地球と宇宙の画像

NASA・ハッブル・チャンドラ・ESA等の公開している地球や宇宙画像を拡大画像のロードと共に解かり易い言葉で紹介したいと・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ジュール・ヴェルヌATV1の壮絶に美しく最期への旅立ち





 19世紀のSF作家ジュール・ベルヌは、地球から月までの宇宙旅行物語を含む特別な旅行について夢想的な作品を書きました。
 欧州宇宙機関は、彼に敬意を表してふさわしく名付けられた新しく自動化宇宙輸送機(ATV=欧州補給機)を開発し、国際宇宙ステーション(ISS)への貨物配達を意図とするロボット宇宙船が首尾よく今年前半にISSとドッキングしました。
 ジュール・ベルヌATVが、先月(9月)ドッキングを解いた軌道の時に、太平洋上でその安全にコントロールされた再突入で、宇宙船再突入と崩壊のコンピュータモデルと実際の事象の詳細な比較をするために、大気圏で天文学者が追跡しました。
 バラバラになる13トン宇宙船のこの劇的な映像は、NASAのDC-8機上実験室から記録される高解像度ビデオ・フレームです。
 観察は、ESAとNASA共同のジュール・ヴェルヌ多重計器航空キャンペーンの一部でした。


 今日の宇宙画像は、久しぶりの更新になります。
 8月からちょっと惑星火星を遊覧飛行していたので、遠くの宇宙画像がかすれていました。
 気がついたら、年の瀬も近づいたので、私たちに身近な宇宙画像ということで、惑星地球を周回している国際宇宙ステーションの縁の先の力持ち宇宙補給船の話題です。
 今日の地球画像にすべきかどうか迷いましたが、大気圏に突入して燃え尽きるお話なのと宇宙画像の更新を兼ねることにしました。
 今、世界を震撼させている金融危機と深い関連がある多額の費用を掛けた宇宙船は、たった一度の片道飛行で燃え尽きる運命です。
 その最期は、ほとんど人目に触れることはありませんでしたが、今回は、ESA最初の宇宙補給船ということで、コンピュータシミュレーションを補完する意図も含めて、NASAの実験飛行機で記録しました。
 主題画像への抜擢は、このような一枚の静止画との遭遇でした。
 そして、記録された最期の映像を見て哀愁と縒りを戻し、感傷的なビデオ作品と共に静止画も本日帰還しました。



今日の宇宙画像 「ジュール・ヴェルヌATV1の壮絶に美しく最期への旅立ち」


コスモス・ビジョン「壮絶に美しく最期への旅立ち」


惑星テラ見聞録



国際宇宙ステーション ISS ESA きぼう コスモス・ビジョン 惑星テラ見聞録



スポンサーサイト
  1. 2008/10/19(日) 16:30:56|
  2. 地球の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

ハリケーン・グスタフ




一枚の画像では、ハリケーンや台風の発生や成長過程をつかみにくいけれども、時系列で画像をつなぐことで雲の関係する動きを見ることができます。
コスモス・ビジョンでは、今年の4月から3時間毎の地球全体の雲の動きを動画で記録し公開しています。
ハリケーン・グスタフをクローズアップで緊急制作しました。

今後も日本に影響を及ぼしそうな台風の発生や動きを、このように地域拡大でお知らせできればと思って作りました。



地球科学ビデオ 「ハリケーン・グスタフ」


惑星テラ見聞録


ハリケーン・グスタフ 地球の雲の動き 衛星画像 コスモス・ビジョン 惑星テラ見聞録

  1. 2008/09/01(月) 21:34:08|
  2. 地球の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今日の地球画像 「生きている地球 その1 生存を左右するプレートテクトニクス」





 今日の地球画像は、惑星地球の過去現在未来についてです。
 私たちが年を経るに従い容貌が変化するように、地球も年と共に変化しています。
 それが老化現象となるのかどうかは別として、現在の地球の姿、もっと身近に言えば、日本列島や各大陸が、そのままの状態で続くことはないとなります。
 これから読み進むプレートテクトニクス理論は、離ればなれになっている地球の大陸が、元の鞘に収まりたいと行動していると言えなくもないと理解できそうです。
 専門の学者に言わせれば、あまりにも平易にし過ぎた内容かもしれませんが、難解で理解不能に近い専門ウマ鹿言語で森羅万象を説明し切れているのですかと逆に問いたいものです。
 私・・・専門用語の意味さえ分からないから、私が分かることができる言葉に書き直したつもりです。
 今日の画像シリーズは、作り手の私が理解できそうもない語意は、太陽系外の彼方に飛ばすことにしています。
 平易なことを難解にこね回すコミュニケーションに欠ける語意は、遠くの異星人との非会話にも似ているので彼らに翻訳して貰わないと消化できないのです。
 なんってたって私は、惑星地球に居住していますので、今のところは・・・惑星地球言語や平易な言葉しか受け入れられません。



 1960年代初期のプレートテクトニクスに関する理論の出現は、地球科学に革命を起こしました。
 それ以来、科学者は、この理論を確認し、改良し、今、どのように私たちの惑星がプレートテクトニクスの過程で形作られたかについて非常により申し分のない理解を持っています。
 私たちは、目下、直接または間接的に、プレートテクトニクスが、過去と現在のほとんど全ての地質学的プロセス(過程)に影響するということを知っています。
 実際、地球全体の表面が継続的に変化するという理解は、私たちが私たちの世界を見る観点を深く変えました。
 人は、プレートテクトニクスの力と結果から利益を得て、そして、生存を左右されます。
 ほとんど警告の無い地震や火山噴火は、私たちが生成することができるもの全てよりも、遥かに強力なエネルギー爆発を浴びせることができます。


 私たちにプレートテクトニクス過程を制御できない一方、私たちは、目下それらの活動から学ぶべき知識があります。
 私たちは、プレートテクトニクスのことを知れば知るほど、私たちは、地球の威厳のある力の時々の猛烈な誇示と同様に、生きている大地の壮大さと美しさを認めることができます。
 今日の地球画像では、プレートテクトニクスの概念についての簡潔な入門と、この活動的な惑星に関する米国地質調査(USGS)とスミソニアン協会が1994年に公表した地図と視覚的な情報について、数回のシリーズで伝えたいと思います。
 その発表では、理論の発展促進とその提案以来の進歩の跡をたどり、発見における数名にスポットを当てています。
 プレートテクトニクスについての一般的な考えは、今日、広く受け入れられていますが、多くの面で科学者を困惑させて難詰し続けます。

 プレートテクトニクスの理論によって起こされた地球科学革命は、未だに終わりません。


今日の地球画像 「生きている地球 その1 生存を左右するプレートテクトニクス」


惑星テラ見聞録



生きている地球 プレートテクトニクス 惑星地球の過去現在未来 今日の地球画像 惑星テラ見聞録


  1. 2008/08/17(日) 16:42:54|
  2. 地球の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

旅客機物語 -3- お休みニューヨーク、おはようカリフォルニア




 今日の地球画像は、旅客機物語3回目で、事実上の締めくくりです。

 初期の頃の旅客機では、航空運賃を支払った後、一部の旅人に飛行中にお釣りが支払われていたようです。
 英語の表現では、Luck was on あるいは Luck came back という現象がありました。(日本語の語感、生命活動現象の名残の大が適宜のようです・・・)

 どちらかというと、お釣りを貰わない方がその後の飛行を心地よくしたかもしれません。

 故事に曰く、出物腫れ物、時と所を選ばず。生命活動現象の名残は、移動中に謙虚な活動ならば心が平安かもしれません。

 さて、航空郵便事業で先鞭となったアメリカですが、旅客飛行では、世界の後陣に配されました。
 しかし、10人以上の大量輸送では、時代の開拓者を譲りませんでした。

 机上では、快適な空の旅が設計されました。実務では、些か快適性で評価が落ちた模様です。
 宇宙旅行も、このような旅客機の経験があればこそ開花できたのです。

 それでは、ちょっと苦笑するところもある草創期の旅客機の回顧物語の締めくくりにお付き合いください。



 商業的な航空産業は、アメリカでは遅いスタートになりました。

 1926年にアメリカの航空会社が郵便袋を運び始めるころには、南アメリカ、オーストラリア、アフリカの大陸上空の他にヨーロッパの17ヶ国で、規則正しい運行計画に沿って旅客飛行を行っていました。
 けれども、第二次世界大戦の10年前までには、商業的な航空産業の初期が、北アメリカで終わっていました。

 1927年に、ユナイテッドの前の2つの郵便輸送航空会社、ボーイング空輸と全米空輸が、サンフランシスコとニューヨーク市間を結ぶ不規則な運行計画の最初の大陸横断の乗客サービス開始に参加しました。

 1929年に、ボーイングと全米空輸は、特に囲まれたキャビンに12人から18人の乗客を運べる設計の三発機輸送機を導入しました。
 これらのより速い飛行機は、国を横断する旅行をわずか28時間まで短縮し、増大した輸送能力は、航空会社が料金を259.50ドル(今日の2,500アメリカドル≒275,000円)に引き下げるのを可能にしました。

 飛行が特定の時間に離陸する予定だった一方、その時間は、今日よりも非常に異なって、天気、飛行機とパイロットの稼働率、そして、乗客の到着には、かなりの挑戦姿勢をとらせました。

 その大陸横断の飛行経験は、今日と非常に異なっていました。

 1927年に開設されたサンフランシスコのミルズ飛行場を飛び立つ前に、白ジャケットのスチュワードが、荷物を量り荷札を付け、搭乗券を回収して乗客に安全規則を説明しました。
 そして、気圧変化に処置する耳栓の綿ボールとチューインガムを含んだ「快適パッケージ」を配布しました。

 当時のほとんどの飛行機は、高度 3,500メートルで飛びました。

 航空機は、今日のように冷暖房完備でしたけれども、非保温状態のキャビンは、冬に冷房がよく効き、夏に暖房能力を発揮していました。また、窓は、新鮮な空気を機内に取り込むために、上下にスライドするか回転できるようになっていました。
 ほぼ全開の窓は、常に新鮮な空気と共に、キャビンにエンジン煙霧を吸い込みました。

 最大の問題は、エンジンの轟音で、それは、ほとんどの時間、通常の会話を妨害していました。もっと分かり易く述べるならば、列車が通過している鉄橋の真下でステレオタイプのイヤホンをして、チューインガムを噛みながら愛を告白しているようなものに似ていました。

 飛行機は、温水と冷水を備えた小さなシンク(流し台)を持っていましたが、トイレは、原始的な設備で床にそれ用と分かる穴を明らかにする開いたシンプルな席でした。時々、逆噴射で多めのお釣りが有ったようです。

 当時は、航空産業の「フライドチキン」時代でした。
 機内食の鶏は、パラフィン紙で包まれ、そして、ポテトチップ、トマトのバッグを伴のものにしていました。
 ボーイングは、昼食テーブルとして使うことができた小さな棚を導入し、チキン焼きなべ料理を含めて、より凝った食事を出し始めました。

 けれども、多くの乗客は、食べることに対する関心がありませんでした。

 飛ぶことは、特に胃に苛酷でした。

 その後に導入されたDC-3は、16時間未満のアメリカ横断便を成功させていました。

 飛行機広告は、「お休みニューヨーク、そして、おはようカリフォルニア」と寝台を約束しました。



 ブログでは、かなり端折ってご案内しています。いつものように心を込めた長文は、今日の地球画像でお読みください。


今日の地球画像 「旅客機物語 -3- お休みニューヨーク、おはようカリフォルニア」


惑星テラ見聞録



旅客機物語 空中のお釣り 空中のダイアモンド 今日の地球画像 惑星テラ見聞録


  1. 2008/08/09(土) 13:41:16|
  2. 地球の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

北京オリンピックが真似できない惑星地球人の笑顔と踊り-2008




 これらの人は、何をしているのでしょうか?
 答えは・・・・・・踊っています。
 地球で多くの人は、幸せな時を示すことがあります。そして、その幸せを表す1つの方法に踊り、ダンスがあります。
 幸せと踊りは、政治的な境界を超越し、実際、全ての人間社会に起こります。
 この画像は、マット・ハーディングが地球の多くの国を訪ね、踊り始めて、その結果を映像化した中のスナップショットです。
 このビデオは、たぶん、地球中の至る所の人が、単一種族の一部として共通の絆を感じる劇的な例です。
 幸せは頻繁に伝染し、ほとんどの人々は、これらのビデオを見ると自然に微笑むことでしょう。

 地球を駆け巡って、ただ、踊るだけ。しかも、ワンパターンの決して上手いといえないダンス。
 そんなビデオですが、引きずり込まれました。

 そして、考えさせられました。

 今年の聖火リレーに無かったもの・・・笑顔・・・世界の・・・地球人の・・・笑顔・・・でした。

 その不足を補ってあまり余るビデオです。

 けれども近づく北京オリンピックは、この世界の笑顔と踊りに遙か遠い催しになりそうです。



 ビデオは、実際に真実として、マットができるただ一つのダンス(のようなもの)で、見ない方が・・・とも言えないでもないような踊りにあふれています。
 マットは、彼の下手なダンスが、本人は実際にそんなに興味深くないけれども、他の人には、その粗悪さが逆に非常に素晴らしさを伝えていると実感していました。
 マットは、奇特なスポンサーに、世界中をもう一度旅行し、訪れた地でその場に居合わせた人々とダンスの輪を記録したいと伝えました。

 その結果が、「惑星地球人の笑顔と踊り2008」のビデオ記録になりました。


 洗練された舞踏は、深い感銘を与えますが、羨望に笑顔は生じません。
 マットのダンスは、心からの笑顔にあふれる人々が囲みます。

 あなたは、そのような笑顔に囲まれていますか?

 私・・・ですか・・・犬たちのお愛想に囲まれてはいますが・・・遠い世界のようにマットに熟視の眼差しを突き刺しています。
 ですから、80枚の画像と3本のビデオを備えて今日の地球画像を作り上げました。

 今日の地球画像は、停滞していた静止画の更新を一挙に飛び越すほどの画像で占めました。やるときは、徹底的にやるのです。当然、やらないときは徹底的に停滞します。

 そんな当サイトですが、皆様の笑顔に合いたくて少し初心に返って静止画の更新を続けたいと思います。これからもどうぞよろしく。


今日の地球画像 「北京オリンピックが真似できない惑星地球人の笑顔と踊り-2008」


惑星テラ見聞録 ホーム


世界で踊る 幸せと踊り マット・ハーディング 今日の地球画像 惑星テラ見聞録

  1. 2008/07/23(水) 15:49:19|
  2. 地球の画像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

惑星テラ見聞録

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。