地球と宇宙の画像

NASA・ハッブル・チャンドラ・ESA等の公開している地球や宇宙画像を拡大画像のロードと共に解かり易い言葉で紹介したいと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ハッブル宇宙望遠鏡の打ち上げ15周年記念号

 今日の宇宙画像は、ハッブル宇宙望遠鏡15周年記念号です。
 107MBの拡大画像は、3700万光年離れた銀河の星々を一つ一つ見定めることができるくらいです。
 36MBのワシ星雲の拡大では、太陽系が誕生していそうなディスク雲を確認することもできます。
 1.3GHz、512MBの私のコンピュータは、107MB画像でものの見事に数十秒間フリーズしました。
 それでも、イラつきを通り越した驚きは、見事以外にありません。
 鑑賞の仕方としては、数十に分割して別名保存し、それぞれの拡大画像を見るのがいいかもしれません。
 根気が要りますが、分割したのをプリントアウトしてつなぎ合わせ、天井に張って眺めるのも一興かもしれませんね。
 これが、ハッブル実力のホンの一部です。



 15年の間にNASAのハッブル宇宙望遠鏡は、地球を周回して宇宙の700,000以上の写真を撮りました。
 それらの映像は、天文学者と世間を畏敬させ、仰天させ、さらには混乱さえもたらしました。
 これらの新しい映像は、ハッブルのこれまでの最大で最も鋭い一つです。
 これらは、ハッブルの最新の調査のための先進カメラ(ACS)で撮りました。
 映像は、とても信じられらないほど大きくて、街中の広告版にも相当する大きさで、衝撃的な詳細を保持しています。
 15周年記念日の間に科学者は、不可解で神秘的な様子を見せるイーグル星雲(ワシ星雲)の新しい範囲を記録するためにACSを使いました。
 イーグル星雲映像は、星団の大きく熱い星々からの紫外線によって刻まれているガスの高く密集した塔を明かします。
 渦巻銀河(ワールプール銀河)の新しい映像では、その曲った腕に生まれたばかりの星々が散在し、古い星々は黄色がかった中央の核に居住する渦状銀河の代表的な特徴を披露しています。
 かなり興味を与える特徴は、渦状腕の1つの先に位置する仲間銀河です。



 1990年にハッブル宇宙望遠鏡が観測を開始した時、天文学者は、ブラックホールの発見や宇宙創始の数十億年後までを振り返る素晴らしい発見を予期していました。
 15年後の現在、ハッブルは、遠い銀河に謎のガンマ線爆発を追跡し、遠く離れた惑星の大気圏をサンプリングし、暗いエネルギーの存在証明の促進を含む刺激的な新しい科学を届け続けて、多用途の威力を発揮しています。
 ハッブルの15周年記念を祝う新しい息をのむような映像は、生まれたての星々で満ちている堂々とした渦状銀河、そして、ガスと塵の不気味な様子の尖塔を新たに見せています。

 映像は、ハッブルが撮った中でも最も大きく最も鮮明な眺めの一つです。

 ぜひ、107メガバイトと33メガバイトの拡大画像をご覧になってください。
 ダウンロード専用のソフトを用いるならば、ブロードバンドで数分です。ブラウザでのダウンロードは、数十分以上かもしれません。
 閲覧では、コンピュータがフリーズすることもあるでしょう。
 それでも、見て損はしないハッブルの渾身の映像です。

 惑星テラ見聞録は、サーバーのアクセス制限に困惑しても、懲りたりはしません。宇宙と地球の画像を 『ならば、さぁこれでどうだ』 と超々拡大画像のご案内を続けます。ハッブル宇宙望遠鏡等の威力を堪能していただきます。

今日の宇宙画像 2005年4月25日号へは、ここをクリックすると移動します。

スポンサーサイト
  1. 2005/04/26(火) 22:00:22|
  2. 銀河の画像|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

南極氷山と氷舌の惑星地球史上最大の激突全記録

 今日の地球画像は、惑星地球史上最大の激突までの全記録集です。
 南極のロス海で、先日、長さ120キロメートルを越すB15-A氷山がドリガルスキー氷舌を塞ぐように横腹で突撃しました。
 南極ではただ今、太陽が定休日のため可視光映像を得ることが不可能に近くなっています。
 このような赤外線映像や表面温度映像で、気をもませた氷山と氷舌の衝突を確認することになりました。
 その瞬間がいつなのかは、4月10日から4月15日の間で見解が分かれています。
 テラでは、Teraa衛星とAqua衛星の映像でドリガルスキー氷舌に対するB15-A氷山の角度により、4月10日前後と推測しました。
 南極はこれから海氷も氷山のように固く凍りますので、惑星地球史上最大の激突は、一時休戦になります。
 地球画像では、ヤフーの記事リンクからのアクセスも落ち着きだしましたので、B-15A氷山がその誕生の一泣きからドリガルスキー氷舌と連れ合うまでを時系列映像で網羅を試みました。
 サーバーのアクセス制限も懲りずに35枚の画像の一挙掲載と6000ピクセル・3メガバイトを越す超拡大画像も設定しました。
 思う存分に南極ロス海の氷山と氷舌の激突までをご堪能くださいませ。



 南極の巨大なB-15A氷山は、2004年12月からドリガルスキー氷舌を脅かしていました。
 幅28キロメートル、長さ122キロメートルで、弱い者虐めの氷山は、デイビス氷河の海上にある延長部のドリガルスキー氷舌の方へものすごい勢いで突進して『粉砕するぞ』と脅迫しました。
 ところが、熱望したドリガルスキーまで5キロメートルにも満たない寸前の浅い海岸で座礁し、そこでふて腐れて休んでいました。
 その後、マクマード湾の海氷に尻を蹴飛ばされて、ついに、ロス海で氷舌を通り越し漂い始められるように氷山は、回転しました。
 ちょうどドリガルスキーが、衝突から逃れられるかもしれないと思ったそのとき、B-15Aは脇へ逸れるついでにゆるく氷舌の凸縁端をに打撃を加えました。

 冷たい海が、この『地』に氷山を閉じ込めるので、これら氷山の漂流は、南極の春までまもなく停泊します。


6347*6020 ピクセル 3.42メガバイトの拡大設定画像は、こんなんです。

 画像バーゲンの付録は、2005年日本の春を宇宙から見た画像です。



 おことわり。

 数日分の画像を一挙に掲載しているため、サーバーの機嫌を損ねて画像転送制限があるかもしれません。
 気長にトライしていただきたいと思います。

今日の地球画像 2005年4月24日号へは、ここをクリックすると移動します。

  1. 2005/04/24(日) 20:27:53|
  2. 地球の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

想定の範囲?想定外?天の川銀河の光輪の謎を探る

 今日の宇宙画像は、2つに関しての想定外号です。
 ひとつは、既にお知らせのとおりにヤフーの一般記事でのリンクによるアクセス急増です。
 激甚に指定されるほどのアクセス『被害』を皆様におかけいたしました。
 ヤフーでの記事リンクは、過去に何度もありますので、一過性と甘く見ていました。
 しかし、今回の一過性は私のサイトにとって、『スマトラ沖大津波』に相当するサーバーのアクセス規制となり、全くの想定外です。
 2つ目は、私が何気なく表示していた『ホロ』画像に関する問い合わせでした。
 宇宙画像で取り上げる予定もなかったので、お気に入り画像として採用していました。
 この画像について説明を求められことも『想定外』のことで、激甚に見舞われなければ、『想定の範囲内』として、ホリエモンのように脂汗をかきながら作り笑顔で今日の宇宙画像としてさりげなく取り上げるつもりでした。
 真っ白になった頭の中が、まだ白さを残しながらも黒を求めて灰色近くなりましたので、宇宙画像の想定外号を作りました。

* 全ての軽い星々は、何処へ?



 星々が、巨大な分子雲の崩壊によって生ずることは、かなり長い間知られていました。
 この進行が、常に重い星々より軽い多くの星々の形成につながることが、やはり言及されていました。
 ESOチームは、NGC 6712内で想定外で星が誕生したという確証がないので、観測で得た軽い星々の不足は、他の影響に起因するに違いないと結論しました。

 この画像は、科学者チームの理論を基にしたアーティストが描いた天の川内の球状星団NGC 6712の軌道についての印象です。
 天の川の影響で重力崩壊が誘発され、この星団内では、連続的に軽い星々を失います。
 この星団が、天の川銀河の大部分の星々と星雲がある銀河中面を通過するとき、特に、この軽い星々の損失過程が強められます。
 星団が、そのような銀河面通過の後、通過以前の密集状態から緩やかな集合状態で銀河面を出て行きます。
 星団が失った軽い星々は、その星団に類似した軌道で銀河の周囲を動いて、天の川の光の輪として居住します。

今日の宇宙画像 2005年4月22日想定外号へは、ここをクリックすると移動します。

  1. 2005/04/23(土) 21:38:59|
  2. 銀河の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

土星の月を打つ松井は、空振り?ホームラン?

 今週のカッシーニ画像は、ニューヨーク・ヤンキースの4番、Hideki Matsui のバットに空を切らせるレッドソックスの宿敵左殺しピッチャーが投じたボールのようにも見える土星のリングと衛星月エンケラドスです。
 構図的にリングの右上が細く角度も絶好の場外に向かう打ち出しに見えますので、松井秀喜選手がホームランを打ち返す寸前としたいところでしたが、女神の微笑み画像に出会ったときのために書き惜しみしました。
 ところで、永遠の眠りについているホイヘンス探測機からは、もうタイタンの地上データを得られませんので、カッシーニが高解像度のタイタン映像を送信してくれるよう願うだけです。
 数百億円のタイタン着地プロジェクトは、20分あまりの一点観測でした。
 それに比べホリエモンのフジテレビ着地は、2ヶ月を要しましたが、1500億円ほどフジテレビから得る複合ミッションとも比喩できそうです。
 土星からの実況中継権を得るまで、フジテレビが持ち堪えられるのか多々疑問がありますけれども、宇宙船開発機関の理事になったホリエモンとの手打ちは、ひょっとしたら買得となるかもしれませんね。
 私は当分、売り逃げはしてもライブドアの買い増しはしませんけれど・・・M&A攻防相場に飛び乗るのも喜怒哀楽で疲れます。

* 土星リングと月の側面映像



 土星の影による暗いリングの前で、土星の明るい月エンケラドスが、ここで浮かんでいます。
 エンケラドスは、直径505キロメートルです。
 この眺めは、リング面の下で1度未満からカッシーニが撮りました。
 リングの下から直接見るならば、惑星の巨大な影は、細長い半楕円として現れるでしょう。
 鋭い視角度が、この場所から影を細い一片のように見えさせます。
 暗い影が、右で最初にリングの外でちょっと取り去って、遠く離れた最も外部のリング物質が、先細りになって弱まるように見えます。
 この画像で見えるリング特徴は、外のリング端から中へ、Aリング、カッシーニ間隙とBリング、そしてここで多くを占めている暗い範囲がCリングです。
 中央近くと中央左下で見える2つの隙間は、土星から約77,800キロメートルにあるタイタン隙間で、惑星から約75,800キロメートルにあるのが無名の隙間です。

 また、2005年3月31日にカッシーニは、タイタンへの接近飛行の間に、明るいザナドゥ(桃源郷)地域の東で、昼間の最もよい眺めを得て狭角度カメラで撮りました。
 繋ぎ合わせ画像は、以前に広角度カメラで得た映像を全背景にし、今回の接近飛行で得た狭角度カメラ映像の小さいフレームを重ねています。
 これらの映像データは、暗い広がりと周囲の明るい地形の新しい詳細を示しています。
 ここで見られる特徴のいくつかが、これまでのタイタンの他の場所で見られたのを思い出させるけれども、映像は、また、新しい特徴を明らかにします。




 土星の衛星月パンドラが、土星のFリングの外の端越しに、軌道に乗っているこの劇的な表示で見られます。
 明るいいくつかの範囲が、Fリングの中に見えます。
 主要なリング内のキーラー隙間と明るい長い巻き毛に加えて、エンケ隙間も見えます。
 パンドラは、直径84キロメートルです。

今週のカッシーニ画像 2005年4月20日週号へは、ここをクリックすると移動します。

  1. 2005/04/20(水) 21:50:30|
  2. 太陽系の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

惑星テラ見聞録

03 | 2005/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。