地球と宇宙の画像

NASA・ハッブル・チャンドラ・ESA等の公開している地球や宇宙画像を拡大画像のロードと共に解かり易い言葉で紹介したいと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

大激突合体する運命の天の川とアンドロメダ銀河

 今日の宇宙画像は、今のあなただけが目視できる銀河の衝突です。
 それほど遠くない将来、私たちの天の川銀河と近隣のアンドロメダ銀河は、見分けがつかないほどに悶えて原形を留めないほど歪み、一緒に合体する素晴らしい衝突におそらく至ることでしょう。
 それをあなたが目撃するには、ホンの僅かなひと時、たったの数十億年待つだけです。
 惑星地球の有史以来、数億年も生き長らえた生物は記録されていませんが、絶無とも言えないかもしれません。
 そう、あなたの優秀なる遺伝子が、子孫の意思に反して天の川銀河消滅のその時を目撃すべく生き長らえることもあり得るでしょう。
 稀な星々の衝突を起こさせているこの衝突銀河は、数十億年も待てるかという気の短いあなたでさえ間違いなく納得できるでしょう。
 餌を狙っている鳥の様子が、私には銀河の衝突を絶対目撃してやるというあなたの決意に見えてしまいお届けいたしました。




銀河衝突の鳥の視点

 美味しそうな食事越しに強奪する鳥の頭のように傾いているのは、衝突銀河の顕著な例のNGC 6745です。
 この大きな渦状銀河は、以前に小さな銀河が通り過ぎて、その痕跡を明るい青い口ばしと明るく淡い青の羽毛を上部で示しています。
 一方で、銀河の中心核は今なお無傷で、ほとんど右下角の視野にある小さな通過する銀河を凝視します。
 これらの銀河は、互いに通過した時に、単に重力で相互に作用するだけではなく、実際に衝突しました。

 銀河が衝突するとき、普通は、2つの銀河のそれぞれの明るい多数の大部分を構成する星々は、互いとほとんど衝突しなくて、むしろほとんど痛手を伴うことなく自由に互いとの間を通ります。
 個々の星々の物理的な大きさが、それらの典型的な分離と比較して小さいので、比較的低い物理的な遭遇の機会となります。
 我が天の川銀河では、私たちの太陽と最も近い星の隣人プロキシマ・ケンタウリ(アルファ・センタウリ三重連星システムの一部)との間は、宇宙でも比較的広大な方で4.3光年です。

 しかし、このNGC 6745の2つの銀河衝突の場合、大部分が原子と分子のガス、そしてガスに強く結合した物質と塵の小さな粒子の雲で構成される恒星間の媒介物のために状況が一変しています。

 2つの銀河の恒星間の雲が衝突するところならどこでも、互いを通り越して引き続いて自由に移動できず、むしろ被害の耐えない衝突で苦しみます。
 高い相対的な速度は、相互に作用している恒星間の雲との接触の表面で衝突を強いる原因となります。
 この衝突を強いる力は、星の形成で代わる代わる引き金となって、重力崩壊によって十分に極端な物質密度を生じます。
 この画像内の熱い青い星は、このような事象における星形成の証拠です。

 大激突合体する運命の天の川とアンドロメダ銀河 今日の宇宙画像 2006年6月25日号 詳細ページ

スポンサーサイト
  1. 2006/06/26(月) 13:02:19|
  2. 銀河の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ヤクザ集団のNHK、使い込みだけじゃないその本質


NHK集金人を傷害容疑で逮捕 「帰れ」と言われ口論 (朝日新聞) - goo ニュース

NHK集金人を傷害容疑で逮捕 「帰れ」と言われ口論
2006年 6月22日 (木) 13:26


 NHK受信料の集金人が支払いを拒否した男性を殴ってけがをさせたとして、埼玉県警川口署は22日、埼玉県川口市芝1丁目、NHK委託職員森田真史容疑者(30)を傷害の疑いで逮捕した。

 調べでは、森田容疑者は21日午後7時40分ごろ、集金のため訪れた川口市内のアパートで、会社員の男性(34)に対して玄関のチャイムを押さず、アパートの小窓から「受信料を払え」と脅し殴りつけた。
  1. 2006/06/23(金) 21:59:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

沖縄にぶち込む北朝鮮のミサイル基地を暴く



 今日の真相画像は、現在まだ発射のニュースが流されていない北朝鮮のミサイル関連です。

 北朝鮮には、北部の「ヨンジョリ(Yongjo-ri)」に沖縄だけに狙いを定めたノドン型ミサイル基地があります。
 今日は、そのヨンジョリ・ノドン型ミサイル基地の全容を皆さんでも見られる民間衛星映像を基にして、様々な視点から暴きたいと思います。

 アメリカの信頼が置けそうな軍部の情報当局の報告によると、北朝鮮は、中距離用のテポドン1型ミサイルの発射基地を少なくとも2箇所に構築しました。
 ヨンゴドン(Yongo-Dong)のテポドン1型ミサイル発射基地は、1999年から2000年に完成しました。その前の1998年時点で、この地には推進燃料の格納庫が完成していて、打ち上げ台の構築が残されていました。

 また同時に、スカッド・ミサイル群の技術支援基地であるチハリ(Chiha-ri)に同様の基地を構築中でした。

 アメリカの軍事偵察衛星は、この時期にテポドン1型ミサイルの格納庫、ミサイルの増産設備、打ち上げに必要な燃料の格納庫を識別することができました。

 いくつかの軍事報告書よると、北朝鮮は、中国国境から遠くないところにある北部のヨンジョリに中距離のノドン型ミサイルを格納しています。
 このミサイル基地は、山の地中にミサイルと推進燃料を格納するための10箇所以上のトンネルの出入り口を持った基地になっています。
 そして、北朝鮮のノドン型ミサイルの半数を格納していると推定されています。
 北朝鮮から脱出した軍関係者は、この基地に12箇所のトンネルがあり、36機のミサイルを格納していると証言しました。
 この基地では、ノドン型ミサイルが、地下から発射台をかねた運搬設備機(大型トレーラーのような自走機)で移動すると思われています。

 2004年9月12日に、中国との国境近くにある北朝鮮のヨンジョリ周辺で、巨大な爆発の報告があったと報告されています。
 韓国のメディアは、その爆発が2004年9月9日の北朝鮮「建国」56周年を祝する大爆発であったと報道しました。
 一部の通信社は、一般の衛星からも視認できるほどに巨大な影響痕跡を残した爆発であったと、出所秘匿で北京筋の情報を伝えました。
 アメリカの情報機関は、ソウルで外交筋の情報を引き合いに出して、直径最高4キロメートルに及ぶキノコ形の雲が作られたほどであったと分析しています。

 今日の真相画像 2006年6月20日号 沖縄にぶち込む北朝鮮のミサイル基地を暴く 詳細ページ

  1. 2006/06/20(火) 20:08:53|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

これが発射間近のテポドン2ミサイルだ。



 この画像は、2006年6月9日に、ミサイル組み立て施設から発射台に移動を開始した直後のテポドン2ミサイルです。

  1. 2006/06/20(火) 12:18:03|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緊急速報。北朝鮮がテポドン・ミサイル発射準備完了




 今日の真相画像は、たった今入手した北朝鮮のテポドン・ミサイル発射配備状況です。

 画像を分析してみる限り、既に打ち上げ台に配置され密かに燃料の注入を開始しているようです。
 これは、単なる脅しなのでしょうか?

 注入される燃料の費用は、経済制裁が続く北朝鮮にとって膨大な金額になるはずです。
 果たして、そのような無駄な経費を使うでしょうか?

 安倍官房長官のように暢気なままでいいのですか?

 明日のあなたが生きていられる保証は、もう、ないかもしれませんよ。

 今日の真相画像 2006年6月17日号 緊急速報。北朝鮮がテポドン・ミサイル発射準備完了 詳細ページ

  1. 2006/06/17(土) 13:36:41|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新婚旅行は、これで決まり!!6月の花嫁様が激賞




 今日の地球画像は、美しい関係者が垂涎で激賞し、懐が辛い関係者が見たくも無いラスベガスのカジノ・ホテル特集です。
 1931年にラスベガスでギャンブルが合法化されました。
 しかし、第二次世界大戦後から長年の間、ラスベガスのギャンブルは、しばしばマフィアとの関連や個々の財産所有者によって支配され、現在のようなカジノの大規模建設が行われませんでした。
 最近の時代では、カジノ事業が大手の複合企業によって引き継がれ、古い場所の多くが、家族全員を引きつけることを目指した巨大な目立つ娯楽複合体へと道を開き、また、開発の割合が増加しています。
 日本からも、庶民のみならず、選良に推挙された国会議員の皆様が、大枚を懐に馳せ参じてアメリカに寄付を惜しみません。
 また、栄華を好む花嫁様の熱望に負けた婿殿が、一夜の美に惑わされて新婚旅行という名の結婚の墓場に陥る長年の苦難の起点でもあります。
 主なカジノの一部を簡潔にご案内いたしますので、終の棲家に至る前に存分をご検討できるのではないでしょうか?
 6月の花嫁の婿殿たちの奮闘と無事なご帰還を希求してお届けいたします。

 新婚旅行は、これで決まり!!6月の花嫁様が激賞 今日の地球画像 2006年6月15日号の詳細ページ


---

重要な・・・ことですが・・・

 非常に控えめな私のラスベガスご案内の文章に対して、一部の良心の呵責に堪えかねる方々は、過激な書き込みをご検討のことと存じます。
 けれども、ご案内の文章は、梅雨の影響が多大であり、本来のご案内とは異なります。たぶん・・・おそらく、間違いなく・・・

 ご同慶の至りはお受けいたしますが、強烈な美の方々の反撃はヒラにご容赦いただきたく・・・小心者のお願いをば、ちこっと・・・

  1. 2006/06/15(木) 21:03:28|
  2. 地球の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

米軍とUFOの真実は、ここにある。元祖、宇宙人様ご登場




 今日の真相画像は、宇宙人の話題に付き『今日の宇宙画像』に格上げすべきでしょうが、断腸の思いで格下の真相画像に留まってもらいます。
 5分で読み終えるページの制作に数ヶ月も費やしていると、虚脱感に襲われ他のページの更新を隠蔽したくもなります。
 しかし、地球型惑星発見という興味津々の話題を追った後では、知的生命体はこの宇宙に遍く存在するのだという思考へ切り替え、隠蔽された真相を剥がさねばならないでしょう。

 なお、当サイトのホームページの更新は、瞬発力勝負の短距離ランナーよりも忍耐と継続の配分を考慮するという決意の元で制作しています。
 美味しい情報や特ダネは、小出しに提示するのが、管理者の務めと心いたしておりますので、ご理解のほどを切に・・・
 決して一部で喧伝されているようなネタ枯れではありません。ズル休みをしているだけです。
 ご常連様のみならず、未確認の神にさえ誓って宣言いたします。

 そう、これからお伝えする真実が、ここにあります。

 2006年現在、UFOと地球外生物に関する情報のほとんどが調査され報告されました。
 一部の研究者がUFO視覚と関連した遭遇の増加を報告する一方で、他の人は減少を報告しています。

 大多数のUFO事件は、夜に起こります。
 それらは、一人以上の証人によって報告されて、一般に物理的な接触を含みません。
 特徴のない写真が、観察の証拠にしばしば提供されます。

 宇宙人からの連絡先は、ごく普通の一般に向けられて、人類とその進化の性質について話します。
 乗物の描写は、歴史と近年のトライアングルの形成に関する集中について、熱心な研究者が2003年11月に証明したものを通して記録されるそれらと同じようです。

 接触と情報を共有した身体検査もなく、私たちと宇宙人との関係は、謎のままです。

 1947年の夏、多くのUFO観察例が、アメリカ合衆国でありました。
 そのうち1947年7月の最初の週の間に、何かがロズウェルの近くに墜落しました。
 ニューメキシコ牧場主のW.W.マック・ブラゼルは、馬に鞍付けし、昨夜の猛烈な雷雨後の羊の状況を調べるために隣人の息子フロイドとロレッタ・プロクターと外へ乗りだしました。

 牧場を見回っている最中に、金属破片のような異常な物体が広域に散らばり、沿うように重なり合っている光景に注視し始めました。
 更なる点検で、土地が浅い溝で数十メートル掘られているのを目撃しました。
 ブラゼルは、珍しい特性の破片を掘り当て、それらのうちの大きな部分を小屋に引きずった後で、いくつかをプロクターに見せるために一緒に持っていきました。

 最初に真実を発表し、その後に嘘で隠蔽する試みは、軍の常套手段です。
 時を経て、嘘を剥がす真相が一つ一つ明らかになってきます。
 けれど、人の命に限りがあり、貴重な生の証言が冥土に封印されてしまいます。
 当時の真相を突き止めようとしても、時の流れが虚実の混濁を深めるだけかもしれません。

 ロズウェル事件の数々の目撃証言などは、今日の真相画像ページに揃っています。

 あなたが真相を求める心眼を保持しているならば、当時を鮮明に想起できるかもしれません。

 今日の真相画像 2006年6月14日号 米軍とUFOの真実は、ここにある。元祖、宇宙人様ご登場 詳細ページ

  1. 2006/06/15(木) 12:42:14|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

UFOとの遭遇は深夜が決まりです




「こんなの撮る暇があったら宇宙人を探せば・・・」
と、このモスさんが言ったかどうか・・・

ズル休みしている画像ページの更新のお知らせです。

UFOとの遭遇は、ほとんどが夜です。
したがって、次の今日の真相画像も深夜に更新できるでしょう。

お知らせは、爽やかな目覚めのころかもしれません。

今日のモスさんは、たった今、ワンの散歩で撮ってきたものです。
梅雨の晴れ間の夕陽に向かってポーズをとってもらいました。

2007年版のカレンダーをただ今同時に作っています。
銀河や星雲の他に、私の『秀作』を強制的にお届けいたします。
ゴミ箱に直行しないでください。

  1. 2006/06/14(水) 18:36:53|
  2. 今日の接写画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いやぁ~それほどでも・・・



はっはっはっ、ふぅ~


属国の日本国民から5兆円も巻き上げないでください。

狂牛病を蔓延させないでください。

アメリカにある日本の養鶏場で牛の肉骨粉を餌として混入しないでください。
食べるのは属国の日本庶民なのですから・・・・

牛肉に限らず鶏卵も狂牛病の元を内包していますよ。
あなた、このごろ頭痛がしませんか?
危ないですねぇ・・・・


========

米の対日牛肉輸出、7施設不適…韓国が現地査察

 【ワシントン=広瀬英治】米中堅食肉加工会社「クリークストーン・ファームズ」(カンザス州)のジョン・スチュワート最高経営責任者(CEO)が12日、ワシントンで記者会見し、日本への輸出資格を持つ米牛肉処理施設のうち7施設が、韓国政府の現地査察で不備を指摘されていたことを明らかにした。

 韓国政府筋の情報として語った。

 同氏によると、米国産牛肉を輸入停止している韓国政府が、輸入再開前の手続きとして米国内の38施設を査察したところ、対日輸出資格も持つ7施設で、カナダ生まれの牛が米国生まれの牛に紛れ込むなどの問題が見つかったという。

 韓国政府は査察後、今月初めにも認める予定だった米国産牛肉の輸入再開を当面延期する方針を示した。
(読売新聞) - 6月13日15時18分更新


  1. 2006/06/12(月) 19:42:47|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

緊急重要指名手配人相書き



ジョージ・W・ブッシュ
人道に反する罪と惑星のために、あなたがこの男性に会うならば用心してください!
彼は、世界民主主義で選ばれた長であるという妄想病の末期症状を頻発しています。
彼は武装した危険な核兵器です。接近してはいけません。
もし見かけたならば、惑星地球人の責務として最も近い警察署に通報してください。


 アメリカのブッシュ大統領は、有史で出現する極め人のひとりです。
 つい最近の歴史では、ドイツ帝国のヒットラリッターズ、ソビエト強制収用連邦のスターリンクルリンッパー、強盗殺人強姦賊国北朝鮮の金イルゾナモ一家、中華"人民"共和国の名前だけで毛沢山駄等、数え上げたら限りがありません。

 数多いる極め人の中でもブッシュは、その任期期間中に
 少しはましだったかもしれないアメリカを最高のならず者の国に育て上げ
 自国で核兵器開発を推進しながら他国の核保有を徹底的に非難歓呼し
 地球環境を守る京都議定書に署名しておきながら、スポンサーの強面に屈する前に喜色満面で反故にし
 国連の強権発動国の一員にもかかわらず国連憲章を踏み潰し楽しみ続け
 そしてなによりも
 アメリカ憲法に反する政治を堂々と行う偉大な指導者として君臨し、レイムダックになりながらも回顧録の値上がりが期待できる有望株です。
 昨今の株式市場の悲惨な状況から濡れ手に泡の取り返すを望むならば、この株を見逃すべきではありません。

 今ならば、イラクで配布しそこなっているアルカイーダソコカイーナ関係指名手配褒賞金がおまけとしてつく予定になっているそうです。

 悪が賞賛するブッシュのこれらの行為に対して、惑星地球は、惑星全域と太陽系と近圏恒星系で広域星間指名手配をしました。

 核兵器を持った狼藉者にピストルの警察官が立ち向かうと思えませんが・・・・何も行動しないことは無いはずです。
 そう、犯罪者を被害者の非難から守る日本の警察のような行動くらいはできるでしょう。我が愛する国の警察とは、犯罪者の人権を身を挺して守って、被害者と被害者の人権を踏みつける犯罪者擁護公務員の集団です。

 以下に、ブッシュ母国の有力新聞の英断なる社説での告発を掲示します。

America as Nuclear Rogue,

NY Times Editorial
If another country were planning to develop a new nuclear weapon and contemplating pre-emptive strikes against a list of non-nuclear powers, (中略) Since the dawn of the nuclear age, American military planners have had to factor these enormously destructive weapons into their calculations. Their behavior has been tempered by the belief, shared by most thoughtful Americans, that the weapons should be used only when the nation's most basic interest or national survival is at risk, and that the unrestrained use of nuclear weapons in war could end life on earth as we know it. Nuclear weapons are not just another part of the military arsenal. They are different, and lowering the threshold for their use is reckless folly.

 私にとって適宜な日本語解釈は、これから検討し「今日の真相画像」の最新版でお披露目したいと思います。

 とりあえず最後の「Since the dawn---」の文節だけでも日本語で解釈すると、次のようなものでしょう。

 『核時代の夜明け以来ずっと、アメリカの軍事計画者はその計算において、これらの非常に破壊的な兵器を考慮に入れなければなりませんでした。
 それらの振る舞いは、国の最も基本的な利権または国家の生き残りが危険にさらされている時にだけ限って兵器を使用するべきであり、なによりも、戦争中の核兵器の無制限の使用が、地球生命を絶滅に至らせることを肝に銘じた最も思慮深いアメリカ人が共有する確信で調節されてきました。
 核兵器は、軍隊の単なる別な部分ではありません。
 核兵器は、特別な兵器であり、それらの使用の敷居を下げることは無謀であり愚かな行為です。』


 と、「高尚」なニューヨーク・タイムズが社説で訴えましたが、リーダーには子守唄だったのかもしれませんね。
 その真相ですか?

 多くのマスコミが絵本を逆さまにもって読んでいるところを報じていますけれど・・・ご存知ありませんでした?

 3歳くらいの指数でも直ぐ気がつくはずですけれどねぇ、ジョークのひとつだったのでしょうか?

  1. 2006/06/12(月) 19:02:21|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

惑星テラ見聞録

05 | 2006/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。