップ渦として知られています。

 見た目に素晴らしい雲模様を見せるけれども、実際の戦場では、このようなスモーク・エンジェルの影で多くの人々が生死に翻弄されます。

 熱追跡ミサイルによる軍用機への増加する敵攻撃の脅威に対して、囮照明弾と呼ばれる新しい防御対抗策があり、それは、追跡システムの兵器をを混乱させます。
 囮を退けるためのこれらのミサイル計画が多様化しているので、研究者は、対策としてフリーハンズ照明弾パターンを開発しようとしています。
 彼らは、できるだけ多くの可能な照明弾パターン組合せを調べるために、何千ものコンピュータ・シミュレーションを走らせています。
 それから、彼らは戦場で最もよいものをテストします。


 話を展開して、人々のために戦争を行っているという明文は、果たしてそうなのでしょうか?

 思想信条で戦争しているというのは、単なる言い訳、屁理屈です。
 人々のための戦争とは、時の権力者の勝手な思い込みであり、思い上がりに過ぎません。

 戦争の真相は、時の権力者がその立場を維持したいがために、人々を戦渦に巻き込んでいるとなるでしょう。
 時の権力者が利害から解き放たれるならば、戦争という言葉が平和という言葉と共に古語になります。


 今日の真相画像 2006年8月23日号 戦場で舞うエンジェルの翼に隠される惨禍 詳細ページ


 惑星テラ見聞録 ホーム 

  1. 2006/08/25(金) 19:05:19|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

さらば、冥王星、太陽系惑星からの追放で、アメリカは失墜




国際天文学連合も、骨のあるところを見せるようですね。

これまで、散々物議を醸していた惑星冥王星が、ついに、とうとう、惑星の座から陥落です。

何故、これまで、惑星地球の月よりも小さいのに惑星の地位にいられたかですが、アメリカの得意な横槍恫喝によるものでした。

そして、今回も何とか冥王星を惑星に残そうとして国際天文学連合委員の有力な一部に買収まがいの宇宙望遠鏡の優先的利用権を餌にしていました。

しかし、新しい惑星の定義が、冥王星を残すがために53もの惑星の誕生につながる真相が明らかになりました。

こうなったらもうアメリカは、身の程を知らざるを得ず、ついに惑星冥王星に慙愧の思いで去らばを告げることになりました。

ということで、新しい太陽系の『惑星』は、水星、金星、われらが地球、今度侵略する予定の火星、木星、土星、天王星、海王星の8惑星だけになります。

今日の宇宙画像でも現在製作中の主題後に予定を変更して、冥王星の惑星からの追放に哀悼の意を表する企画にしたいと思っています。

ということで、戦場のエンジェルさんは、明朝にご出現いただきます。


 惑星テラ見聞録 ホーム 

  1. 2006/08/23(水) 21:21:29|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『戦場で舞うエンジェル』予告編




今日の宇宙画像の編成でサーフィンをしていたら地球の磁場に縛られ、このような画像に方向転換しだしました。

仮の呼び込みタイトルは、― 戦場で舞うエンジェル ― としました。

この画像でも垣間見せていますが、背後の煙幕が見事に変身します。

格納先を地球画像にすべきか真相画像にすべきか、どちらにしても、主題としての落ち着き先がないもので思案しています。

アメリカ空軍、海軍、海兵隊、ついでに陸軍航空隊に潜入?したのだし、壁紙としても見ごたえがありますので、お蔵入りにはしません。

出来上がりしだい深夜にでもそっと公開します。

ご案内は、宇宙画像と一緒にと予定していますので、明日の夜か明後日の朝になるかもしれません。


 惑星テラ見聞録 ホーム 

  1. 2006/08/22(火) 21:23:05|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

灼熱の間欠泉にかかる虹 イエローストーン国立公園




 今日の地球画像は、イエローストーンの間欠泉と虹の架け橋です。
 この光景は、土星の冷凍月エンケラドスに間欠泉の見本を示すと共に、太陽から遠い土星で真似のできない演出で、さりげなく惑星地球の自然を誇示しています。

 多くの神話が、イエローストーンについてあります。
 しかしながら、どれも、多数の間欠泉のそれらの恐れのためにアメリカインディアン集団が、それらの地域へめったに乗り出さなかったという概念ほど執拗ではありません。
 しかし、これは問題ではありません。
 私たちが現在、イエローストーン国立公園と呼んでいる地域は、10,000年以上もの間アメリカインディアンの郷です。
 有史以前の集団がどのように高地と山の環境を活用したか調査と理解を考古学者は、ホンの最近に始めました。
 というのも、アメリカインディアンよりも優れた文明を持っていると自負する研究者が、「発見」からしばらくの間、これらの地域が荒すぎたので、かなりの数の人々の生活を支えることができなかったと信じていました。

 有史以前の集団がどのように高地と山の環境を活用したか調査と理解を考古学者は、ホンの最近に始めました。
 というのも、アメリカインディアンよりも優れた文明を持っていると自負する研究者が、「発見」からしばらくの間、これらの地域が荒すぎたので、かなりの数の人々の生活を支えることができなかったと信じていました。

 つまり、盆地や平原で主な文化の出現と発展が起こったので、どうも、このような山地でそのような事が起こり得ないと重要視していませんでした。

 最新の考古学的な調査は、有史以前の社会の謎を一緒に継ぎ合わせるために、いろいろな分野から多くの研究者を働かせます。

 例えば、植物花粉の研究になる花粉学は、過去にその地域を占領したいろいろな植物群集と気候が、時代によってどのように変化したかを理解するために重要です。
 過去の地形の研究による地形学的特徴は、どのような気候のパターンの変化があって、地形が時代によってどのように変わったかの情報を提供します。
 過去の植物利用に関する研究の古民族植物学は、私たちに有史以前の集団がどんな植物を使用したかについての理解を供給します。

 これらの研究の結果によって、私たちは、人間とそれらの環境の非常に活動的な関係の話をつなぎ合わせ始めています。


 灼熱の間欠泉にかかる虹 イエローストーン国立公園 今日の地球画像 2006年8月20日号の詳細ページ 


 惑星テラ見聞録 ホーム 

  1. 2006/08/21(月) 17:14:50|
  2. 地球の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

牛肉を安心して食べられる会社のリスト




素直に考えて、草食動物が肉を体内に受け入れるとは思えません。
なのに、牛肉天国のアメリカ牛や狂牛病を頻発させる国産牛には、とにかく食え食え太れ肥えろとばかりに、動物の死体を食わせ続けています。
草食動物が、肉食に趣旨換えしたにしても元々の遺伝子がそう簡単に受け入れるわけがありません。
まして、骨肉相食むならば、なおさらに気がクルって当たり前です。

そんな自然の理を弁えずして、美々に舌鼓を打つならば、病魔を養うも同じでしょう。

白状すると、私も、ヨシギュウに日参するほど好きでした。
けれど、件の狂牛病騒動で、まずい豚ドンを食べてから、体が肉類に拒絶反応を強め、ひたすら魚類を体内に格納しています。

だからではないのですが、
不明朗で疑惑の宝庫の狂牛病が巣食うアメリカ産牛肉の輸入再開には、断固反対であり、それを使う会社リストを上げたら限がないので、一切使わないと宣言している会社のリストにしました。

安心して食べられるのは、国産肉じゃなくて
草食動物として、牛を尊厳しているオーストラリア、ニュージーランド産の牛肉です。

牛肉を安心して食べられる会社のリストは、

牛丼ならば、すき家。冷凍食品ならば、S&B食品。
スーパーで牛肉買うならば、ダイエー です。

今後も、入荷しだいリストに追加します。

◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎

今日公開予定の地球画像は、土星の冷凍月エンケラドスに間欠泉の見本を示す虹の架け橋を従えた惑星地球の間欠泉です。

とても多くの間欠泉があると空の雲まで間欠泉の副産物みたいに思えてしまいます。


 惑星テラ見聞録 ホーム

  1. 2006/08/21(月) 15:08:45|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

北朝鮮の核爆弾実験について




ついに、北朝鮮が核爆弾の地下実験を開始するとアメリカのABCニュースが伝えていますが、世界の軍事情報分析サイトでは、まだ速報もしていませんので、未確定の要素がたぶんにあります。

ABCニュースの情報源が、これまでにいくつもミソを付けているアメリカ情報部門ですので、眉に垂れるほどの唾をつけて読む必要があるでしょう。

これから、情報収集に当たりますが、我がサイトも東スポ以上にガセを隠して報じることがあるかもしれません。

しかし、今日公開した宇宙画像に関しては、「優秀」な天文学者の集まりによるものです。新しい惑星が、3つ追加されることは確定と思ってよいでしょう。

なお、公開案内で付け足すのを忘れていましたが、新しく追加される3つの惑星さんの尊顔を拝したい方は、本ページにお寄り願います。
神社仏閣ではありませんので、拝顔に当たり心付は不要でございます。

  1. 2006/08/18(金) 17:16:34|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ついに認知された太陽の隠し子たち。月よりも小さい惑星も誕生。


 今日の宇宙画像は、新しい太陽系の惑星一覧です。
 小惑星が、晴れて惑星に昇格することができました。
 いわば、太陽の隠し子たちが「認知」されたとなります。
 しかし、産みの親育ての親は、もともと子「惑星」として扶養していたのですから、認知したのは、三番目の子惑星の知的生命の勝手な決め事です。
 至極単純明快な定義の決定に2年も費やするとは、三番目の子惑星の知的生命は、よほど暇なのか低脳なのか、開いた口が開きっぱなしになります。
 こんな知性だから、似非宗教にどっぷりと浸かってしまうのでしょう。
 親星太陽が、この画像のような形相をしたくなる気持ちが痛いほどわかります。
 子は、親を超えられないというのが、宇宙の真理になるのかもしれません。



「惑星」と「プルトン」のIAU定義草案

 世界の天文学者は、国際天文学連合(IAU)の後援で、2年の「惑星」とより小さい「太陽系天体」(例えば彗星と小惑星)の違いを定める仕事を終えました。
 2006年8月14日から25日までプラハで開催されるIAU総会で定義が承認されるならば、私たちの太陽系は、12の惑星かそれ以上の惑星を含むことになります。
 新しい太陽系は、優位を占める8つの古典的な惑星システムの他に拡張される新しいカテゴリー(部門、区分)の冥王星のような天体の「プルトン」に、ケレスと3つの惑星が加わることになります。
 冥王星は、惑星のままで、「プルトン」の新しいカテゴリーに関する原型になります。

 地上と宇宙での強力な新しい望遠鏡の出現で、惑星の天文学は、ここ10年に渡って刺激的な発展を経験しました。
 何千年もの間、恒星を背景とする空を移動する惑星に関しては、ほとんど知られていませんでした。
 実際、「惑星(planet)」という言葉は、「放浪者(wanderer)」に対するギリシア語に由来します。
 しかし、今日、私たちの太陽系外の領域で新しく発見された大きい天体のホストは、「惑星」についての私たちの歴史的な基礎定義に挑戦を提示します。

 一見して、人は、惑星が何であるかについての定義が、大きくて丸い天体のことといとも簡単に思うでしょうし、実際にそうです。
 しかし、それと同時に人は、「下限は、どこになるのか?」と尋ねることもできます。
 その時、答えに窮します。

 小惑星が、惑星になるには、どれほど大きくてどのような球体であるべきなのでしょうか?
 それだけでなく、惑星の「上限」はどこになるのでしょうか?
 例えば、褐色矮星や恒星に相応しいと分類されない惑星は、どれくらい大きくあり得るのでしょうか?

 現代の科学は、太陽を軌道に乗って回っている天体が、恒星の背景に対して移動するように見えるという単純な事実よりも、むしろ非常により多くの知識を提供します。
 例えば、最近では、私たちの太陽系の外の範囲で、冥王星よりも大きい天体の新しい発見につながりました。
 これらの発見は、それらを新しい『惑星』と考えるべきなのか、あるいは『小惑星』のままにすべきなのかという問題を、当然に呼び起こしました。

 国際天文学連合の新しい「惑星」の定義は、以下に集約できます。

 惑星とは、
 (a)その自身重力に対して打ち勝つ固体物体の力に対して十分な質量を持つ流体静力学的平衡として、ほとんど丸い形とみなせるような天体でかつ、
 (b)恒星の周りを回る天体で、恒星でも、また衛星でもない天体 となります。

 惑星の新しい定義のための科学的方式を見つけるゴールとして、重力を決定する要因が選択されました。

 しかし、自然が、その天体が惑星であるかどうかを決めるのです。
 惑星地球の知的生命ではありません。「言葉遊び」からは、宇宙の塵一粒さえ誕生させられないのです。


 ついに認知された太陽の隠し子たち。月よりも小さい惑星も誕生。 今日の宇宙画像 2006年8月18日号 詳細ページ


 惑星テラ見聞録 ホーム

  1. 2006/08/18(金) 15:49:34|
  2. 宇宙論関係の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

華麗に美人薄命を全身で証明する微かな木星のリング


 今日の宇宙画像は、惑星地球の麗人佳人美人が、全身で理解できそうな薄命の木星リンクです。
 木星のリングの存在は、たぶん鮮明な望遠鏡も無かった古代の人々にも知られていました。
 いつのどこのって聞かれても、八百長ボクシングチャンピオンのようにしか答えられません。
 けれども、今日取り上げた木星のリングに関しては、その観測データから、天地がひっくり返らない信憑性を伝えることができます。
 古来より伝わる伝説、美人薄命は、やはり真実のようでした。
 惑星地球のタバコの煙分子ほどの大きさしかない木星のリング粒子ですが、『美人』『麗人』『佳人』が面白いほどに集まると、誘惑の尽きない魅力をもたらします。
 しかし、その粒子の命は、短くて、惑星地球の知的生命寿命とほぼ同じとわかりました。
 次の日本国首相も、薄命、短命なればこそ後世に名を残せるかもしれません。



木星のリング

 木星の微かなリング組織が、このカラー複合で木星のリムに向かって左から突き出ている2本の明るいオレンジ線として明らかにされます。
 この写真は、木星の影に関してオレンジとバイオレット・フィルタを通して撮りました。
 木星の明るいリムの多彩な姿は、これらの長い露出における宇宙船移動の証拠です。
 この時、ボイジャー2号宇宙船は、リングの平面よりおよそ2度下で、1,450,000キロメートルの距離範囲にありました。
 下のリング像が、リング上の木星の影によって短く切られました。

 木星のリングは、ボイジャー1号宇宙船で特に微かなリング組織を捜すことを目標にした一つの像ではっきりと確認できました。
 その後、ボイジャー2号宇宙船では、姿のより全体の集合を得るために再プログラムされました。
 木星のリングは、現在、3つの主な構成要素から成ることを知られています。

 主要なリングは、幅がおよそ7,000キロメートルで惑星の中心からおよそ129,130キロメートルで急な外の境界線があります。
 主要なリングは、2つの小さい月、アドラステアとメティスの軌道を含んでいて、それは大部分のリングを作る塵として源の働きをするかもしれません。

 その内部の端で、主要なリングは、徐々に光の輪になります。
 光の輪は、厚さおよそ20,000キロメートルの物質の幅広い微かな円環体で、主要なリングから途中で惑星の雲頂点に及んでいます。


 華麗に美人薄命を全身で証明する微かな木星のリング 今日の宇宙画像 2006年8月16日号 詳細ページ


 惑星テラ見聞録 ホーム

  1. 2006/08/17(木) 23:24:57|
  2. 太陽系の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

亀田、あきらめの悪いチャンピオンが絶対に出来ない言動




 鼻っ垂れのガキには無い、大人の姿を示したのは、やはり、全うに戦って世界チャンピオンを獲得したボクサーでしたね。
 たとえ初防衛ならずとも、防衛戦を行ったことは、正真正銘の世界チャンピオンの証明です。
 イカサマ・八百長・買収と恐喝で奈落の底に落ちかけている偽装チャンピオンには、絶対に百回戦っても千回戦っても身につけることが出来ない言動です。
 
 越本さん。
 あなたならば、間違いなく人格の優れた世界チャンピオンを育てることが出来ます。
 暴力団と癒着しているという転がる金平ボクシングにテン・カウントを効かせましょう。

 表立って応援します。

● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○

初防衛ならず、元世界王者・越本隆志さんがジム会長に

 元世界王者の越本がジム会長に 世界ボクシング評議会(WBC)フェザー級前王者で、7月の初防衛戦に敗れて引退した越本隆志さん(35)は17日、所属する「Fukuoka・Boxing・Gym」(福岡県福津市)の会長職を、父の英武さん(63)から引き継いだと発表した。
 越本さんは「世界王者を育てるのが夢。指導者として一歩ずつ歩みたい」と抱負を語った。

2006年 8月17日 (木) 読売オンライン

● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○

<プロボクシング:WBC世界フェザー級タイトルマッチ12回戦>◇30日◇マリンメッセ福岡◇4000人

 父子の挑戦が、終わった。王者の越本隆志(35=Fukuoka)が7回2分49秒TKO負けで、初防衛に失敗した。今年1月に日本人最年長で手にした世界王座を懸け、同級14位ルディ・ロペス(22=メキシコ)と対戦。最後は担架で運ばれる完敗だった。越本は試合後、引退を表明。ジム会長から退くことを明らかにした父英武会長(63)の後を受け、新たなスタートを切る。越本の戦績は39勝(17KO)2敗2分け、ロペスは19勝(13KO)2敗となった。

 リングに横たわった越本の耳に、現役最後のゴングが響いた。日本人最年長世界王者のボクサー人生が、終わった。担架で運び込まれた医務室でまず父に、そして控室で決断を口にした。「本日をもってプロボクサー越本隆志は引退します」。父英武会長の「お疲れさん。長い間頑張った。ありがとう」という言葉と拍手が、右目を腫らした敗者を温かく包んだ。

 35歳6カ月。右肩腱(けん)板の断裂、年齢と闘い続けたが力尽きた。13歳年下の挑戦者の左フックを腹に受け、2回からリズムが狂った。「ペースを取り返せる自信がなかった。思った以上に相手を打てなかった」。防戦一方となった7回。左フックとアッパーで追い込んでくる相手の勢いに、記憶が薄れた。TKO負け。ひざから崩れ落ちた。

 悔いはない。00年の世界初挑戦は失敗。引退もささやかれた。「離れていく人が多い中、支援してくれる人に応えたかった」。興行が難しい地方のハンディを背負った父と追いかけた夢を今年1月、35歳でかなえた。「自分は名チャンピオンでなく、あきらめの悪いボクサーだった」。0円ファイトで王座を獲得した後、ファンの寄付で300万円の「ファイトマネー」を手にした。越本の姿が人々の共感を呼んだ証しだった。

 今後もこの世界で生きる。父英武会長が「自分もけりをつけようと思う」と会長の座を譲ると表明。「オヤジがつくったジムを継ぐ。現役時代に培った経験を無駄にせず、また一から歩みだしたい。14年間やってきたことを誇りに思って、今後の人生を生きて行く」。再び地方ジムから世界王者を-。陰で支えてくれる父とともに、次なる夢に挑戦する。

(日刊スポーツ) 2006年 7月31日 (月)

● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○

 こういう記事を読めるだけの教養はあるのでしょうかねぇ?

 親子共々・・・

 ◎  ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎

 今夜あるいは明日公開予定の宇宙画像は、見えなかったリングがはっきり見えた話題です。


 惑星テラ見聞録 ホーム

  1. 2006/08/17(木) 20:11:24|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

安倍ちゃんのキンシン相関図付きと21世紀の防衛召集令状は、青紙に決定?の話題

 憲法を思い通りに改悪できるほど国会を占拠している自民党と公明党は、21世紀の防衛兵の招集に青紙封筒を採用した。
 防衛施設庁の談合予算が余っているためか中身は、白い紙に豊富な多色刷りである。
 奇特なことに反戦の立場からこの記事を報じた琉球新報の題字も青だった。

 警察の捜査にさえ個人情報保護法を楯に住民台帳閲覧などを拒否する地方自治体が、何の抵抗もなく腰巾着で防衛庁と手を固く結んでいる。
 すでに、防衛庁の国防省への格上げが決定したも同然だ。
 北朝鮮を影で支援しているらしい安倍のボンクラが首相になる記念の第一弾が、古い20世紀の赤紙にサラバする青紙召集令状の事前採用である。
 どの国会議員よりも声高に真っ先に拉致問題に首を突っ込み、率先してミーハー首相のコイズミを北朝鮮旅行に誘うだけのことはあるわけだ。
 秘書も立ち入れない密室で強姦大好き民族とどんな取引をしたことやら・・・

 と、確定的な確信ハンとしてセンセーショナルを誇大ブログで叫んでみました。

 真相は、以下の記事をご覧ください。



 ● ○  ● ○  ● ○  ● ○  ● ○  ● ○

自衛隊勧誘のダイレクトメールに保護者ら困惑

 住民基本台帳の閲覧制度を利用して自衛隊が毎年、卒業予定の高校生らに送っているダイレクトメールに、保護者らから苦情が出ている。住民基本台帳の閲覧制度は、個人情報の保護意識や営利目的での利用に対する批判が高まったことを受け、原則公開から原則非公開とする住民基本台帳法の政府改正案が国会に提出されており、専門家からは「今の流れに反する」との指摘もある。
 住民基本台帳法の現行法(第11条)では市町村長に対して「何人でも」閲覧請求することができ、企業などがダイレクトメールを送るために閲覧制度を利用することも可能だ。
 政府改正案は台帳を閲覧できるのは国と自治体の事務のほか、統計調査など公益性が高い場合や、公的団体による住民福祉のための活動で、市町村長が認める場合に限られ、自衛官の募集業務を「国と自治体の事務」に含めるかについて議論も予想される。
 那覇市は自衛隊からの住民票閲覧申請を受け「案内を送ることは違法ではない」として4月中旬、那覇市内に住む1988年4月1日から89年4月1日までに生まれた約2000人分の氏名や住所、性別などが記載された住民基本台帳の閲覧を許可した。
 しかし、那覇市情報公開・個人情報保護審査会の会長として住民基本台帳ネットワーク問題にも携わった永吉盛元弁護士は「自衛隊としては公務員を採用することだからいいと考えているだろうが、(採用活動は)個人のプライバシーを侵している」と指摘する。
 自衛官の採用活動を行う防衛庁自衛隊沖縄地方協力本部によると、来春卒業予定の高校生に対するダイレクトメールの送付は毎年、企業などによる採用活動の解禁日となっている7月1日から実施している。スーツ姿の広報官が住民基本台帳から割り出した高校生らの自宅を一軒一軒回り、本人に手渡したり、ポストに入れるなどしており、発送件数は「年によって異なるが、1万件を超えることもある」(同協力本部)。
 那覇市内の県立高校に通う息子に、ダイレクトメールが届いたという40代の母親は「息子は資料請求もしていないのに自衛隊からのダイレクトメールが届き、赤紙が来たみたいだと話していた。親としても不愉快だ」とまゆをひそめた。
 同協力本部によると、ダイレクトメール送付に対する苦情は全国的にあり、県内では7月は3件あったという。

(琉球新報) - 8月15日

 ● ○  ● ○  ● ○  ● ○  ● ○  ● ○

 お盆と終戦記念日に相応しい記事の紹介でした。

  1. 2006/08/15(火) 22:23:44|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

魅惑の光景に隠されている脅威の本質とオーロラギャラリー




 今日の地球画像は、オーロラの本質が現れているともいえます。
 とても素晴らしい光景を見せてくれる一方で、それは、惑星を容赦なく襲い地球生命の脅威にも繋がっています。
 地球磁場線は、磁気圏または磁気鞘から地球大気圏まで精力的な電子と陽子を誘導することができます。
 降下粒子は、中性粒子との衝突を経たそれらのエネルギーを放って、電離層を作る時に、およそ同じ高度範囲で太陽の紫外線放射によりそれらをイオン化します。
 それに加えて、大気の構成要素のいくつかが、より高エネルギー・レベルに励磁し、これが、オーロラの光の放射に至ります。
 この活動のほとんどは、太陽で整列する弧と低緯度オーロラの主要な例外を除いて、オーロラの卵形の範囲内で起こります。
 オーロラ出現は、多くの場合に、離散、放散、投下で分類されます。
 その他に、夜側オーロラが磁気圏尾の活力を映す一方、昼側の投下は、非常に直接の太陽風要因と関連があります。

 
 8月15日。終戦記念日。

 日本では、明治維新以降20世紀の第2次世界大戦まで、多くの人々が戦火に散りました。
 そのうち、兵士として戦死した人々が、靖国神社で『守護神』に祀り上げられています。
 戦火に散った人々は、いわば天皇家『現人神』の犠牲者です。

 その犠牲者に天皇家『現人神』が頭を垂れに行かなくなって久しい時が過ぎました。
 考えてみれば、『現人神』が平民の『成上り神』に頭を垂れることなどあり得ません。

 ですから代わりに、平民で意固地なミーハー首相のコイズミが苦虫を噛み潰した形相で一拍しました。
 平民の『成上り神』に二拍も三拍も、二礼も三礼もするならば、天皇家『現人神』に対して無礼この上ないことになるのです。
 礼節をわきまえたつもりなのかもしれませんが、傍目には、これまで同様のパフォーマンス、格好だけをつけているとしか映りません。
 
 それ故に、独裁覇権侵略国家中国と北朝鮮の手下地域の韓国が、これ幸いと諸手を挙げて騒ぎ立てます。
 地域社会の礼節が見ん事に欠けた下世話の好きな国民性が、如実に現れているのかもしれません。

 ところで、いつの世も『神』という美名で残忍極まりない殺戮を繰り返すのは、何故でしょうか。

 答えは、その教えにあると共に『神』は、人間の生け贄を欲しているとなります。
 血の滴れる肉をこの上なく貪るのです。
 
 如実に現れているのが、似非宗教の東西横綱であるユダヤ教とイスラム教です。ですから、この似非宗教は本当の兄弟でありながら互いの存在を尊重するどころか、正に骨肉食んでいるのです。
 似非『神』の遺産相続争いをしているに過ぎません。
 それだけでもまだ血の滴れる肉の生け贄が足りないので、他の似非宗教をも巻き込んでいます。
 
 全ての神は、オーロラのように華麗な施しで人心を選別します。
 オーロラも創造した神は、凶暴な本質をその華麗さに隠すことなど朝飯前なのです。
 似非『神』など足元にも及ばない凶暴さであり、形だけの祈りなど聞く耳を持っていません。
 美麗な建前の祈りなどは、神に糞を召し上がるように献上していることになるのです。

 森羅万象全てに、表裏があり、陰陽があります。
 似非『神』の美辞麗句で愁眉を開くよりも、事象の本質を見極め悟れるようにしたいものです。
 
 取り止め無く且つ締まりの無い文節、それが惑星テラ見聞録の隠せない本質です。

 今日の地球画像ページは、拙い文節を隠すために魅惑的なオーロラのギャラリーにしました。


 魅惑の光景に隠されている脅威の本質とオーロラギャラリー 今日の地球画像 2006年8月15日号の詳細ページ 


 惑星テラ見聞録 ホーム 

  1. 2006/08/15(火) 19:42:14|
  2. 地球の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

氷の温泉は、暖かい?それともやはり冷たい?


 今日の宇宙画像は、真夏に相応しい?話題として氷火山の間欠泉です。
 宇宙全体、それほど広範囲でなくとも天の川銀河でも狭い範囲にある太陽系の小さな月に氷の火山がありました。
 惑星地球の常識として、火山は灼熱であり水は沸騰して蒸気に変換されます。
 ところが、氷の火山では、氷を流動水に近く解凍し、間欠泉として噴火していました。
 噴火物は、親惑星を取り巻く広大なリングになって宇宙を漂っています。
 この氷の火山が水を噴火させているところは、土星の月エンケラドスです。
 火山噴火のあるところには、温泉があります。
 ですから、このエンケラドスにも暖かい温泉があるかもしれません。
 暖かいといっても周囲が零下200度の氷の世界ですから摂氏0度の暖かさです。
 身も心も凍り付いている人でも、このエンケラドス温泉で水を滴らせるまで温まることができるでしょう。
 


 この衝撃的な土星の眺望は、アーティストの異国世界における火山の展望の一連のひとつで、土星の内側の月エンケラドスで氷に覆われた間欠泉が、狭い裂け目に沿って噴火します。
 荘厳な柱状噴出が、昨年、明るく光るエンケラドスとの近い遭遇の間に、カッシーニ宇宙船に搭載してある計器で実際に発見されました。
 研究者は、現在、柱状噴出が、遠い月の表面温度73K(摂氏マイナス200度)に比べるととても熱い温度の273K(摂氏0度)に近くて、表面に近い流動水の窪み溜から生じていると思っています。
 直径500キロメートルの小さなエンケラドスが、驚くほど活動的であるという劇的なサインを見せたことによって、これらの氷火山が、惑星地球を超えた向こうの世界に水と生命の起源の捜索で、もう一つの潜在的な場所があることを抱かせます。
 また、エンケラドスの氷火山は、土星の微かなれども広いEリングを作り出している見込みがあります。


 氷の世界の土星の月エンケラドスは、異常に暖かい活発な南極で、惑星との間で珍しい特徴を果たしたかもしれません。
 新しい調査は、エンケラドスが文字通り寝返りを打ったことを示して、月の最も熱い箇所が南極である理由を説明します。
 カッシーニ宇宙船が、氷のジェットと柱状噴出が小さい月の南極の地域から噴出する活発な間欠泉を観測したので、エンケラドスは、最近、科学者の注目を略奪しました。
 それが、そこで起こらなかったならば、科学者たちが説明を試みる謎解きは、どうして熱い場所が極で終わっているのかについてでした。
 研究者は、月の新しい方向づけが、エンケラドス内から表面まで上がっている暖かい低密度物質によって動かされたと提案します。
 類似した作用が、天王星の月ミランダに起こったかもしれません。


 氷の温泉は、暖かい?それともやはり冷たい? 今日の宇宙画像 2006年8月10日号 詳細ページ


 惑星テラ見聞録 ホーム

  1. 2006/08/15(火) 12:04:46|
  2. 太陽系の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

どんな時代でも、花は咲く。誰にでも、その時は来る。




 競馬で勝ち馬投票する私たちは、少なからずも何がしかのあるいは濡れ手に泡の儲けを期待します。

 しかし、駿馬たちは、損得の勘定もなくただ一途にゴールを目指して走るだけです。

 馬主、騎手、調教師たちは、高額の賞金や引退後の馬の価値を高めたいと願っています。けれども、競馬はレースの結果から得られるものが全てではありません。

 また、駿馬サラブレッドは、ライバルに勝利するため懸命に走りますが、ガラスの脚と形容されるほど、常に、怪我の恐怖とも戦ってコースを走っています。

 この駿馬の魅力では、レースの勝ち負けの予想をするのではなく、ただ一途に魅了する駿馬の映像を鑑賞します。

 駿馬の走りには、ドラマが、華麗さが、そして、時には、悲壮感も漂います。

 そのどれもが、駿馬の魅力です。


 どんな時代でも、花は咲く

 ここにいるのは、笑うため
 耐えてきたのは、今日のため
 汗は、輝くため
 涙は、強くなるため

 運命を、変えられるか
 歴史を、変えられるか

 誰にでも、その時は来る

 華やかに、デビューしよう
 群れを、飛び出せ
 興奮を、スピードに
 歓声を、追い風に
 生まれ変わる時は来る

 競馬が教えてくれたこと

 未来は、自分の中にある


12種類の壁紙、5種類の携帯待ち受け画面 そして、デビューのページでは、43枚の駿馬デビューの名場面があなたとの出会いを首を長くして待っています。


 駿馬の魅力・インデックス 詳細ページ 


 惑星テラ見聞録 ホーム 

  1. 2006/08/14(月) 17:15:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

強姦教祖『摂理』に貢いだ会社はここだ?

 


『摂理』検索で当サイトを訪問される方が多くなりましたが、惑星テラ見聞録は、宇宙の摂理について考察しているものであり、強姦集団の偽宗教「摂理」の摂理については、考察していません。

参考までに摂理とは、キリスト教で最終的に人を善へ導く、神の意志のことですが、当サイトで使用している摂理は、最終的に惑星地球人に宇宙の素晴らしい映像を紹介し、宇宙の大海で砂の一粒にも満たない星での共食い争いは、太陽系だけから見ても無能無知の晒しではないだろうかと提言するものであり、宗教のように人心に不安を与えて金を巻き上げることはしないという意志で使っています。

というか、摂理という言葉を安易に用いた私は、顔面真っ赤になってこのお知らせのキーを打って、辻褄合わせに悪戦苦闘しています。

真理を用いすぎたので似たような語感から摂理を使いました。これからは、変換を十分に吟味し確定し用いたいと思います。

そこでお詫びで心ばかりの真相をお届けいたします。

マスコミ報道で強姦の共犯をした会社を伏せていますので、各種情報から突き止めた会社名を曝します。

その会社とは、東京証券取引所第二部市場に上場している会社で、証券コード7831、銘柄名がウィルC、正式社名は株式会社ウィル・コーポレーションです。
大マスコミの報道によるとこの会社の代表取締役社長 若林和芳が強姦宗教摂理の韓国人の女幹部と共謀して、強姦魔に女性を貢がせていました。

所在地、924-0051 石川県白山市福留町370
電話番号 076-277-9811
えげつないかもしれないホームページのアドレス http://wWw.well-corp.com

分割前の株価 高値740円 安値616円 公開時721円
2006年8月11日午後3時00分現在の株価223円

2分割したので、理論株価は、高値ならば370円、安値でも308円。なのに、ここまで下落しているのは、業績不振ばかりでなく、強姦宗教摂理との関連が、市場で流れていた模様。

既にこの会社では、社長の逮捕を覚悟した模様で、社長の妻を代表権の無い副社長から急遽代表取締役に追加選任したとマイナーなマスコミでは報道している。

普通の上場会社では、期中での代表取締役の増員は無い。増員しなければならないほど業務多忙を業績では反映していないので、マイナーなマスコミも珠にはましな報道をするようですなぁ。

考えられるのは、ライブドアのホリエモンのように小菅の個室の中から代表権の変更手続きを取るよりも、事前に増員しておくことで対外的なダメージを抑えようとしているのかもしれませんね。

会社は社長が潰すという摂理もありますね。この会社も当てはまるかなぁ?

ここしばらくは、この銘柄は続落するので、あわてて買うのはいかがなものかと思う。
私の買い目標値は、24円。まっ、1株利益以下にはならないでしょうからね。

でも、資金を投入するとは限らない。強姦魔じゃないからね、入れるにしても慎重を期さねば。退場前のゲームならいいかな。

追伸。

今夜公開を予定して制作を進めている宇宙画像ページは、身も心も凍える内容です。
それ故に、解凍しながら作っていますので、再凍結もあるかも知れませんねぇ。


 惑星テラ見聞録 ホーム 


  1. 2006/08/12(土) 18:08:43|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

洗練された首相の挨拶と素直な気持ちの小学生の命に対する姿勢の比較




○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ●

広島「原爆の日」の首相式典挨拶

今から61年前の今日、原子爆弾の投下により、十数万ともいわれる尊い命が一瞬にして失われ、この広島の地は廃虚と化しました。本日、広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式に当たり、原子爆弾の犠牲となられた方々の御霊に対し、謹んで哀悼の誠を捧げます。また、今なお被爆の後遺症に苦しんでいる方々に、心からお見舞い申し上げます。

政府は、被爆者の方々に対して、これまで保健、医療及び福祉にわたる総合的な援護施策を充実させてきました。昨年秋からは、在外の被爆者の方々が我が国の在外公館を通じて手当の申請ができるよう制度改正を行ったところです。今後とも、被爆者の方々の実情を踏まえた諸施策を誠心誠意推進してまいります。

広島は、焦土から立ち上がり、国際平和文化都市として、大きく成長しています。今日まで、広島の復興と発展に尽力された多くの皆様に心から敬意を表します。

私は内閣総理大臣として、平成13年以来過去5回ずつ、広島と長崎の両方の犠牲者に対する慰霊・平和祈念式典に参列してまいりました。我が国は人類史上唯一の被爆国として、その経験を国際社会に語り継いでいく責任があります。広島、長崎の悲劇は、いずこにおいても再び繰り返されてはならないとの決意の下、我が国は、戦後61年の間、不戦の誓いを体現し実行してきました。

私は、ここ広島において、本日の式典に臨み、犠牲者の御霊と広島市民の皆様の前で、今後とも、憲法の平和条項を順守し、非核三原則を堅持し、核兵器の廃絶と恒久平和の実現に向けて、国際社会の先頭に立ち続けることを改めてお誓い申し上げます。

終わりに、犠牲となった方々の御冥福と、被爆者並びに御遺族の今後の御多幸、そして広島市の一層の発展をお祈り申し上げます。

平成18年8月6日 内閣総理大臣 小泉純一郎


○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ●

「こども代表・平和への誓い」

昭和20年8月6日、午前8時15分。一瞬にして広島の街は何もかも破壊されました。原子爆弾は、高温と爆風で人々をおそい、さらに死の放射能で街を汚染していきました。そして、その年の終わりまでに約14万人もの命が失われました。14万の夢や希望、未来が奪われ、数え切れないほどの悲しみが生まれたのです。

平成17年11月22日。私たちの身近なところで、とても悲しい、辛い事件が起きました。その事件によって、私たちが当たり前だと思っていた日常は壊れてしまいました。好きな友だちとおしゃべりしながら登下校したり、一人で外へ出ることもできなくなりました。そして、私たちは事件を通して、一つの命の重みを知りました。

この時奪われた命も、原子爆弾や戦争で奪われた多くの命も同じ命です。一つの命について考えることは、多くの命について考えることにつながります。命は自分のものだけでなく、家族のものであり、その人を必要としている人のものでもあるのです。

「平和」とは一体何でしょうか。

争いや戦争がないこと。いじめや暴力、犯罪、貧困、飢餓がないこと。
安心して学校へ行くこと、勉強すること、遊ぶこと、食べること。
今、私たちが当たり前のように過ごしているこうした日常も「平和」なのです。

世界中のどこの国も「平和」であるために、今必要なことは、自分の考えを伝えること、相手の考えを受け入れること、つまりお互いの心を開くことです。人間は言葉をもっています。心を開けば対話も生まれ、対話があれば争いも起きないはずです。

そして、自分だけでなく他の人のことを思いやること、みんなと仲良くすることも「平和」のためにできることです。

私たちはこれまで、祖父母や被爆者の方から体験を聞いたり、「平和」について学習したりする中で、原爆や戦争のことについて学んできました。しかし、まだまだ知らないことがたくさんあります。これからもヒロシマで起きた事実に学び、それを伝えていかなければなりません。

私たちは、命を大切にし、精いっぱい生きることを誓います。

私たちヒロシマのこどもは世界中の国々や人々との間の架け橋となり、「平和」の扉を開くために一歩一歩、歩み続けていくことを誓います。

平成18年8月6日

こども代表 

広島市立南観音小学校6年 新谷望

広島市立楽々園小学校6年 スミス・アンジェリア


○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ●

あなたには、どちらの言葉が届きましたか?

  1. 2006/08/10(木) 09:42:35|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

乙女マリア台風の置き土産で宇宙人面が出現?



 雲を観察すると地理的条件により特別な眺めになります。
 この宇宙人の顔をしていそうな雲は、2001年11月に多角度イメージング分光放射計(MISR)による映像データから作られました。
 このような不思議な雲は、複数の雲種類の関係を例示します。
 通常、雲は、その雲を地上からの観測でどのように現れたかそしてそれらの気象条件から巻雲、積雲、層雲などで表現されます。
 しかし、衛星を観測土台とするならば数十キロメートルから数百キロメートルに及ぶ範囲で生ずる空一面の雲構造を、地上の観察者より非常に容易に見ることができるので、宇宙から見た時に雲は、非常に異なっているように見えます。
 この画像は、太平洋東部熱帯地域上空325キロメートル×380キロメートルの範囲の雲を示しています。


 拡大画像 


 惑星テラ見聞録 ホーム 

  1. 2006/08/09(水) 16:21:09|
  2. 地球の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

金星の花の乙女台風に熱く燃える日本列島



 今日の地球画像は、台風7号の最前線日本列島です。
 この画像で見られる色は、空中の温度を示しています。赤やオレンジ色が暖かい範囲を示している一方で、紫や青が冷たい範囲を示しています。
 台風が、北上しながら南方の暖かい空気を運んでいることをはっきりと見ることができます。
 今日のページで取り上げた日本列島に接近している台風17号の各種画像は、2006年8月8日午前11時現在のデータから構成されました。
 金星の花の乙女という今日のタイトルは、3つの台風の名前を組み合わせています。
 台風7号のマリアが乙女で、台風8号のサオマイはベトナム語で金星を意味し、台風9号のボーファはカンボジア語で花を意味しています。
 語呂合わせは、日本列島から遠い順になっています。
 日本周辺の暖かさは、乙女の熱い心なのか金星大気圏の疑似体験なのか、定かではありません。
 断言できることは、台風一過で酷暑の夏が日本列島を覆うことです。


 3つの異なる台風が、西太平洋上で2006年8月7日に回っていた時、NASAのアクア衛星に搭載してある中間分解能イメージング分光放射計(MODIS)が、この映像データを得ました。
 三つの台風で最も強いサオマイは、西太平洋で2006年8月4日に熱帯低気圧として誕生しました。
 一日のうちに、熱帯低気圧と分類されるほど十分に、巻き上がりました。
 サオマイが嵐へ強くなっている一方で、もう一つの熱帯低気圧が、数百キロメートル北で形づくって、それは、8月6日までに立派な熱帯低気圧マリアに変貌しました。
 ちょうどマリアが、嵐の局面に達して、8月7日に嵐(台風)そのものになった時に、台風ボーファが誕生しました。


 金星の花の乙女台風に熱く燃える日本列島 今日の地球画像 2006年8月8日号の詳細ページ 


 惑星テラ見聞録 ホーム 

  1. 2006/08/09(水) 13:56:46|
  2. 地球の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハッチは、個性と豊かな表情をいつでも見せてくれる




 ハチドリのようにホバリングしながらカメラに突っ込むような態勢をとっているのは、ミツバチ君です。
 こんなにも羽がきれいに見えるように撮れていたとは、この時に思ってもいませんでした。

 デジカメですから、撮る瞬間も撮った直後でも確認できます。
 けれども、ゆっくりとポーズを決めてくれないハチ君たちですので、先読みしてシャッターを押さないと背景だけになったりもします。

 また、ピント合わせなど自動設定にしているので、モーターがハチ君たちの動きについていけないことも多々あります。

 おそらくこの撮影の時には、被写体との距離は5センチメートルも無かったでしょう。
 超接近撮影には、望遠やズームでは得られない面白さがあります。

 これらの画像集で、ミツバチ君たちにも個性と豊かな表情を見ることができるでしょう。

 スズメバチやアシナガバチはどうかわかりませんが、ミツバチのような花蜂は、カメラで危害を与えたり蜜採取の邪魔をしない限り、5ミリメートルまで接近しても逃げることなく写真を撮らせてくれます。

 画像では、ほとんど単被写体ですが、多くのミツバチなどに囲まれて撮っています。

 また、今日の接写画像では、日本テレビのようにヤラセも無ければ東京放送のように八百長もありません。

 全て、自然に調和している被写体たちです。

 今日の接写画像 2006年8月5日号 ハッチは、個性と豊かな表情をいつでも見せてくれる 詳細ページ

惑星テラ見聞録ホーム

  1. 2006/08/05(土) 23:27:48|
  2. 今日の接写画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

八百長無しフェンス無しで命懸けのアガシとフェーデラーの空中テニスマッチ




 今日の地球画像は、八百長ボクシングの得意な東京放送では、絶対に見られない命懸けのテニスマッチです。
 地上210メートルの空中に浮かぶ円形の緑マットは、命綱も無ければフェンスも無いまさに命懸けで競うテニスコートです。
 この画像でテニスをしているのは、アンドレ・アガシとロジャー・フェーデラーです。
 絶景の眺めで興じることができる空中テニスコートは、アラブ首長国連邦ドバイ市の世界の七つ星ホテル・ブルジュ・アル・アラブにあります。
 空きがあって使用料を支払うならば、誰でも命懸けの空中テニスを堪能することができます。
 この画像でテニスをしているアガシとフェーデラーは、2005年2月に開催された国際ゴールド・シリーズの100万ドルのイベント、ATP(プロテニス選手協会)のドバイ免税男子オープンに参加していました。

 アガシとフェーデラーは、ドバイに滞在している間に豪華なバルジュ・アル・アラブ・ホテルの一番上にある芝生ヘリポートで、親善のエキシビション・テニス・マッチに参加しました。
 人造の島に造られダウの帆に似る形に設計されたブルジュ・アル・アラブ・ホテルは、ホテル屋上から外の海上に広がる大きな片持梁風に建築されたヘリポートを特徴とします。
 ヘリポートは、海上から210メートルに浮かんでいて、これらの写真を撮った日には、エキシビションのテニスコートとして一時的に準備されました。

 1年前には、ゴルフの人気者タイガー・ウッズが類似した派手なエキシビションに参加して、ヘリポートからペルシャ湾の海へ打ちっ放しゴルフをしました。
 アンドレ・アガシは、200メートルの空中に浮かぶヘリポート・テニスコートでのマッチは、全く驚くべき経験だったと述べています。

 あなたが、この高さを最初に克服し、それからテニスに興じるならば、絶対の喜びに達すると共にそれはとても素晴らしい時間を過ごすことになるでしょう。
 ただし、コントロールの良いパートナーを得ないと、テニスボールと共に空中散歩の後にペルシャ湾に沈むか浮かぶことになります。


 八百長無しフェンス無しで命懸けのアガシとフェーデラーの空中テニスマッチ 今日の地球画像 2006年8月5日号の詳細ページ

  1. 2006/08/05(土) 11:21:47|
  2. 地球の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

あなたの生活に不可欠になった宇宙開発技術


 今日の宇宙画像は、2006年7月4日(アメリカ時間)に飛行任務に就いたスペース・シャトル・ディスカバリーの記録集とアメリカ大統領の宇宙探査展望についてです。
 コロンビア号の悲劇から再開2回目の飛行でしたが、日延べされながらも快晴のフロリダの空に向かってアメリカの独立記念日を祝うようにディスカバリーが飛び立ちました。
 悪の枢軸北朝鮮もシャトル飛行を祝福するように、テポドン2ミサイルをおよそ30分後に打ち上げました。
 そのお返しでは、シャトルのクルーが、本来の任務の他に北朝鮮偵察という余計な残業を強いられました。
 国際宇宙ステーションの拡張などの任務を終え、そして、耐熱タイル剥離の危惧を乗り越え、17日に無事帰還しました。
 今日の宇宙画像は、あちらこちらと寄り道をしながらも難破しないように、ボチボチの更新飛行を続けます。




スペースシャトル・ディスカバリーのクルーと電話で話した大統領

 私は、アメリカの人々が私たちの宇宙飛行士をどんなに誇り高く思っているかを、本当にまさにあなたたちに話したかったです。
 私は、 探検の危険を引き受けたあなたたちに心から感謝したいです。
 私は、日本、オーストラリア、ロシアの私たちの友人を歓迎したいです。
 そして、私はあなたたちの飛行任務の成功を祈ります。
 私は、あなたたちがあなたたち以前の任務よりも非常に重要な仕事を始めたと知っています。
 私たちは、この飛行任務が成功した完成で見ることを楽しみにしています。
 そして、あなたたちが帰る準備する時に、明らかに、ほとんどのアメリカ人は、あなたたちの安全な帰還を祈っているでしょう。
 2005年8月2日 大統領 ジョージ・W・ブッシュ

 アメリカのブッシュ大統領が展望する人間とロボットによる着実な宇宙計画は、以下の目標に基礎をおいています。

 最初に、アメリカは、2010年までに国際宇宙ステーションのその作業を仕上げます。
 そして、15のパートナー国に対するの責務を果たすことになっています。
 アメリカは、よりよく将来の宇宙飛行の安全性を高まらせて、宇宙飛行士の健康に対する有人宇宙飛行の影響を理解し克服するために、国際宇宙ステーションで再度集中した研究努力を始めるでしょう。
 この目的を達成するために、NASAは、コロンビア事故調査委員会の安全性懸念と合致した飛行と勧告においてスペースシャトルを復帰させました。

 これからの数年にわたるシャトルの主要な目的は、ステーションの組立て終了を手伝うことになっていて、シャトルは、ほぼ30年のサービスを終えて2010年末には引退します。

 2番目に、アメリカは、私たちの地球軌道を越えた他の世界を探検するために、アポロ・コマンド・モジュール以来その種類で最初になる新しい有人探査乗物の開発を始めました。
 クルー探査乗物になる新しい宇宙船は、2008年までに開発されテストされて、その最初の有人飛行任務を遅くとも2014年までには実行することでしょう。

 3番目に、アメリカは、2015年と同じくらい早い時期か遅くとも2020年までに、月に戻って、より野心的な宇宙飛行の踏み石としてこの新しいクルー探査乗物を使うでしょう。
 火星から地球に顕著な映像を送り返しているローバー・スピリッツに類似する月への一連のロボット飛行任務は、2008年までに研究されて、未来の有人宇宙探査に備えるために、月の表面を調査します。

 ということで、日本もアメリカ以上に宇宙開発に予算を注ぎ込むべきです。

 北朝鮮、中国、ついでに韓国のえげつない日本攻撃に対処するには、もはや、核装備しか道がありません。
 隠れて開発を進めるよりも堂々と陽の目を見せられる核兵器開発に邁進し、一言でも侮辱されたら数十発の核ミサイルをぶち込みましょう。

 今後に決定している消費税の値上げ分は、全てを宇宙探査と恐喝する近隣諸国を黙らせるためにも核武装に活用すべきです。
 生産性も無く垂れ流すだけの福祉目的税という耳障りの良い語で隠すのでなく、科学技術の宝庫である宇宙開発に投資することで、少子化日本が生き延びられます。
 将来の日本国民の立場を真剣に考えるならば、似非平和主義者の言動に左右されてはいけません。彼らは、中国や北朝鮮の宣伝隊です。

 如何に宇宙開発技術が、現在の私たちの生活と切り離せなくなっているか例示しましょう。

 これであなたも、私同様にアメリカ風思考に『成長』して平和ボケ思考を壊すことができます。

 宇宙工学は、あらゆる人の命に影響を及ぼしています。

 世界中の病院で使われているCATスキャナとMRI技術の画像処理は、アポロ計画での月の映像をコンピューター処理で画質を向上させた科学技術に由来しました。
 プログラムの可能な心臓のペースメーカーは、NASAの衛星の電気系統に関するシステムを用いて1970年代に、最初に開発されました。

 そして、世界中の衛星テレビや電波受信の楽しみは、日本ボクシング界が中継テレビ局と吊るみ八百長で世界チャンピオンを量産していることを知らせることができました。

 八百長や賄賂、密輸など様々に活用されるお金は、世界中のATM(現金預払機)の便宜で出し入れが自由にできます。これも、宇宙開発の技術が無ければ、混雑する窓口に並ぶ日々でした。

 今以上の便宜と生き甲斐のある人生を送るためには、宇宙開発が欠かせないのです。

 アメリカ風思考で壊れかかった私のキータッチが、どうにか締めることができたのも、宇宙開発技術の賜物でした。

 あなたの生活に不可欠になった宇宙開発技術 今日の宇宙画像 2006年8月2日号 詳細ページ

  1. 2006/08/04(金) 19:58:44|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本ボクシング界の真相。八百長世界王者・亀田の誕生で証明




ボクシングに疎い私にでさえも、最初から結果のわかっていた「ゲーム」でしたね。
テレビ局が全社一丸になって応援しているのに負けるゲームを放送するわけがありません。

90パーセント以上が八百長と見ていても数パーセントがマジ試合だったと口角泡飛ばすところなんかまるで北朝鮮にいるみたいです。
北朝鮮の真相として取り上げるべきかもしれませんが、裏づけが不足しているので、番外の日本ボクシング界の真相としてブログしました。
惑星テラ見聞録の真相としては、画像更新が遅れている安直便乗です。

これ以上キーを打つとどこに飛んでいくかわからないので、秀逸ブログをご紹介します。
というか、ご存知の方が多いと思います。ですから、惑星テラ見聞録の管理者も読みましたという証拠として提示します。

○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● 

ランダエタと亀

もしもし亀よ亀さんよ
世界戦なのにお前ほど
卑怯で弱い者はない
どうしてそんなに弱いのか

なんとおっしゃるランダエタ
そんならお前と闘うぞ
親父の欲しがるベルト賭け
どちらが先に倒れるか

もちろん私は勝ちません
負けるようにと言われてる
そのぶん倍増ファイトマネー
これで家族も喜ぶよ

約束違うぞランダエタ
本気のパンチは無しのはず
おかげでオレはダウンして
インチキ判定バレちゃった

そこまで責任持てません
私は命令守ってた
わざと弱いパンチ打ち
それでもアナタはダウンした

これはやられた しくじった
誰が見たってオレの負け
だけども結果はオレの勝ち
疑惑のムードになっちゃった

どんなにアナタが弱くても
ジャッジは買収済みでしょう
TBSが社運賭け
アナタを勝たせるシナリオよ


「きっこの音楽日記」
http://www4.diary.ne.jp/user/413057/

亀田の八百長を5月の時点でミゴトに予想してた「TAKUの日記」
http://taku71-diary.at.webry.info/200605/article_4.html

○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● ○ ● 

かつて私は、東京放送の報道番組に一目も二目も三目も置いて拝見していました。
現在は、23の老害を排除しきれないのとテレ東の後陣に配された状況に感情が超特急で通り過ぎて、眼中にありません。
ボクシング中継は、たまたま眼に入ったゴミに過ぎませんでしたが、コンタクトの眼にはあまりに痛くどこかに八つ当たりせずにいられませんでした。
それが、ブログになった次第です。
巻き込みましたことを深くお詫びいたします。


超拡大
http://the-cosmos.org/canon/2006-08-04-IMG_0160.JPG

  1. 2006/08/04(金) 10:24:51|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

惑星テラ見聞録

07 | 2006/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。