地球と宇宙の画像

NASA・ハッブル・チャンドラ・ESA等の公開している地球や宇宙画像を拡大画像のロードと共に解かり易い言葉で紹介したいと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

史上初、金星南極映像のダイナミックな渦状雲構造

 今日の宇宙画像は、宇宙史上初の金星南極上空映像です。
 金星の厚い大気圏構造が、極上空で渦状に活動していることを初めて示しました。
 惑星地球では、渦状の雲構造は台風やハリケーンでおなじみですが、金星の渦状の雲構造は惑星の半球を覆うほどに巨大のようです。
 これらの雲構造は一時的な活動によるものではなく、継続的なもののようです。
 ひょっとして、金星の活力源になっているかもしれません。
 渦模様は、未知パワーを秘めています。
 私は、渦模様の奥義を突き止めていますので、今度開設する惑星テラ見聞録のSNSで一部の方にお伝えしようかなぁと考えていますが・・・



 ESAのビーナス・エクスプレスは、206,452キロメートルの遠くから温室惑星南極の初めての映像を返して、驚くほど鮮明な構造と予想外の詳細を示しました。
 映像は、2006年4月11日に到着に成功した後、宇宙船の最初の捕獲軌道の間の4月12日に撮られました。
 エンジニアは、直ちに計器のいくつかのスイッチを入れて、4月12日、宇宙船が長円形の弧で惑星の下を通過した時に、VMC(金星モニターカメラ)とVIRTIS(可視と赤外線熱の結像分光計)が、宇宙史上初めて金星の南半球の像を作りました。
 科学者は、とりわけ、ほとんど直接南極上空で見られる暗い渦に興味をそそられています。それは、以前に起こり得た北極上空のに類似した雲構造と一致していますが、現在でも未確認の構造です。

 私たちは、ESAのビーナス・エキスプレスが金星軌道に到着ちょうど1日後に、早くも金星の熱くてダイナミックな環境に遭っています
 私たちは、これまでよりも100倍以上も優れた分解能で、先例のないレベルで金星の非常により多くの詳細を見ることになります。
 また、私たちに金星がより近くなって、非常に速く展開するこれらの渦状構造を見ることになりそうです。

 最初の、低品質映像は、惑星から206,452kmの最大の距離から撮られたけれども、特にVIRTIS分光計像で示される驚くほど鮮明な構造と予想外の詳細は、科学者の注意を捕えました。
 赤味がかった疑似色彩で示される劇的な夜の半分は、1.7ミクロンの波長で赤外線フィルター経由で得られて、およそ55km高度の下層大気圏でダイナミックな渦状の雲構造を主として示します。
 より暗い領域は、より厚い雲の量と一致していて、より明るい領域は、より薄い雲の量と一致する一方、下層の底部から熱い熱放射の像を作らせています。

 疑似色彩VIRTIS合成映像は、左の金星の昼側と右の夜側を示し、1ピクセルあたり50kmの目盛りと一致しています。
 日の半分は、波長フィルタによるそれ自体の実写映像の合成で、惑星の表面の約65km上空の高さの雲頂上から反射された日光を主として示します。

 史上初、金星南極映像のダイナミックな渦状雲構造 今日の宇宙画像 2006年4月15日号 詳細ページ

スポンサーサイト
  1. 2006/04/18(火) 06:45:50|
  2. 太陽系の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

必見!史上最強最大の決戦全記録



 2006年3月遅くに惑星地球史上最大の決戦がありました。
 惑星を揺るがす戦いにもかかわらず多くの地球人は見逃していました。
 各国の報道機関もこの史上最大の決戦を知らないようです。
 今日の地球画像は、惑星テラ見聞録恒例の南極氷山と氷舌の決闘記録です。
 いつぞやの南極氷山と氷舌の決戦は、NASAの火星探査のように肩透かしでしたが、今年初春の南極対戦は、生死を分ける戦いになりました。
 南極ロス海に、長年かけて80キロメートルを越すほどせり出したドリガルスキー氷舌も、先端の弱点を突かれると数時間で威厳を失くしました。

 平家物語ではないけれど、驕れる氷舌(人?)も久しからずです。
 私たちの活動期は、数十年の間に他者を威圧する地位を築くこともありますが、一度受けたかすり傷が弱点となり、次には致命傷に至ることもあることをこのドリガルスキー氷舌が示唆しているかもしれません。
 
 対岸の火事として見ることなく他山の石とすべき、惑星史上最強同士の最大の決戦の教訓かもしれませんね。

 今日の地球画像では、45枚の画像と4本の動画で史上最大の決戦の全ての記録をご案内します。
 非常に重たいページですが、一見あるいは保存の価値があると自負いたします。

 西の南極大陸海岸線に接したロス氷棚のような大きい氷棚は、分離する大規模な氷山の周期的な攻撃を受けます。
 2000年に、棚の大きいいくつかの部分が裂けて、ロス海の周辺で放浪しました。
 そして、ここ数年にわたって更に小さいいくつかの氷山が侵入しました。
 氷山C-16は、最初に産み出された結果の生き残りの一つです。

 2006年3月の遅くに、C-16が、海岸線に沿った途中で北部を動かして、ドリガルスキー氷舌の先端へとかき分けて進みました。
 衝突は、グラグラした氷舌の先端からかなりの量を打ち飛ばしました。
 これらの画像は、衝突の前後に氷山C-16とドリガルスキー氷舌を示します。
 3月26日に、テーブル状の氷山C-16は、氷舌の南の端で構えましたが、海氷の小さなくさびによって直接の接触から緩和されました。
 南極氷山の活動をモニターしていた科学者によれば、C-16は、氷舌の源のデービッド氷河頂上から地形の傾斜を下って海の方へ吹く重力風として知られている強風を克服しなければなりませんでした。
 重力風は東の方へ氷山を移動させましたが、氷舌の恐怖心を十分に取り除くほど強くありませんでした。

 3月31日の映像は、C-16が氷舌の先端を削り取って打ち切ったことを示します。
 4月3日までに氷の両方の部分が、氷舌の向こう側に向きを変え移動しました。
 科学者は、ロス海で科学的で実用的な理由のために分離する海氷構造のような氷状況をモニターしています。
 極地の地域での氷変遷は、気候変化の重要な標識でありまた、海氷と氷山の動きは、研究基盤であると共に南極のマクマード湾で大洋航路に影響を及ぼします。
 広大な南極の気候と極端な荒さのため、衛星による観測は、モニター作業にとって重要です。

 必見!史上最強最大の決戦全記録 今日の地球画像 2006年4月15日号の詳細ページ


ご案内しました本日の今日の地球画像は、9メガバイトを越しますので、一部で表示が遅くなると思われます。

  1. 2006/04/15(土) 06:55:45|
  2. 地球の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

惑星テラ見聞録

03 | 2006/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。