地球と宇宙の画像

NASA・ハッブル・チャンドラ・ESA等の公開している地球や宇宙画像を拡大画像のロードと共に解かり易い言葉で紹介したいと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

真の新火星天然色カタログ・本日創刊





NASAの公開している火星地表のカラー画像を、赤茶の幕を取り払い色彩偽装を告発し正すために、同じ生のポジデータを基にRGBの天然色合成しました。
これから随時、NASAの火星地表のカラー画像を「真の新火星天然色カタログ」として、当サイトにおいて制作し公表することにしました。

客観的に見られるように、撮影時点の各種データ、RGB合成での操作データを付記します。
参考のRGB各ポジデータを同方式で合成するならば、RGB合成画像のようになります。この際に、用いるソフトや主観によって色の濃さに違いがあるかもしれませんが、新カタログのような画像になります。

これが、バイキングや火星ローバーが火星の現地で見て送信してきたデータの天然色再現です。RGB天然色画像の合成の仕方やNASAの色彩偽装を暴露するビデオも既に公開していますので、そちらも参考にして火星の天然色画像の制作をお楽しみください。

なお、この新カタログのRGB天然色画像では、RGBポジデータの合成とNASA画像の補正結果とほぼ一致がある場合には、鮮明なNASA補正画像を採用します。

ポジデータに被せる天然色RGBレイヤーは、次の通りです。
赤(R)データR255,G0,B0 緑(G)データR0,G255,B0 青(B)データR0,G0,B255 色レイヤー透明度50%
RGB合成後、薄い画像になりますので明暗補正を適宜行います。その後、好みに応じて鮮やかさを調整します。新カタログでは、芸術鑑賞が目的でないので、機械的に明暗自動補正2回と鮮やかさ50%を暫定として採用しています。
したがって、同じ場面を撮った場合でも、撮る時間などの条件により色の濃さに相違が生じます。パノラマ画像の組み立てでは、各画像との釣り合いから濃さの調整が必要です。


注釈として、天然色画像は、バイキングや火星ローバーのデジタルの目で見た状態への補正であり、人間の目で見たように補正したものではありません。したがって、現地で実際に同時間にその光景を人間の目で見たならば、もう少し暗かったり色が薄かったり、見る人によってはもっと鮮やかに見えるかもしれません。
また、RGBデータは時間差で記録されているので、空中に散在する塵など動体は、RGB各色の丸いような点になって天然色画像に現れます。空中に舞う塵が一面にあったとしても、NASAのカラー画像のように均一の色にならず、RGB各色の丸いような点が所狭しと出現する画像になります。
ただ、私たちの使っているデジタルカメラやフィルムカメラのように、見た光景を一瞬で一枚のデータに撮る場合には、NASAカラー画像のように均一の色が占めているように見えますが、それでも、写る塵は、細かい粒子状のようなものであって、べた塗りにはなりません。


今日の拡大画像 1200ピクセル


スポンサーサイト
  1. 2008/09/29(月) 20:19:13|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

NASA崩壊の序章・火星の真相ビデオ





今日の火星真相ビデオは、火星ローバー・スピリッツのカラー画像合成場面をノーカットで、動画容量制限から3倍速でご覧いただきます。

また、このカラー画像合成過程では、NASAの公開している火星地表カラー画像の色彩偽装を、題材が火星故に赤裸々に暴露します。

このビデオのような汎用の画像合成ソフトならば、このビデオで示すようにローバーの生データをカラー合成することができます。
できあがる画像は、ほぼ最初は同じでしょう。
その後に、このビデオの後半に見る火星のコロンビア丘の天然色画像のように色を濃く仕上げるか、NASAに負けずと赤みの強い画像に仕上げるか、それは、作り手の思惑一つです。

しかし、NASAの公開しているカラー画像は、このビデオで見るように簡単に色彩偽装を剥がせることもあれば、敵も強者揃いですから、生兵法怪我の元にもなりかねません。

それにもかかわらず、このビデオは、NASAの信頼が崩壊する序章になるでしょう。


火星の真相ビデオ 「NASA崩壊の序章・データは嘘をつかない」 コスモス・ビジョン


惑星テラ見聞録



NASAの疑惑 火星の真相 火星のビデオ コスモス・ビジョン 惑星テラ見聞録


NASAの色彩偽装の火星ローバーカラー画像の一枚。
http://marsrovers.jpl.nasa.gov/gallery/press/spirit/20040110a/P2217_P2218_Horizon-A8R1.jpg

後記
データ量が多いので、再生に時間がかかるようです。
また、ネット回線がNASA系列経由だと前半で途切れる現象もあるかもしれません。そのような時には、中国の回線経由がよいかもしれませんね。
ただ、当サイトは、中国諜報部門も監視しているようですので、保証はできません。

たぶん退屈はさせないと思いますが、見られての話でして何とも・・・


  1. 2008/09/25(木) 22:21:14|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

北朝鮮の新テポドン・ミサイル基地の全容画像





 最近に限ったことではないけれども、日本の報道機関は手抜きが多いと思う。

 非常に身近な脅威の一つ、北朝鮮の弾道ミサイル発射基地の最近のニュースにしても、ぼやけた衛星画像やどこにあるかさえ分からないような地図でお茶を濁した。

 それだけ今日の真相画像の出番を用意してくれたものと思考を180度転換し、グーグルした。

 賞味期限が切れてから詳細なページを作る前に、作りたての画像をご案内したい。

 画像の注釈は、現時点で得た情報によるものであり、確定したものではない。

 それでも、日本のマスゴミよりは、一目瞭然、百聞は一見に如かずになったと自負する。

 グーグルする参考座標。北緯39度58分、東経124度42分の一帯。



今日の拡大画像 1400ピクセル


  1. 2008/09/12(金) 11:19:38|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

歴史の傷・1989年6月3日・血で染まった天安門広場(今日の真相ビデオ)





北京で聞こえたあの歌は、
1989年の春、人々に木霊した。
広場を取り囲んだ自由の歌。
世界は、広場の集い人に情熱を感じた。
ああ、子供たち。広場を血が染める。


広場で過ごした幾昼夜は、
「美しい国を作る」歌が響いた。
「我らは中国の子供、我らは故国が好き」
「我らは兄弟と自由に向かい手を取り合う」
ああ、子供たち。広場を血が染める。


広場に戦車と銃の軍隊が来た。
集う子らに恐れおののいた政府。
けれども勇気と真実を見つめる
広場の若人を兵は、傷つけなかった。
ああ、子供たち。広場を血が染める。


89年6月3日、中国の春に
上から兵士に命令が下りた。
兵士の発砲が、広場を若人の血で満たす。
嘘で隠せない何千人もの血の海。
ああ、子供たち。広場を血が染める。


民は激怒の4日間、銃に向かった。
おぞましい歴史の傷でどれだけ虐殺したのか。
臆病者は、火炎放射で屍を焼き恥を隠した。
されど流された血は、屍の名と決意で今なお濃い。
ああ、子供たち。広場を血が染める。


殺された子供たちよ、中国にも流れる涙がある。
今なお続く虐殺に恐れ隠れる日々。
恐怖と冷酷で今の静寂を買えても
広場に流れた血は洗い流せない。
ああ、子供たち。広場を血が染める。



この詞を嫌みを込めてペキンオリンピック委員会に華やかな開催の祝辞として、
中国共産党指導部に天安門虐殺20周忌と来たる日のお悔やみとして献上する。

惑星テラ見聞録管理者


今日の真相ビデオ 「歴史の傷・1989年6月3日・血で染まった天安門広場」 コスモス・ビジョン


惑星テラ見聞録


中国の恥 歴史の傷 天安門広場虐殺 今日の真相ビデオ コスモス・ビジョン 惑星テラ見聞録


  1. 2008/08/05(火) 19:34:49|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ロズウェルUFO墜落現場の守り主と現地写真とFBI報告書全文



 今日の真相画像は、UFO事件の元祖とも言えるロズウェルのUFO墜落現地です。
 そして、FBIアメリカ連邦捜査局のROSWELL UFO CRASH CASE報告書の全文配布です。





WE DON'T KNOW WHO THEY WERE
WE DON'T KNOW WHY THEY CAME
WE ONLY KNOW
THEY CHANGED OUR VIEW OF THE UNIVERSE
THIS UNIVERSAL SACRED SITE
IS DEDICATED JULY 1997
TO THE BEINGS
WHO MET THEIR DESTINIES
NEAR ROSWELL NEW MEXICO
JULY 1947


私たちは、 彼らが誰であったか知りません。
私たちは、彼らが来た理由を知りません。
私たちは、知るだけです。
彼らは、私たちの宇宙の見方を変えました。
ここは、宇宙の不可侵の場所。
1997年7月、除幕。
存在に
誰が、彼らの運命と接触しましたか?
ニューメキシコ州ロズウェル市近郊
1947年7月


ロズウェルのUFO墜落現場周辺では、猛毒を持っているかもしれない地を這う守り主に注意しましょう。
自動車で出かける場合には、燃料を満タンにしないと道に迷って、UFO搭乗生命の後を追うことになるかもしれません。
カーナビは使えそうですが、携帯電話は地球以外に限ってつながるかもしれません。惑星地球の中継局には届かない模様です。
なお、一人旅や経費節減でガイド無しの場合には、念のために1週間ほどの食料と安全な宿泊設備一式を携帯するのが無難かもしれません。
また、当サイトのグーグルマップの今日の地球画像マップをいつでも見られるようにすることで、迷路からの脱出の手がかりになるかもしれません。
さらに、より具代的な地上の目印としては、家畜や動物が今でも近づかないところが、UFOの墜落場所です。
無事な帰還を心よりお祈りいたします。


ということで、2008年1月10日の画像だけのブログ更新は、この簡潔なページの更新予告でした。



「今日の真相・UFO画像 ロズウェルUFO墜落現場の守り主と現地写真とFBI報告書全文」


「惑星テラ見聞録 ホーム」




ロズウェル ROSWELL UFO墜落事件 今日の真相画像 惑星テラ見聞録

  1. 2008/01/11(金) 19:55:47|
  2. 今日の真相画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

惑星テラ見聞録

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。